車をお得に購入できるのはいつ?オススメの時期はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車を購入するオススメの時期はいつ

車の購入を検討する際に、安く買える時期はあるのか、あるとしたらいつなのか、と疑問に思ったことはありませんか?
何度も乗り換える事の出来ない大きな買い物だからこそ、色々な情報を基に慎重に考えたいですよね。
この記事では「車を購入するオススメの時期はいつなのか」車業界や世間の事情と合わせて説明します。

そもそもお得に車を購入出来る時期はあるのか

車を買う時期

結論から言いますと、車をお得に購入できる、乗り換えができる時期は少なからずあります。

その理由はディーラーや自動車販売店が売上を上げたい時期や世間的に車を購入しやすい時期がある為です。

オススメの時期を次の項目で説明していきますので、是非参考にしてみてください。

オススメの購入時期

質問

安く買える時期

決算期

決算期というのは、販売店の1年間の売り上げと利益を計算するために区切られた期間の最後の月を指します。

車をお得に購入するにあたって、1年間のうち最もねらい目となるのが年度末の決算期である2~3月です。

販売店やディーラーは、それぞれの店舗で年間の売上目標が決まっており、その目標達成の為1年で最も販売促進に力を入れる時期と言えます。

実際に主要国内メーカーは決算期を迎える3月の新車販売台数がダントツ多い状況となっています。

新車が売れる時期という事は、登録車である未使用車の流通量が増えたり、下取り車が増え中古車の選べる幅が広くなります。
これも決算期がお得と言われる理由です。

注意したい点は、新車の場合、3月中に名義登録を済ませなければ売上とならない為、3月ぎりぎりの購入はオススメできません。
遅くとも2月中旬までには購入を、検討はその1ヶ月半~2ヶ月前から始める事が必要です。

また、納期のかかる車も注意した方が良いでしょう。

希望の車種が決まっている場合には納期を事前に確認しておく事をオススメします。
車探しが年度末近くになってしまった場合、現品にはなりますが、すぐに登録・納車が出来る未使用車や中古車がオススメです。

 

中間決算期

次に車が安くなりやすいと言われているのが中間決算期にあたる9月です。

この時期も2月や3月の決算期と同様の考え方で、販売店やディーラーが前期の売上伸ばす為に販売促進をおこないます。
しかし、年間を通してみるとかなり安く購入できる時期とはいえ、中間決算期よりは年度末の決算期が重要視されることが多く、2月や3月ほどの値引きは期待できません。

 

ボーナス期

車の値引きが行われるのは基本的には販売店やディーラーの業績に関わる時期ですが、他にも購入しやすい時期としては「ボーナス期」があります。

車という高額な商品を購入するにあたって、ボーナスをローンの頭金する、まとまったお金があった方が決断しやすいという購入者側の心理もあり、ボーナスが支給される時期である6月や7月に、販売店やディーラーはキャンペーン等を打ち出し、購入しやすい状況を作り出しています。

 

月末

月末もその月の販売台数を達成させる為に特別な目玉車両や限定のキャンペーンを打ち出す場合もあります。

思いも寄らない好条件が出てきた時に決断することが出来るよう、事前に下調べをして準備しておくと良いでしょう。

また、12月は1年の締めくくりとして、他の月に比べて売り上げ目標が高めに設定されていることもあります。

年末に「歳末セール」と賑やかに販売しているのをみたことがある方もいるのではないでしょうか。

業績良く1年を締めくくりたいと活気たっているので、お得に購入できる時期のひとつです。

 

モデルチェンジ

モデルチェンジがあるタイミングもオススメです。

車の購入時期を考える際は、希望車種のモデルチェンジの有無についても確認しておくことをオススメします。

モデルチェンジ直後は旧モデルが安く買えるケースが多いため、最新モデルでなくてもいいという場合にはお得に買うことができます。
しかし、最近はモデルチェンジのスパンが5~7年と長い傾向にあるので、安く購入できるタイミングを待って買い時を逃してしまうことのないように注意が必要です。

 

高く売れるタイミング

決算期前~決算期

1~3月と9~10月は、車がやや高く売れる時期です。

もともと新車、未使用車、中古車に限らず車の販売台数が多い決算という時期は車を購入したい、という需要が高まる事から現在乗っている車を手放す時期としては最適です。

需要があればあるほど、手放す車の価格は高くなります。

 

査定してもらったタイミングが一番高い

手放す車の年式や走行距離は常に査定額に大きな影響を及ぼします。
基本的には年式は新しいほど、走行距離は短いほど査定額は高くなります。
つまり、査定したその時の金額が一番高いという事になります。

この事を念頭に置いて手放すタイミングを決める事をオススメします。

 

自動車税の負担が軽くなるタイミング

自動車税は、車の所有者に対して毎年4月1日に課税されます。

新車の場合は新車登録日、中古車の場合は名義変更日によって課税対象期間が決まりますので購入時に確認しましょう。

 

普通車の場合

普通車の場合、年度の途中で購入した場合の課税対象は車を購入した翌月以降です。
つまり、月の初めに車を購入すると約1ヵ月分の自動車税の負担が無くなることになります。その為、月末よりも月の初めに購入したほうがお得と言えます。

 

軽自動車の場合

軽自動車の場合は年単位で課税されるため、購入してから次の4月1日になるまでは、自動車税は課税されません。
つまり、軽自動車を3月に購入した場合はすぐに課税のタイミングとなりますが、4月2日以降に購入すると次の4月まで自動車税の支払いはありません。

 

車選びをはじめるタイミングは?

車選びには時間が掛かる

車選びには時間が掛かります。

まず、車購入を考え始めた時、考える項目は大まかに以下の4つです。

  • ・予算はいくらか
  • ・用途に合う車種は何か
  • ・新車、未使用車、中古車の中からどれを選ぶのか
  • ・どのディーラー、自動車販売店で購入するのか

予算や車種を決め、色々なディーラーや自動車販売店を見て回るとすると最低でも1ヶ月半~2ヶ月程度はかかります。
つまり、オススメの購入時期から車選びをはじめるのではなく、1ヶ月半~2ヶ月前から始めると焦ることなく購入ができます。

 

まとめ

ネットで車を購入するとき知っておきたい車と販売店の選び方

購入したいと思った時が買い時

ここまで、車をお得に購入できるオススメの時期を説明しました。

もちろん、お得に購入できる時期は非常に大切なポイントですが一番は皆さまご自身が乗りたい車に出会った、乗り換えたい、と思うタイミングでの購入をオススメします。

年中お得な未使用車について

年中お得に購入できる車って無いの?という方には未使用車がオススメです。

未使用車は、ディーラーがメーカーからのノルマ達成の為、自分たちで新車を購入することで生まれます。
そのため、「中古車として扱われるが、実際はほぼ新品の状態」の車を指します。

未使用車誕生

つまり「安心安全な新品同様の車を出来る限り安く買いたい」という方にピッタリの車です。

未使用車には在庫限りというデメリットもありますが、在庫台数が多ければその分選べる幅も広がります。
気に入った車があれば間違いなくお買い得です。

未使用車について、詳しくはこちらをご覧ください。

未使用車ならレディバグにお任せ

購入時期に関わらず車種や購入方法など車に関する事でお悩みのお客様は、埼玉県最大級軽未使用車専門店レディバグに是非ご相談ください。
アドバイザーが丁寧にご案内させて頂きます。

レディバグではオールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。
年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しており、お客様にピッタリのお車が見つかります!

もちろん、時期に応じたお得なキャンペーンも実施しております。

また、来店が困難な方に向けオンライン商談も実施しております。
オンライン商談では、電話やメール、LINEなど、さまざまなツールからお車のご案内が可能です。
ご興味のある方は、店舗やオンラインでお気軽にご相談下さい。

レディバグONLINE