車種カタログ

エブリイ在庫検索

ダイハツの軽バン ハイゼットカーゴ

ダイハツハイゼット

ハイゼットカーゴの原稿モデルは2004年から販売されており10代目となっております。
そんな、ハイゼットカーゴの特徴は収納機能の利便性があげられます。
軽バンと言えば荷室の広さなどが第一に注目されますが、ハイゼットカーゴは荷室が広いのはもちろんのこと運転席周りの収納機能が非常に高いので、ペンなどの細かい収納も簡単にできます。
燃費については、WLTCモードで14.1km/L[4AT車]になっており、エブリイと比べたら多少燃費性能は上回りますが大きな差はありません。

ハイゼットカーゴ在庫検索

ホンダの軽バン N-VAN

ホンダNVAN

ホンダのN-VANは2018年に、Nシリーズ初の新型商用車として販売されたお車です。
エブリイやハイゼットカーゴに比べて初登場から時間は立っておりませんが、Nシリーズ特有のデザイン性や機能性はとても魅力的です。
そのため、お仕事だけではなくアウトドアやレジャー目的で購入される方も多い車です。
燃費については、WLTCモードで19.2km/L[4AT]になっており、今回紹介する軽バンの中では一番燃費性能が優れている車です。

N-VAN在庫検索

仕事別でおすすめの軽バン

軽バンを仕事で使用する中で、自分の使用用途に合わずストレスを感じていらっしゃる方も多いと思います。
一見、どの軽バンも似たり寄ったりでどれも同じように見えるかもしれませんが、収納性能や荷室の広さなど各車種によって特徴は大きく変わります。
ここでは仕事シチュエーション別でオススメの軽バンをご紹介いたします。
自分自身のお仕事と照らし合わせてご覧ください。

細かい荷物を扱う現場仕事の方におすすめの軽バン

ダイハツインテリア

細かい荷物を扱う建築現場で仕事をされる一人親方の方などにおすすめのお車はダイハツ ハイゼットカーゴです。
ハイゼットカーゴの収納機能は非常に高く、普段よく使用する小物類も簡単に収納できるようになっております。
全席上部にあるオーバーヘッドシェルフはバインダーや書類などを収納することができるため、バインダーなどの小物類を収納する場所が無くて困っている方にはもってこいのお車です。

たくさんの荷物を運ぶ配送業の方におすすめの軽バン

荷室ダイハツハイゼット

たくさんの荷物を運ぶ配送業の方におすすめのお車はスズキ エブリイです。
荷室床面の長さと、後席ドアとバックドアの開口部の広さは軽キャブNo.1となっているため、多くの荷物を積むことや荷物の出し入れもスムーズに行うことができます。
助手席を前に倒すと床面長は2,640mmとなるため、段ボール箱だけではなくカーペットなどの長尺物の積載も可能です。
また、荷物を運ぶときに狭い路地などを通る場面があると思いますが、エブリイは最小回転半径が4.1mとこちらも軽キャブNO.1となっているため、狭い路地なども心配なく運転できます。

花桶などの高さのある商品を扱う方におすすめ軽バン

NVAN荷室

花桶などの背の高い荷物を積むことのある方におすすめのお車はN-VANです。
エンジンを前方へ配置して、燃料タンクもホンダ独自の技術である「センタータンクレイアウト」により前方下に配置されいるため、荷室の床を低くすることが可能になり高さのある空間を作ることができています。
低い荷室フロアと高い天井はN-VANにしかない大きな魅力ですので、花桶などの高さのある商品を扱う方にはおすすめです。

燃費性能、室内空間、金額ごとの比較

最後に、軽バン3車種の燃費性能、室内空間、金額ごとに比較していきます。
軽バンを購入する際に、こちらの3点は非常に重要になるので以下の表を確認して自分自身に合った軽バンを選ぶようにしましょう。

燃費性能での比較

車種名エブリイ(PC 4AT)ハイゼットカーゴ(デラックス 4AT)N-VAN(L CVT)
JC08モード16.0km/L17.8km/L23.8km/L
WLTCモード13.8km/L14.1km/L19.2km/L

燃費性能で一番優れているのはN-VANです。
WLTCモードで19.2km/Lとなっており、これはエブリイとハイゼットカーゴと比べても大きく上回りますので、長距離の運転をされる方や燃費性能を重視している方にはおすすめです。
エブリイとハイゼットカーゴは多少ハイゼットカーゴの方が燃費性能は上回りますが、大きな差は無くN-VANに比べると下回りますので、燃費性能を重視している方にはおすすめできません。

室内空間での比較

車種名エブリイハイゼットカーゴN-VAN
荷室床面長1,955mm1,950mm1,585mm
荷室長1,910mm1,860mm1,510mm
荷室高1,240mm1,235mm1,365mm
荷室幅1,385mm1,315mm1,390mm

室内空間でおすすめの車種は軽キャブNo.1の室内空間の広さを誇るエブリイがオススメです。
荷物の積み込みや出し入れなどがスムーズに行えるので、たくさん荷物を積むお仕事をされている方には一番適しているお車でしょう。
しかし、背の高い荷物を載せる時などは、荷室の高さが必要なお仕事をされている方はN-VANがオススメです。

金額ごとの比較

車種エブリイハイゼットカーゴ スペシャルN-VAN
金額971,300円~951,500円~1,276,000円~

最後に金額面で比較してみると、新車価格ではハイゼットカーゴが1番価格を抑えてお車を提供しています。
エブリイも数万円違いの価格で提供しておりますので、価格だけで見るとハイゼットカーゴかエブリイが妥当でしょう。
N-VANは商用車ながらデザイン性や性能面を重視しているため、金額は他の2車種に比べて高く設定されています。

まとめ

今回は、おすすめの軽バンをお仕事シチュエーション別にご紹介しました。
一見、どの軽バンも似たり寄ったりの性能に見えますが、実際に細かく見てみるとどの軽バンも特徴的な部分がたくさんあります。
各車種の特徴を理解して自分自身の使用用途にあった軽バンを見つけましょう。

レディバクは軽未使用車専門店です。
オールメーカーオールジャンル取り揃えておりすので、3車種見比べてみたいと言う方はぜひお問い合わせください。
さらにレディバグは軽未使用車を扱っておりますので、新品同様のお車をお得にご案内することができます。
3車種すべて見比べてみたい方や、自分に合った軽バンをお得に乗り出したいというか方にピッタリの一台をご案内いたします。

-->

カテゴリ:車種カタログ 車種比較

軽バンの選び方を仕事、燃費、室内空間、金額ごとに紹介!

配達業者の写真

この記事をお読みの方は毎日仕事で軽バンを使われているのではないでしょうか。
しかし、自分の使用用途に合わずストレスを感じていらっしゃる方も多いと思います。
この記事ではそのような悩みを持たれている方に向けて、仕事、燃費性能、室内空間、金額ごとに細かくご紹介していきますので、ぜひお車選びにお役立てください。

軽バンとは

軽バンとは、軽自動車におけるワンボックスタイプのお車となっており、荷室スペースの利便性を最優先に作られた屋根付きの軽貨物車です。
車両価格や維持費が安いのに対して、積載量が多いのでお仕事で使用するのはもちろんのこと、最近ではキャンプなどのレジャーにも使用する方が多くなっています。

軽バンの現行型は3モデル

現行の軽バンは大きく分けて3モデルとなっております。

・スズキ エブリイ
・ダイハツ ハイゼットカーゴ
・ホンダ N-VAN

こちらの3モデルとなっております。
3車種のことをご存じないという方も多いので、ここでは各車種の簡単なご紹介をいたします。

スズキの軽バン エブリイ

スズキエブリイ

エブリイは1982年に初代モデルが発売されており、現行モデルは6代目となっております。
エブリイの特徴は、なんと言っても積載能力の高さです。
荷室床面長は軽キャブNo,1の1995mmとなっており、開口部も大きいので荷物の積み下ろしがスムーズに行うことが可能です。
燃費については、WLTCモードで13.8km/L[4AT車]となっており、他の軽バンに比べると少し劣ります。

エブリイ在庫検索

ダイハツの軽バン ハイゼットカーゴ

ダイハツハイゼット

ハイゼットカーゴの原稿モデルは2004年から販売されており10代目となっております。
そんな、ハイゼットカーゴの特徴は収納機能の利便性があげられます。
軽バンと言えば荷室の広さなどが第一に注目されますが、ハイゼットカーゴは荷室が広いのはもちろんのこと運転席周りの収納機能が非常に高いので、ペンなどの細かい収納も簡単にできます。
燃費については、WLTCモードで14.1km/L[4AT車]になっており、エブリイと比べたら多少燃費性能は上回りますが大きな差はありません。

ハイゼットカーゴ在庫検索

ホンダの軽バン N-VAN

ホンダNVAN

ホンダのN-VANは2018年に、Nシリーズ初の新型商用車として販売されたお車です。
エブリイやハイゼットカーゴに比べて初登場から時間は立っておりませんが、Nシリーズ特有のデザイン性や機能性はとても魅力的です。
そのため、お仕事だけではなくアウトドアやレジャー目的で購入される方も多い車です。
燃費については、WLTCモードで19.2km/L[4AT]になっており、今回紹介する軽バンの中では一番燃費性能が優れている車です。

N-VAN在庫検索

仕事別でおすすめの軽バン

軽バンを仕事で使用する中で、自分の使用用途に合わずストレスを感じていらっしゃる方も多いと思います。
一見、どの軽バンも似たり寄ったりでどれも同じように見えるかもしれませんが、収納性能や荷室の広さなど各車種によって特徴は大きく変わります。
ここでは仕事シチュエーション別でオススメの軽バンをご紹介いたします。
自分自身のお仕事と照らし合わせてご覧ください。

細かい荷物を扱う現場仕事の方におすすめの軽バン

ダイハツインテリア

細かい荷物を扱う建築現場で仕事をされる一人親方の方などにおすすめのお車はダイハツ ハイゼットカーゴです。
ハイゼットカーゴの収納機能は非常に高く、普段よく使用する小物類も簡単に収納できるようになっております。
全席上部にあるオーバーヘッドシェルフはバインダーや書類などを収納することができるため、バインダーなどの小物類を収納する場所が無くて困っている方にはもってこいのお車です。

たくさんの荷物を運ぶ配送業の方におすすめの軽バン

荷室ダイハツハイゼット

たくさんの荷物を運ぶ配送業の方におすすめのお車はスズキ エブリイです。
荷室床面の長さと、後席ドアとバックドアの開口部の広さは軽キャブNo.1となっているため、多くの荷物を積むことや荷物の出し入れもスムーズに行うことができます。
助手席を前に倒すと床面長は2,640mmとなるため、段ボール箱だけではなくカーペットなどの長尺物の積載も可能です。
また、荷物を運ぶときに狭い路地などを通る場面があると思いますが、エブリイは最小回転半径が4.1mとこちらも軽キャブNO.1となっているため、狭い路地なども心配なく運転できます。

花桶などの高さのある商品を扱う方におすすめ軽バン

NVAN荷室

花桶などの背の高い荷物を積むことのある方におすすめのお車はN-VANです。
エンジンを前方へ配置して、燃料タンクもホンダ独自の技術である「センタータンクレイアウト」により前方下に配置されいるため、荷室の床を低くすることが可能になり高さのある空間を作ることができています。
低い荷室フロアと高い天井はN-VANにしかない大きな魅力ですので、花桶などの高さのある商品を扱う方にはおすすめです。

燃費性能、室内空間、金額ごとの比較

最後に、軽バン3車種の燃費性能、室内空間、金額ごとに比較していきます。
軽バンを購入する際に、こちらの3点は非常に重要になるので以下の表を確認して自分自身に合った軽バンを選ぶようにしましょう。

燃費性能での比較

車種名エブリイ(PC 4AT)ハイゼットカーゴ(デラックス 4AT)N-VAN(L CVT)
JC08モード16.0km/L17.8km/L23.8km/L
WLTCモード13.8km/L14.1km/L19.2km/L

燃費性能で一番優れているのはN-VANです。
WLTCモードで19.2km/Lとなっており、これはエブリイとハイゼットカーゴと比べても大きく上回りますので、長距離の運転をされる方や燃費性能を重視している方にはおすすめです。
エブリイとハイゼットカーゴは多少ハイゼットカーゴの方が燃費性能は上回りますが、大きな差は無くN-VANに比べると下回りますので、燃費性能を重視している方にはおすすめできません。

室内空間での比較

車種名エブリイハイゼットカーゴN-VAN
荷室床面長1,955mm1,950mm1,585mm
荷室長1,910mm1,860mm1,510mm
荷室高1,240mm1,235mm1,365mm
荷室幅1,385mm1,315mm1,390mm

室内空間でおすすめの車種は軽キャブNo.1の室内空間の広さを誇るエブリイがオススメです。
荷物の積み込みや出し入れなどがスムーズに行えるので、たくさん荷物を積むお仕事をされている方には一番適しているお車でしょう。
しかし、背の高い荷物を載せる時などは、荷室の高さが必要なお仕事をされている方はN-VANがオススメです。

金額ごとの比較

車種エブリイハイゼットカーゴ スペシャルN-VAN
金額971,300円~951,500円~1,276,000円~

最後に金額面で比較してみると、新車価格ではハイゼットカーゴが1番価格を抑えてお車を提供しています。
エブリイも数万円違いの価格で提供しておりますので、価格だけで見るとハイゼットカーゴかエブリイが妥当でしょう。
N-VANは商用車ながらデザイン性や性能面を重視しているため、金額は他の2車種に比べて高く設定されています。

まとめ

今回は、おすすめの軽バンをお仕事シチュエーション別にご紹介しました。
一見、どの軽バンも似たり寄ったりの性能に見えますが、実際に細かく見てみるとどの軽バンも特徴的な部分がたくさんあります。
各車種の特徴を理解して自分自身の使用用途にあった軽バンを見つけましょう。

レディバクは軽未使用車専門店です。
オールメーカーオールジャンル取り揃えておりすので、3車種見比べてみたいと言う方はぜひお問い合わせください。
さらにレディバグは軽未使用車を扱っておりますので、新品同様のお車をお得にご案内することができます。
3車種すべて見比べてみたい方や、自分に合った軽バンをお得に乗り出したいというか方にピッタリの一台をご案内いたします。

ワゴンRスマイル正面写真

カテゴリ:スズキ 車種カタログ

スズキ新型ワゴンRスマイルの魅力を外装内装安全性別に説明

ワゴンRスマイル全体写真

出典:スズキ株式会社

スズキの新型ワゴンRスマイルが、2021/9/10に発売されました。
従来のワゴンRの特徴である広い室内空間や機能性の高さに加えて、スライドドアが搭載されることで利便性が増したり、カラーバリエーションが増えたりと個性溢れる車になっています。
そんな個性溢れる、スズキの新型ワゴンRスマイルの魅力をお伝えいたします。

個性溢れる外装デザイン

ワゴンRスマイルヘッドライト

新型ワゴンRスマイルの外装デザインは特徴的なフォルムやヘッドライトが魅力的で、他の車には無い個性溢れるデザインが愛着や親しみやすさを演出してくれます。

そんな、個性溢れる外装デザインをポイントごとにご説明いたします。

親しみやすさを感じるフォルム

角の取れた四角い形がシンプルな雰囲気がするのと同時に、軽ワゴンのサイズでスライドドアを採用したことにより個性的なフォルムに仕上がっているのが印象的です。

シンプルなデザインではありますが、ワゴンRスマイルならではの個性的なフォルムが親やすさや愛着を感じられます。

デザイン性を感じるヘッドライト

楕円形のヘッドライトが親しみやすさや可愛らしさを感じるのはもちろん、ヘッドライトの上と下に半円型の白いパーツがついているためキリッとした印象も与えてくれるデザインになっています。

また、ヘッドランプはハロゲンヘッドランプとLEDヘッドランプの2種類を採用しており、夜間でも上質な表情を演出してくれるのはもちろん、夜間の暗い道も安心して運転することが可能です。

個性溢れるカラーバリエーション

ワゴンRスマイルは個性溢れるカラーバリエーションも魅力的です。

車体色は2トーンカラーが8色とモノトーンカラーが4色の合計12色となっており、どの車体色も洗礼されたデザインになっております。

特に、「コーラルオレンジメタリック×アーバンブラウン2トーンルーフ」と「インディゴブルーメタリック2×ホワイト2トーンルーフ」は新色となっているため、ワゴンRスマイルにしかない個性溢れる車体色になっております。

快適に過ごせる内装デザイン

ワゴンRスマイルインテリア

ワゴンRスマイルは内装デザインにもこだわりを持っており、従来のワゴンRでも魅力的な室内空間はもちろんのこと、多彩なシートアレンジなども可能になりました。

ここでは、快適に過ごせる内装デザインの魅力を詳しく説明します。

余裕を感じる室内空間の広さ

ワゴンRスマイルの室内空間はコンパクトなサイズからは想像できないくらいゆったりとくつろげる広い室内空間を実現しています。

室内の高さは133cmとなっているため、頭上にも余裕があるのはもちろんのこと、室内の長さは218.5cmとなっており、後部座席も足を組めるほどの余裕があるため、長時間の運転でも快適に過ごすことが可能です。

多彩なシートアレンジ

シートアレンジも目的に合わせて自由自在に変えることが可能です。

後席の背もたれを倒してフラットにすると荷室を広げることができ、簡単に大きい荷物を積むことも可能です。

また、ワゴンRスマイルは助手席を前に倒すことができるため、後部座席と助手席をフラットにして長い荷物を積むことや車中泊をすることも可能です。

その他にも豊富なシートアレンジができるので、お買い物やレジャーなどの使用用途に合ったシートアレンジを楽しむことができます。

軽ワゴンには珍しいスライドドア搭載

軽ワゴンサイズでスライドドアを採用しているのもワゴンRスマイルの魅力です。

従来のワゴンRにはスライドドアは採用されておりませんでしたが、スライドドアが採用されたことにより、今まで以上に利便性を感じられるような設計になっております。

さらに、グレードによっては両側パワースライドドアを採用しているため荷物で両手がふさがっている場合でも簡単に開け閉めすることが可能です。

安心して運転できる安全性能

スズキセーフティパッケージ

ワゴンRスマイルは運転手が安心して運転できるように安全性能にも力を入れており、その1つとしてスズキの予防安全技術である「スズキ セーフティサポート」が標準装備でついています。

ここでは、誰もが安心して運転する事ができるための安全性能をご説明します。

運転がしやすい視界の広さ

ワゴンRスマイルの運転席は視認性が高く横断歩道や交通状況を把握しやすくなっています。

視界がとても広くて見晴らしが良いので運転がしやすいのはもちろんのこと、助手席側には前輪と後輪付近を確認できるサイドアンダーミラーを搭載しており、助手席側の障害物も確認することができるため安心です。

衝突軽減ブレーキ

ワゴンRスマイルは、スズキの予防安全技術である「スズキ セーフティーサポート」が搭載されているため安心して運転することが可能です。

人や障害物をフロントガラスについているステレオカメラが検知して、衝突を回避する「デュアルカメラブレーキサポート」や、バック時に障害物と接触しそうにになった時に作動する「後退時ブレーキアシスト」なども含む、合計8種類のスズキセーフティサポートが標準装備でついているため、安心安全に運転することが可能です。

まとめ

今回は、新型ワゴンRスマイルの魅力についてご説明しました。

ワゴンRスマイルは愛着の感じる外装デザインや快適に過ごせる内装デザインが魅力的なのはもちろん、スズキ セーフティーサポートなどの安全性能も充実しております。

また、軽ワゴンサイズでスライドドアが採用されているのは、他の車にはない大きな魅力と言えるでしょう。

個性溢れる車に乗りたい方や安心して車を運転したいという方は、ワゴンRスマイルを検討してみてはいかがでしょうか。

装備仕様

アイドリングストップ盗難防止装置
電動スライドドア(片側)電動格納ミラー
衝突被害軽減ブレーキ誤発進抑制機能
パワステパワーウィンドウ
オートエアコンスマートキー
エアバッグLEDヘッドライト
プッシュスタートボタン

とにかくスペースが広い

スペーシア室内空間

室内長2240mm、室内高1400mmという軽自動車最大級)の余裕のスペースです。

特に、燃料タンクを前席の下に搭載するセンタータンクレイアウトを採用しているので、後部座席のシートクッションが床下へ潜り込んだあとの高さが低く、より背の高い荷物を入れることが可能です。

乗り降りや荷物の運び込みが簡単

低床なつくりとなっていることで、荷物の積み下ろしが楽にできます。

最新鋭の安全装備

車やバイク自転車を含む車両、歩行者との衝突の回避を支援する衝突軽減ブレーキ(CMBS)。

車間距離を保ち運転負荷を軽減するアダプティブクルーズコントロール(ACC)といった最新鋭の運転支援システムが備わっていますので、運転を得意としない方でも安心です。

NBOX在庫検索

スペーシア

次にスペーシア Gをご紹介していきます。

スペック

燃費(JC08モード)30.0km/L燃費(WLTCモード)22.2km/L
タンク容量27リットル定員4名
全長3395mm全幅1475mm

全高1785mm室内長2155mm
室内幅1345mm室内高1410mm

装備仕様

パワステパワーウィンドウ
オートエアコンスマートキー
アイドリングストップ盗難防止装置
エアバッグ電動格納ミラー
プッシュスタートボタンハイブリッド

シートアレンジが多彩

スペーシアでは、広い空間を活かした多彩なシートアレンジが可能です。

スペーシアの荷室は、後部座席をスライドさせることで最大17cmの調整ができ、このシートスライドは左右別々に独立して動くようになっています。

助手席と後部座席を倒すことで、長い荷物を入れたり、前席を前ではなく後ろにリクライニングさせると、後部座席の背もたれが使えるようになったりと、多彩なアレンジができます。

モノを収納するだけではなく、車中泊などにも向いています。

スペーシア_シートアレンジが多彩
出典:スズキ株式会社

 

 

親しみやすく飽きの来ない外観

スペーシアはあちこち出かけたくなるスーツケースをモチーフに、毎日乗っても飽きの来ない新しいカタチというコンセプトでデザインされています。

少し丸みを帯びた外観は三車種の中で最もかわいらしい仕上がりになっています。

カラーバリエーションにも富んでおり、誰もが気に入る色を見つけることができます。

ハイブリッドで燃費が良い

スペーシアは車両の重量がライバル車に比べて20kgから30kg軽いです。軽いことは燃費の良さに繋がります。

更に、「マイルドハイブリッド」と呼ばれるシステムが搭載されています。

これは減速時のエネルギーを利用して発電し、加速時には​その電力を活かしてエンジンをアシストすることでさらなる燃費の向上を実現するハイブリッドシステムです。

渋滞中、ゆっくり前に進むような状況では貯めた電気を利用して走行することができます。

細かい気遣いがたくさんある

充実しているのは収納スペースのみならずインパネやドア、座席周辺などに様々なポケットやフック、USBコネクタなどが整備されており、かゆいところに手が届くような設計になっています。

更に、「スリムサーキュレーター」を採用したことによって、空調が後部座席まで行き届かないという問題を解消し、前席も後部座席もどちらも同じように快適に過ごすことができます。

エアコンルーバーを利用して空調の風を拡散させたり風量の調整可能です。

 

スペーシア在庫検索

タント

最後はタントLをご紹介していきます。

スペック

燃費(JC08モード)27.2km/L燃費(WLTCモード)21.2km/L
タンク容量30リットル定員4名
全長3395mm全幅1475mm
全高1755mm室内長2060mm
室内幅1350mm室内高1370mm

装備仕様

パワステパワーウィンドウ
マニュアルエアコンキーレス
アイドリングストップ盗難防止装置
衝突被害軽減ブレーキ誤発進抑制機能
エアバッグLEDヘッドライト

視界が良い

車内インパネ
出典:ダイハツ工業株式会社

タントはダッシュボードが低く、インパネ周りがすっきりとしているので車内からの視界がとても良い造りになっています。

左右の見切りが良く、フロントバンパーがどの位置にあるかも把握しやすいのも特徴の一つになります。

ミラクルオープンドアによって、乗り降りがしやすい

タントの誇る最も大きな特徴です。

前後のドアに柱(ピラー)を内蔵させることによって大開口のドアが実装されています。       

これはミラクルオープンドアと呼ばれ、荷室から助手席まで伸びるような長めの荷物を運びたい場合には、タントはどの車種よりも優れています。

更に、運転席と助手席をスムーズに移動できるため、一度車を降りて回り込む必要がなく、子供を後席のチャイルドシートに座らせ、そのまま運転席へ移動するということもできます。

 

特徴的な安全性能

タントでは「スマートアシストⅢ」と呼ばれる安全装備が搭載されています。

その中でも特に特徴的な機能が「スマートパノラマパーキングアシスト」です。

これはクルマを駐車する際、カメラが駐車枠の白線を検知し、ステアリング操作をアシストをしてくれるもので、ドライバーは音声と画面のガイドに従うだけで駐車することができ、この機能は並列駐車だけでなく縦列駐車に対応しています。

ダイハツタントの在庫検索

 

人気の3車種をどのように選ぶべきか

ここまでスライドドア付き軽自動車として人気のある3車種について紹介してきました。

N-BOXは販売実績No.1で、特に男性に人気があり、若い世代から支持されています。

スペーシアは「家族の乗り物」とキャッチコピーにあるように、子育て世代に強いお車で、主婦の方にはオススメのお車です。

タントは老若男女問わず、ご年配の方も乗りやすいお車です。

 

レディバグ未使用車専門店では今回紹介した3車種全て取り揃えています。

お車を購入する際は、実際にご自身の目で確かめながら、改めて比較することが大切になります。

プロのカーライフアドバイザーが親身にお客様の相談に乗り、メーカー問わずに様々なお車を吟味することができます。

スライドドア付き軽自動車の購入を検討している方は是非、レディバグ未使用車専門店に足をお運びください。

 

-->
スライドドア付き軽自動車のオススメポイントを車種別に紹介

カテゴリ:車種カタログ 車種比較

スライドドア付き軽自動車のオススメポイントを車種別に紹介

街を走るNBOX

軽自動車の中でスライドドアを備えた背が高いハイトワゴンタイプの軽自動車がファミリーカーとして人気です。

その理由は、子供が車内で立ったままお着替えが出来るくらい車内が広い、ドアがスライドするので狭い場所でも開閉や乗り降りがしやすいことが挙げられます。

 

そんなスライドドア付き軽自動車で販売台数のトップ3はホンダ「N-BOX」、スズキ「スペーシア」、ダイハツ「タント」の3車種です。

この記事では、この3車種の内装から機能、オススメのポイントを詳しくご紹介します。

スライドドア付き軽自動車のメリット

空間効率に優れている

3車種とも軽自動車であるため、ボディはそこまで大きくはないですが、軽自動車の中でもスライドドア付きハイトワゴンは「この大きさなのに、これだけのスペースを確保できるの!?」と驚くほど、広く空間を使うことができます。

後部座席を倒すと床の低い大容量の荷室になり、自転車のような大きな荷物を積むこともできます。

スペーシアに自転車を載せている人
出典:スズキ株式会社

タントに関しては前席をロングスライドさせることもでき、ベビーカーなども積みやすいです。

後部座席の折り畳みやスライド機能は3車種とも左右独立式(座席を別々でスライド、折りたたみが可能)を採用しています。

スライドドア付き軽自動車は子育て世代のユーザーを意識して開発されたので、収納設備が豊富に実装されています。そして車高も高いので、背の高い荷物を運ぶこともできます。

最近では1人キャンプ等も人気になってきているので、キャンプ道具なども収納しやすくなっています。おひとり様で楽しむ方にもおすすめです。

乗り降りがしやすい

乗り降りし易い車

後部座席の両側がスライドドアになっており、ステップとフロアに段差が無いので乗り降りがしやすく、小さいお子様や高齢者の方や足腰が不自由な方にも優しい造りになっています。

安全装備が充実している

スライドドア付き軽自動車には最新鋭の安全装備が実装されています。

歩行者や車両を検知できる衝突被害軽減ブレーキ、ペダルの踏み間違いなどによる急発進事故を防ぐ誤発進抑制機能など、通常に運転する際に感じられるヒヤッとする場面を少なくしてくれます。

このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代、安全であることは付加価値に繋がります。

また、フロントではなくサイドエアバックも標準装備の為、心配される横転時にも車内の人が守られる様になっています。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心や安全を重視される方にとっても魅力的です。

スライドドア付き軽自動車のデメリット

スライドドア付き軽自動車には多くののメリットがある反面、デメリットも存在します。

次にデメリットも見ていただき、より理解を深めていきます。

燃費が悪い

スライドドア付き軽自動車はどの車種もボディが重い造りになっています。

ボディが重いと燃費が悪くなり、エンジンのパワーが弱く感じられます。

近年は各社軽量化に力を入れていますが、安全装置が増えたことによって相殺されているような状況です。

走る際にパワー不足を感じる方はターボ車がおすすめです。

特に、N-BOXとタントは、標準ボディとカスタムの両方にターボが用意されているので、積極的に選ぶことができます。

背が高いことによって走行が不安定になる事がある

走ることが得意な車は基本的には背が低く低重心になるように作られているのですが、スライドカーはその真逆のデザインになっています。

日常生活で運転をする際は問題ないのですが、高速走行中のカーブ、急カーブでは重心の高さからふらついてしまうことがあります。

あと怖いのは横風の影響です。 普通の車から乗り換えたばかりだとそのハンドルの取られっぷりに驚くかもしれません。

N-BOX

居住性、積載性、収納性といった実用性を高く、安全装備も充実したN-BOX、タント、スペーシアですが、各モデルについて紹介していきます。

まずはじめにベーシックなN-BOX Gをご紹介します。

スペック

燃費(JC08モード)27.0km/L燃費(WLTCモード)21.2km/L
タンク容量27リットル定員4名
全長3395mm全幅1475mm
全高1790mm室内長2240mm
室内幅1350mm室内高1400mm

装備仕様

アイドリングストップ盗難防止装置
電動スライドドア(片側)電動格納ミラー
衝突被害軽減ブレーキ誤発進抑制機能
パワステパワーウィンドウ
オートエアコンスマートキー
エアバッグLEDヘッドライト
プッシュスタートボタン

とにかくスペースが広い

スペーシア室内空間

室内長2240mm、室内高1400mmという軽自動車最大級)の余裕のスペースです。

特に、燃料タンクを前席の下に搭載するセンタータンクレイアウトを採用しているので、後部座席のシートクッションが床下へ潜り込んだあとの高さが低く、より背の高い荷物を入れることが可能です。

乗り降りや荷物の運び込みが簡単

低床なつくりとなっていることで、荷物の積み下ろしが楽にできます。

最新鋭の安全装備

車やバイク自転車を含む車両、歩行者との衝突の回避を支援する衝突軽減ブレーキ(CMBS)。

車間距離を保ち運転負荷を軽減するアダプティブクルーズコントロール(ACC)といった最新鋭の運転支援システムが備わっていますので、運転を得意としない方でも安心です。

NBOX在庫検索

スペーシア

次にスペーシア Gをご紹介していきます。

スペック

燃費(JC08モード)30.0km/L燃費(WLTCモード)22.2km/L
タンク容量27リットル定員4名
全長3395mm全幅1475mm

全高1785mm室内長2155mm
室内幅1345mm室内高1410mm

装備仕様

パワステパワーウィンドウ
オートエアコンスマートキー
アイドリングストップ盗難防止装置
エアバッグ電動格納ミラー
プッシュスタートボタンハイブリッド

シートアレンジが多彩

スペーシアでは、広い空間を活かした多彩なシートアレンジが可能です。

スペーシアの荷室は、後部座席をスライドさせることで最大17cmの調整ができ、このシートスライドは左右別々に独立して動くようになっています。

助手席と後部座席を倒すことで、長い荷物を入れたり、前席を前ではなく後ろにリクライニングさせると、後部座席の背もたれが使えるようになったりと、多彩なアレンジができます。

モノを収納するだけではなく、車中泊などにも向いています。

スペーシア_シートアレンジが多彩
出典:スズキ株式会社

 

 

親しみやすく飽きの来ない外観

スペーシアはあちこち出かけたくなるスーツケースをモチーフに、毎日乗っても飽きの来ない新しいカタチというコンセプトでデザインされています。

少し丸みを帯びた外観は三車種の中で最もかわいらしい仕上がりになっています。

カラーバリエーションにも富んでおり、誰もが気に入る色を見つけることができます。

ハイブリッドで燃費が良い

スペーシアは車両の重量がライバル車に比べて20kgから30kg軽いです。軽いことは燃費の良さに繋がります。

更に、「マイルドハイブリッド」と呼ばれるシステムが搭載されています。

これは減速時のエネルギーを利用して発電し、加速時には​その電力を活かしてエンジンをアシストすることでさらなる燃費の向上を実現するハイブリッドシステムです。

渋滞中、ゆっくり前に進むような状況では貯めた電気を利用して走行することができます。

細かい気遣いがたくさんある

充実しているのは収納スペースのみならずインパネやドア、座席周辺などに様々なポケットやフック、USBコネクタなどが整備されており、かゆいところに手が届くような設計になっています。

更に、「スリムサーキュレーター」を採用したことによって、空調が後部座席まで行き届かないという問題を解消し、前席も後部座席もどちらも同じように快適に過ごすことができます。

エアコンルーバーを利用して空調の風を拡散させたり風量の調整可能です。

 

スペーシア在庫検索

タント

最後はタントLをご紹介していきます。

スペック

燃費(JC08モード)27.2km/L燃費(WLTCモード)21.2km/L
タンク容量30リットル定員4名
全長3395mm全幅1475mm
全高1755mm室内長2060mm
室内幅1350mm室内高1370mm

装備仕様

パワステパワーウィンドウ
マニュアルエアコンキーレス
アイドリングストップ盗難防止装置
衝突被害軽減ブレーキ誤発進抑制機能
エアバッグLEDヘッドライト

視界が良い

車内インパネ
出典:ダイハツ工業株式会社

タントはダッシュボードが低く、インパネ周りがすっきりとしているので車内からの視界がとても良い造りになっています。

左右の見切りが良く、フロントバンパーがどの位置にあるかも把握しやすいのも特徴の一つになります。

ミラクルオープンドアによって、乗り降りがしやすい

タントの誇る最も大きな特徴です。

前後のドアに柱(ピラー)を内蔵させることによって大開口のドアが実装されています。       

これはミラクルオープンドアと呼ばれ、荷室から助手席まで伸びるような長めの荷物を運びたい場合には、タントはどの車種よりも優れています。

更に、運転席と助手席をスムーズに移動できるため、一度車を降りて回り込む必要がなく、子供を後席のチャイルドシートに座らせ、そのまま運転席へ移動するということもできます。

 

特徴的な安全性能

タントでは「スマートアシストⅢ」と呼ばれる安全装備が搭載されています。

その中でも特に特徴的な機能が「スマートパノラマパーキングアシスト」です。

これはクルマを駐車する際、カメラが駐車枠の白線を検知し、ステアリング操作をアシストをしてくれるもので、ドライバーは音声と画面のガイドに従うだけで駐車することができ、この機能は並列駐車だけでなく縦列駐車に対応しています。

ダイハツタントの在庫検索

 

人気の3車種をどのように選ぶべきか

ここまでスライドドア付き軽自動車として人気のある3車種について紹介してきました。

N-BOXは販売実績No.1で、特に男性に人気があり、若い世代から支持されています。

スペーシアは「家族の乗り物」とキャッチコピーにあるように、子育て世代に強いお車で、主婦の方にはオススメのお車です。

タントは老若男女問わず、ご年配の方も乗りやすいお車です。

 

レディバグ未使用車専門店では今回紹介した3車種全て取り揃えています。

お車を購入する際は、実際にご自身の目で確かめながら、改めて比較することが大切になります。

プロのカーライフアドバイザーが親身にお客様の相談に乗り、メーカー問わずに様々なお車を吟味することができます。

スライドドア付き軽自動車の購入を検討している方は是非、レディバグ未使用車専門店に足をお運びください。

 

お洒落な女性に評価される軽自動車とは

車

「おしゃれな軽自動車」を選ぶ上で、やはり「ルックス」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ルックスと一括りに言ってもフォルムやカラーなど様々なポイントがあります。

外装や見た目の可愛さ

フォルムは全体的な形や、ライトのデザインによって印象が大きく変化します。

丸いフォルムの車は女性らしいかわいい印象を与え、四角いフォルムの車はアクティブでスタイリッシュな印象を与えます。

丸いフォルムの車では甘すぎるという方は、四角いフォルムの車を選ぶと落ち着いた印象がプラスされるので、より自分にあった車が見つかるでしょう。

使い勝手の良いデザイン

外見だけではなく、内装デザインにも拘る方は多いですよね。

シートの素材や質感は、柔らかい素材を使用していたり、ステッチが入っていたり、車それぞれに個性があります。 メーターパネル、ディスプレイ部分のデザインや 収納に関しても、車種によって様々です。

色々な観点から、内装のデザインに着目してみると自分にピッタリな車が見えてくるかもしれません。

豊富なカラーバリエーション

「おしゃれ」な車で個性を出すために重要なのがカラーです。

カラーは1トーンだけでなく2トーンにできる車種もあり、色もパステル調のものからビビット調のものまで様々です。パステル調のカラーはやわらかく優しい雰囲気になり、ビビット調のカラーは活発で明るい雰囲気になります。

 それぞれの車種によってさまざまなカラーがあるので、カラーに拘ってみても面白いかもしれませんね。

スタイリッシュな女性にぴったり!N-BOXの魅力

ホンダ N-BOX

スタイリッシュな外装

N‐BOXは上品で落ち着きのありながらも、個性を持っているのが魅力です。

スクエアフォルムには丸形のフルLEDライトを採用し、凛々しさとかわいさを兼ね備えた見た目をしています。 樹脂製モールをなくしたことで屋根部分がスッキリとし、よりシンプルでスタイリッシュな雰囲気を感じさせます。

スマートな収納

N‐BOXは軽自動車では狭くなりがちな後部座席も広さをキープしています。 室内高が140㎝あるのでお子様の着替えものびのびとできます。

前席との距離や荷室長を左右席で別々で調節できるスライドリアシートを採用しており、お買い物の荷物もたっぷりと載せられます。

また、背もたれを前に倒せたり、後席の座面をはね上げられたりもできるので、背の高い荷物や、自転車などの大きな荷物もラクラク積むことができます。

落ち着きのあるカラートーン

N‐BOXのカラーは14色あり、シンプルでありながらも見る人に強い印象を残します。

プラチナホワイト、ピーチブロッサム、プレミアムアイボリーなどモダンでありながら輝きがあるカラーなので、エレガントで高級感ある雰囲気が演出できます。

価格128万円~
タイプハイト
ボディカラー14色
収納
大容量空間
インテリアカラーシンプルで落ち着いた色合い

ホンダ /  N-BOX G   21.8km/L

N‐BOXは国内販売台数4年連続第1位を獲得。スライドドアを採用し、軽自動車最大級の車内空間を誇っています。安全運転運転支支援システムを全タイプに標準装備しているので、安全なドライブをサポート。

ホンダ N-BOXの在庫検索はコチラ

キュートな女子にぴったり!キャンバスの魅力

ダイハツ ムーヴキャンバス

クリっとしたフォルム

キャンバスは丸みを帯びたフォルムがかわいい、女性ユーザー向けの軽自動車です。スクエアでありながら角が丸くなっているのが魅力のポイントです。

コロッとしたデザインと大きなクリっとしたヘッドライトのコントラストがレトロモダンなかわいさをアピールしています。

愛着のあるボディーカラー

キャンバスのボディカラーは全15色から1トーン、2トーンの2タイプがあり、ミントやピンク、ナチュナルベージュなどのパステルカラーで優しい色合いが中心になっています。

特にVWバスの様な2トーンのボディカラーは人気デコレーションとなっていて、このボディカラーを気にいって購入を決める人もいるほどです。

シンプルでナチュラルですが、とても可愛らしく愛着の持てるデザインになっています!

背の高いものも積める便利な収納

キャンバスで特に特長的なのは便利な収納です。

キャンバスには、後部座席には座席の下から引き出せる置きラクボックスが標準装備されています。

置きラクボックスは、床に設置されているので、割れやすい卵や崩れやすいケーキを購入した際、運転中に座席から落ちるのが心配な方や、足元に直接荷物を置きたくない方の悩みを解決してくれます。

また、置きラクボックスは運転席から手が届く距離になっているので、ちょっとした荷物やハンドバッグなども置けてとても便利です。

荷室はデッキボードをはね上げて固定できるようになっているので、背の高い荷物も積めるようになっています。床下の有効活用する大容量の収納スペースで、観葉植物なども乗せることができます。

価格116万円~
タイプワゴン
ボディカラー15色
収納
収納が多く、実用的
インテリアカラー白を基調とした、やわらかでかわいらしい色合い

ダイハツ / ムーヴキャンバス G 20.6km/L

軽自動車初となる両側スライドドアや、紫外線を99%カットする「スーパーUV&IRカットガラス」、PM2.5にも対応した「スーパークリーンエアフィルター」など、女性にうれしい装備がそろった車です。

ダイハツムーヴキャンバスの在庫はコチラ

おしゃれ上級者にぴったり!ラパンの魅力

スズキ ラパン

可愛らしくコンパクトな外観

フランス語でうさぎを意味する「ラパン」という名前の通り「まるしかくい」コロンとしたフォルムが愛らしい自動車です。

カラーは全11色あり独自の世界観が感じられるシフォンアイボリーやコフレピンク、フレンチミントなど可愛らしいカラーが揃っています。 女性らしい、やわらかい色が中心となっているので優しい雰囲気を感じられます。

丸いヘッドライトとコロッとしたフォルムで可愛さをしっか持ちつつ、箱型のボディになっていることで甘すぎず、スタイリッシュさも感じられますね!

女性らしく快適な室内空間

ラパンは外観だけだなく内装にもこだわって作られています。

目の前にはテーブルをイメージした木目のダッシュボード、天井やシートはキルト風になっています。かわいいだけでなく座り心地の良いシートになっているので、のびのびとくつろぐことができます。

ラパンは見た目の可愛さだけでなく女性に嬉しい小物収納がたくさんついています。ティッシュボックスの収納や紙パックにも対応したドリンクホルダーなど、ちょっとしたものをささっと収納でき、車内でも快適に過ごすことができます。

散りばめられた隠れうさぎ

ラパンという名前の通り、クルマには隠れうさぎがたくさん散りばめられています。エンジンをかけた時にキャラクターが迎えてくれるのはもちろん、誕生日やお正月のイベントの日にはメロディともにお知らせしてくれます。

かわいいウサギマークを見つけた日はハッピーな気持ちになれるかもしれませんね!

価格121万円~
タイプセダン
ボディカラー11色
収納
小物にピッタリな収納
インテリアカラーウサギのようなかわいらしい色合い

スズキ / ラパン G  25.2km/L

ラパンには女性があったら嬉しいと思うものがギュッと詰まっています。ナノイーを搭載したエアコンや紫外線、赤外線をカットするフロントドアガラス、寒い日でも快適なドライブができるシートヒーターと足元ヒーターなど。細やかな気配りで運転が苦手だと思っている方も、きっと楽しく運転できます。

スズキアルトラパンの在庫検索はコチラ

アクティブ女子にぴったり!ハスラーの魅力

スズキ ハスラー

トレンドを抑えたSUV

ハスラーはアウトドアと街中の両方の乗用に適したSUVタイプの自動車です。可愛い見た目だけでなく実用性も高いのが人気の理由で、乗り込むとどこまでも出かけたくなる自動車です。

荷室は汚れや水分を拭き取りやすい素材になっているので、思いっきり遊んだあとの道具をそのまま入れることも可能です。

アンダーボックスは取り外しも可能なので、砂や泥がついても丸ごと洗うことができます。靴などを置くのにとても便利ですね!

大人可愛いデザイン

ハスラーは力強さも備えつつ、ごつごつしすぎない四角いフォルムがとても魅了的です。また、スタイリッシュな外観でありながら、丸目の愛嬌のあるヘッドライトがかわいさをプラスして、大人可愛さを演出しています。

カラーは全11色あり、見るだけで元気をもらえるような、明るくはっきりとしたカラーが中心になっています。

おしゃれで遊び心満載のインテリア

ハスラーはフロントが特徴的です。ナビフレーム・メーター・インパネボックスが同色の枠で囲われており、スタイリッシュでインパクトのある見た目になっています。

インパネボックスは収納だけでなく、開けるとテーブルにもなるのでちょっとした物を置きたいときにとても便利です。

助手席の下はアンダーボックスになっているので、かさばる上着などの収納にも困りません。 乗るたびに、新たな発見がありそうな遊び心満載の内装です!

価格116万円~
タイプワゴン
ボディカラー11色
収納
小物から背の高いものまでがんがん積める収納
インテリアカラー黒を基調としたスタイリッシュな色合い

スズキ / ハスラー   G 25.0km/L 

ハスラーは最近流行のクロスオーバーSUVタイプ(アウトドアと街中の両方の乗用に適したSUV)の軽自動車です。ありそうでなかった新ジャンルのモデルで、遊び心と使い勝手を両立させた、アウトドア好きの女性におすすめの車です。

スズキ ハスラーの在庫検索はコチラ

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ここまで女性に人気の車を紹介してきましたが、好みの車は見つかったでしょうか。いつまでも乗り続けたいと思うようなデザインやインテリアも大切ですよね。

性能や機能も大切ですが、見た目が可愛い、インテリアがおしゃれという理由で選んでも間違いありません。

レディバグでは今回紹介した4車種の未使用車はもちろん、その他の車種も取り揃えております。

なかなか決まらないという方でも、アドバイザーが丁寧にサポート致します。
おしゃれな車の購入を検討されている方は是非レディバグに足を運んで、実車を見に来て下さい!

-->
女の人と軽自動車

カテゴリ:車種カタログ 車種比較

おしゃれな女性に人気の軽自動車の魅力をポイント別に紹介!

女の人と軽自動車

近年、女性向けに工夫された軽自動車が数多く販売されています。女性の車選びではちょっとしたお買い物でも気軽に乗りこなせる手軽さや、見た目のかわいさなどがポイントとなってきます。

今回の記事は「おしゃれ」をコンセプトに外装や内装に着目して、女性におすすめの軽自動車4選を紹介いたします!

※軽自動車とは、ボディサイズが全長3.4m以下/全幅1.48m以下/全高2.0m以下で、エンジンの排気量は660cc以下で、定員が最大4名の車です。
普通車と比較すると、燃費もよく、各種税金も安価のため、お財布に優しくなっています。

お洒落な女性に評価される軽自動車とは

車

「おしゃれな軽自動車」を選ぶ上で、やはり「ルックス」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ルックスと一括りに言ってもフォルムやカラーなど様々なポイントがあります。

外装や見た目の可愛さ

フォルムは全体的な形や、ライトのデザインによって印象が大きく変化します。

丸いフォルムの車は女性らしいかわいい印象を与え、四角いフォルムの車はアクティブでスタイリッシュな印象を与えます。

丸いフォルムの車では甘すぎるという方は、四角いフォルムの車を選ぶと落ち着いた印象がプラスされるので、より自分にあった車が見つかるでしょう。

使い勝手の良いデザイン

外見だけではなく、内装デザインにも拘る方は多いですよね。

シートの素材や質感は、柔らかい素材を使用していたり、ステッチが入っていたり、車それぞれに個性があります。 メーターパネル、ディスプレイ部分のデザインや 収納に関しても、車種によって様々です。

色々な観点から、内装のデザインに着目してみると自分にピッタリな車が見えてくるかもしれません。

豊富なカラーバリエーション

「おしゃれ」な車で個性を出すために重要なのがカラーです。

カラーは1トーンだけでなく2トーンにできる車種もあり、色もパステル調のものからビビット調のものまで様々です。パステル調のカラーはやわらかく優しい雰囲気になり、ビビット調のカラーは活発で明るい雰囲気になります。

 それぞれの車種によってさまざまなカラーがあるので、カラーに拘ってみても面白いかもしれませんね。

スタイリッシュな女性にぴったり!N-BOXの魅力

ホンダ N-BOX

スタイリッシュな外装

N‐BOXは上品で落ち着きのありながらも、個性を持っているのが魅力です。

スクエアフォルムには丸形のフルLEDライトを採用し、凛々しさとかわいさを兼ね備えた見た目をしています。 樹脂製モールをなくしたことで屋根部分がスッキリとし、よりシンプルでスタイリッシュな雰囲気を感じさせます。

スマートな収納

N‐BOXは軽自動車では狭くなりがちな後部座席も広さをキープしています。 室内高が140㎝あるのでお子様の着替えものびのびとできます。

前席との距離や荷室長を左右席で別々で調節できるスライドリアシートを採用しており、お買い物の荷物もたっぷりと載せられます。

また、背もたれを前に倒せたり、後席の座面をはね上げられたりもできるので、背の高い荷物や、自転車などの大きな荷物もラクラク積むことができます。

落ち着きのあるカラートーン

N‐BOXのカラーは14色あり、シンプルでありながらも見る人に強い印象を残します。

プラチナホワイト、ピーチブロッサム、プレミアムアイボリーなどモダンでありながら輝きがあるカラーなので、エレガントで高級感ある雰囲気が演出できます。

価格128万円~
タイプハイト
ボディカラー14色
収納
大容量空間
インテリアカラーシンプルで落ち着いた色合い

ホンダ /  N-BOX G   21.8km/L

N‐BOXは国内販売台数4年連続第1位を獲得。スライドドアを採用し、軽自動車最大級の車内空間を誇っています。安全運転運転支支援システムを全タイプに標準装備しているので、安全なドライブをサポート。

ホンダ N-BOXの在庫検索はコチラ

キュートな女子にぴったり!キャンバスの魅力

ダイハツ ムーヴキャンバス

クリっとしたフォルム

キャンバスは丸みを帯びたフォルムがかわいい、女性ユーザー向けの軽自動車です。スクエアでありながら角が丸くなっているのが魅力のポイントです。

コロッとしたデザインと大きなクリっとしたヘッドライトのコントラストがレトロモダンなかわいさをアピールしています。

愛着のあるボディーカラー

キャンバスのボディカラーは全15色から1トーン、2トーンの2タイプがあり、ミントやピンク、ナチュナルベージュなどのパステルカラーで優しい色合いが中心になっています。

特にVWバスの様な2トーンのボディカラーは人気デコレーションとなっていて、このボディカラーを気にいって購入を決める人もいるほどです。

シンプルでナチュラルですが、とても可愛らしく愛着の持てるデザインになっています!

背の高いものも積める便利な収納

キャンバスで特に特長的なのは便利な収納です。

キャンバスには、後部座席には座席の下から引き出せる置きラクボックスが標準装備されています。

置きラクボックスは、床に設置されているので、割れやすい卵や崩れやすいケーキを購入した際、運転中に座席から落ちるのが心配な方や、足元に直接荷物を置きたくない方の悩みを解決してくれます。

また、置きラクボックスは運転席から手が届く距離になっているので、ちょっとした荷物やハンドバッグなども置けてとても便利です。

荷室はデッキボードをはね上げて固定できるようになっているので、背の高い荷物も積めるようになっています。床下の有効活用する大容量の収納スペースで、観葉植物なども乗せることができます。

価格116万円~
タイプワゴン
ボディカラー15色
収納
収納が多く、実用的
インテリアカラー白を基調とした、やわらかでかわいらしい色合い

ダイハツ / ムーヴキャンバス G 20.6km/L

軽自動車初となる両側スライドドアや、紫外線を99%カットする「スーパーUV&IRカットガラス」、PM2.5にも対応した「スーパークリーンエアフィルター」など、女性にうれしい装備がそろった車です。

ダイハツムーヴキャンバスの在庫はコチラ

おしゃれ上級者にぴったり!ラパンの魅力

スズキ ラパン

可愛らしくコンパクトな外観

フランス語でうさぎを意味する「ラパン」という名前の通り「まるしかくい」コロンとしたフォルムが愛らしい自動車です。

カラーは全11色あり独自の世界観が感じられるシフォンアイボリーやコフレピンク、フレンチミントなど可愛らしいカラーが揃っています。 女性らしい、やわらかい色が中心となっているので優しい雰囲気を感じられます。

丸いヘッドライトとコロッとしたフォルムで可愛さをしっか持ちつつ、箱型のボディになっていることで甘すぎず、スタイリッシュさも感じられますね!

女性らしく快適な室内空間

ラパンは外観だけだなく内装にもこだわって作られています。

目の前にはテーブルをイメージした木目のダッシュボード、天井やシートはキルト風になっています。かわいいだけでなく座り心地の良いシートになっているので、のびのびとくつろぐことができます。

ラパンは見た目の可愛さだけでなく女性に嬉しい小物収納がたくさんついています。ティッシュボックスの収納や紙パックにも対応したドリンクホルダーなど、ちょっとしたものをささっと収納でき、車内でも快適に過ごすことができます。

散りばめられた隠れうさぎ

ラパンという名前の通り、クルマには隠れうさぎがたくさん散りばめられています。エンジンをかけた時にキャラクターが迎えてくれるのはもちろん、誕生日やお正月のイベントの日にはメロディともにお知らせしてくれます。

かわいいウサギマークを見つけた日はハッピーな気持ちになれるかもしれませんね!

価格121万円~
タイプセダン
ボディカラー11色
収納
小物にピッタリな収納
インテリアカラーウサギのようなかわいらしい色合い

スズキ / ラパン G  25.2km/L

ラパンには女性があったら嬉しいと思うものがギュッと詰まっています。ナノイーを搭載したエアコンや紫外線、赤外線をカットするフロントドアガラス、寒い日でも快適なドライブができるシートヒーターと足元ヒーターなど。細やかな気配りで運転が苦手だと思っている方も、きっと楽しく運転できます。

スズキアルトラパンの在庫検索はコチラ

アクティブ女子にぴったり!ハスラーの魅力

スズキ ハスラー

トレンドを抑えたSUV

ハスラーはアウトドアと街中の両方の乗用に適したSUVタイプの自動車です。可愛い見た目だけでなく実用性も高いのが人気の理由で、乗り込むとどこまでも出かけたくなる自動車です。

荷室は汚れや水分を拭き取りやすい素材になっているので、思いっきり遊んだあとの道具をそのまま入れることも可能です。

アンダーボックスは取り外しも可能なので、砂や泥がついても丸ごと洗うことができます。靴などを置くのにとても便利ですね!

大人可愛いデザイン

ハスラーは力強さも備えつつ、ごつごつしすぎない四角いフォルムがとても魅了的です。また、スタイリッシュな外観でありながら、丸目の愛嬌のあるヘッドライトがかわいさをプラスして、大人可愛さを演出しています。

カラーは全11色あり、見るだけで元気をもらえるような、明るくはっきりとしたカラーが中心になっています。

おしゃれで遊び心満載のインテリア

ハスラーはフロントが特徴的です。ナビフレーム・メーター・インパネボックスが同色の枠で囲われており、スタイリッシュでインパクトのある見た目になっています。

インパネボックスは収納だけでなく、開けるとテーブルにもなるのでちょっとした物を置きたいときにとても便利です。

助手席の下はアンダーボックスになっているので、かさばる上着などの収納にも困りません。 乗るたびに、新たな発見がありそうな遊び心満載の内装です!

価格116万円~
タイプワゴン
ボディカラー11色
収納
小物から背の高いものまでがんがん積める収納
インテリアカラー黒を基調としたスタイリッシュな色合い

スズキ / ハスラー   G 25.0km/L 

ハスラーは最近流行のクロスオーバーSUVタイプ(アウトドアと街中の両方の乗用に適したSUV)の軽自動車です。ありそうでなかった新ジャンルのモデルで、遊び心と使い勝手を両立させた、アウトドア好きの女性におすすめの車です。

スズキ ハスラーの在庫検索はコチラ

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ここまで女性に人気の車を紹介してきましたが、好みの車は見つかったでしょうか。いつまでも乗り続けたいと思うようなデザインやインテリアも大切ですよね。

性能や機能も大切ですが、見た目が可愛い、インテリアがおしゃれという理由で選んでも間違いありません。

レディバグでは今回紹介した4車種の未使用車はもちろん、その他の車種も取り揃えております。

なかなか決まらないという方でも、アドバイザーが丁寧にサポート致します。
おしゃれな車の購入を検討されている方は是非レディバグに足を運んで、実車を見に来て下さい!

ワゴンR 在庫検索

ワゴンRを新車で購入するメリット

新車という満足感が得られる

新車の醍醐味と言えばこれですよね。
自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感があります。

オプションやグレードを自由に選択できる

ワゴンRにはノーマルタイプとワゴンRスティングレーと言うエアロパーツが付いたカスタム、2種類のタイプがあります。また上位グレードのターボモデル設定があり好みに合わせてグレードが選べるようになっております。
全5グレードから選べ、カラーバリエーションは14色あるので、選ぶのも楽しいですね。

最新機能付きの車に乗れる

ワゴンRは最新鋭の安全装置であるスズキセーフティサポートが搭載されています。
このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代、やはり安全に使える方が良いですよね。
新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力ですね。

一般的な新車を選ぶメリット

エコカー減税を受けられる

新車を購入することで、エコカー減税を受けることができます。
そのため、自動車重量税・自動車税・軽自動車税を減税することが可能です。

保証が手厚い

新車はとにかく保証が手厚くしっかりしています。
「新車保証」がついてくるので、一般的に新車購入から3~5年以内、もしくは6~10万㎞までが保証対象となります。

新車特約を利用できる

車を維持するにあたって大事なのが、万が一の時の自動車保険で車両保険です。
新車を購入する際には、新車特約という自動車保険を利用することができます。
新車特約は新車購入時に加入できる自動車保険で、全損や半損など購入時価格の50%以上修理費が必要な場合に保険金を受け取ることができます。
楽しいカーライフを過ごすためにも最悪の場合のリスクも考えておきたいですね。

ワゴンR 在庫検索

ワゴンRを新車で購入するデメリット

価格が中古車に比べると高い

軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。
その為、できるだけ安く車を購入したい方にはデメリットです。

納車までに時間がかかる

全方位モニターなどの使い勝手の良いオプションを付ける場合、受注生産に為る為、納車までに時期にもよりますが1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。
いざ購入すると、早く手元にほしいなと思いますが、少々辛抱が必要です。
購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、早く乗りたい場合やどうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

ワゴンRは新型と旧型で好みが分かれる車です。
また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって使用が変わる事があります。
過去に見て良いなと思ったカラーや使用が現行型モデルでない場合もあります。

ワゴンRを中古車で購入するメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ。同じ車種でも上級グレードを狙える

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットはやはり価格の安さです!
2年落ちで走行距離が約2万kmのワゴンR(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。
つまり、新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

ワゴンR 在庫検索

ワゴンRを中古車で購入するデメリット

一定ではないコンディションと使用感の為、自分好みの1台を見つけるのが難しい。

安いから全て吉。ではなく、安いには理由がある。と言う考えを持つ必要があります。
皆さんがお気に入りのものを買った場合、そう簡単に手放さないですよね?それが高価なもので、尚且つ考え抜いた末に購入したものであれば尚更です。
つまり、一度でも手放されているということは何かしらの理由が存在します。
間違った買い物はしたくありませんよね?
ワゴンRに限ったことでは有りませんが、デメリットとして挙げられるのは、まず前オーナーがどのように使っていたかがわかりづらく、コンディションが一定ではないことです。

コンディションだけでなく、ルームクリーニングがされていても使用感があり、アレルギー等がある人は注意が必要です。
ワゴンRは特に一般的に通勤や足替わりとして使われる方が多い車です。
メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかまではわかりません。例え走行距離が少ないからといってもコンディションが良いとは限りません。
また、故障のリスクは当然高くあります。そして修理費用についても同様です。
メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。

購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンス費用や修理費用が別途掛かり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。
ワゴンRを新車や中古で購入する時のメリット・デメリットはなんとなく分かりましたか?それでは最後に、未使用車の紹介をさせて頂きます。

新車や中古車との違いは?

未使用車を一言で表すと「中古車のメリットが詰まったほとんど新車」です!
未使用車とは正式には「登録(届出)済未使用車」と言います。
新車から一度名義登録されただけの車のことで、一般のお客様の手に渡っておらず、誰も乗っていない車の為、ほとんど新車です。
「新古車」と言う言葉は耳馴染みがあると思いますが、新車と勘違いされてしまうリスクがある為現在使えなくなっております。

ワゴンRを未使用車で購入するメリットは早い、安い、安心

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月掛かるとお伝えしましたが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。
これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

新車に比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

状態が良いので安心

ディーラーで試乗や展示に使われていた訳でも無く、中古車のように誰かが所有したものでも有りません。走行内容はテスト走行と移動のみの為に走った距離は10km程で短く、不特定多数の人が触ることが比較的少ないので新車に近い状態になります。
ただし、書類上は一度登録されている為に中古車扱いになります。中古車だと以前の所有者がどこまで整備しているか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もありますが、そう言った心配もなく安心・安全に乗れます。
また、ディーラーで購入した際の新車メーカー保証と同等の保証が、保証継承を済ませることで受けられる様になります。

メリットのまとめ

  • すぐに乗れる(軽未使用車なら最短3日で納車可能!)
  • 新車に比べて安い
  • 誰も使っていないので状態は新車同然で保証があるので安心

ワゴンR 在庫検索

ワゴンRを未使用車で選ぶデメリット

ここまでの説明だと、未使用車のワゴンRにはメリットしかない!!と思いがちですが、もちろんデメリットもあります。

新車に比べて選択の幅が狭い

新車と違い既に生産された車の中から選ぶために、グレードや色があるもの限りとなってしまう。
特に後から付けられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

在庫有る限りになり一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上数に限りが有り、1台限りのものも少なくありません。またワゴンRの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっております。
気に入る車が見つかった場合、次にいつ未使用車として出てくるか分からないので、気に入ったお車が見つかった場合、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が短い

新車のワゴンRを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車の場合、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。

デメリットのまとめ

  • メーカーオプションやボディカラーに制限がある
  • 人気の為すぐに売り切れてしまう
  • 初回車検の有効期間が新車に比べて短い

低価格で安心安全に長く使える車を選びたいと考えている方は未使用車がピッタリです!
では、未使用車を購入する場合どこに行けば良いのでしょうか?

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。
理由としては、未使用車とは決まった定義が無いため、お店によって満たす条件が異なります。
また保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車かが分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

そこで未使用車を購入する為にオススメのお店は、軽未使用車専門店レディバグです。未使用車の条件として、新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。
また、オールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しており、全て最新モデルの為、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります!

妥協せず車選びをしたい方は、是非一度ご来店下さい。

ワゴンR 在庫検索

お役立ち資料ダウンロード

見積りシミュレーション_ワゴンR

ワゴンR の見積シミュレーション比較表それぞれのメリット・デメリットを説明してきましたが、皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、価格シミュレーション表を用意しました。
ワゴンRを新車で買うとき、未使用車で買うとき、中古で買うとき、どれくらい費用がかかるのかをまとめています。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

-->
長年進化し続けるスズキワゴンR、その魅力とは何なのか?

カテゴリ:スズキ 車種カタログ

ワゴンRを新車・未使用車・中古車で買うメリット・デメリット

ワゴンRを新車・未使用車・中古車で買うメリット・デメリット

車の購入をしようと考えた時に、まず決めるのは車種ですよね?
その後に、新車で買おうか、中古で買おうか考えると思いますが、最近だと「新車」「中古」だけでなく聞き馴染みのない「未使用車」と言う選択肢が出てきます。

未使用車って何?新車や中古車とどう違うの?
未使用車ってなんで安いの?
そんな気になる疑問や車を購入する前に押さえておきたいそれぞれのメリット&デメリットを解説します!

ワゴンR 在庫検索

ワゴンRを新車で購入するメリット

新車という満足感が得られる

新車の醍醐味と言えばこれですよね。
自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感があります。

オプションやグレードを自由に選択できる

ワゴンRにはノーマルタイプとワゴンRスティングレーと言うエアロパーツが付いたカスタム、2種類のタイプがあります。また上位グレードのターボモデル設定があり好みに合わせてグレードが選べるようになっております。
全5グレードから選べ、カラーバリエーションは14色あるので、選ぶのも楽しいですね。

最新機能付きの車に乗れる

ワゴンRは最新鋭の安全装置であるスズキセーフティサポートが搭載されています。
このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代、やはり安全に使える方が良いですよね。
新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力ですね。

一般的な新車を選ぶメリット

エコカー減税を受けられる

新車を購入することで、エコカー減税を受けることができます。
そのため、自動車重量税・自動車税・軽自動車税を減税することが可能です。

保証が手厚い

新車はとにかく保証が手厚くしっかりしています。
「新車保証」がついてくるので、一般的に新車購入から3~5年以内、もしくは6~10万㎞までが保証対象となります。

新車特約を利用できる

車を維持するにあたって大事なのが、万が一の時の自動車保険で車両保険です。
新車を購入する際には、新車特約という自動車保険を利用することができます。
新車特約は新車購入時に加入できる自動車保険で、全損や半損など購入時価格の50%以上修理費が必要な場合に保険金を受け取ることができます。
楽しいカーライフを過ごすためにも最悪の場合のリスクも考えておきたいですね。

ワゴンR 在庫検索

ワゴンRを新車で購入するデメリット

価格が中古車に比べると高い

軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。
その為、できるだけ安く車を購入したい方にはデメリットです。

納車までに時間がかかる

全方位モニターなどの使い勝手の良いオプションを付ける場合、受注生産に為る為、納車までに時期にもよりますが1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。
いざ購入すると、早く手元にほしいなと思いますが、少々辛抱が必要です。
購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、早く乗りたい場合やどうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

ワゴンRは新型と旧型で好みが分かれる車です。
また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって使用が変わる事があります。
過去に見て良いなと思ったカラーや使用が現行型モデルでない場合もあります。

ワゴンRを中古車で購入するメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ。同じ車種でも上級グレードを狙える

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットはやはり価格の安さです!
2年落ちで走行距離が約2万kmのワゴンR(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。
つまり、新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

ワゴンR 在庫検索

ワゴンRを中古車で購入するデメリット

一定ではないコンディションと使用感の為、自分好みの1台を見つけるのが難しい。

安いから全て吉。ではなく、安いには理由がある。と言う考えを持つ必要があります。
皆さんがお気に入りのものを買った場合、そう簡単に手放さないですよね?それが高価なもので、尚且つ考え抜いた末に購入したものであれば尚更です。
つまり、一度でも手放されているということは何かしらの理由が存在します。
間違った買い物はしたくありませんよね?
ワゴンRに限ったことでは有りませんが、デメリットとして挙げられるのは、まず前オーナーがどのように使っていたかがわかりづらく、コンディションが一定ではないことです。

コンディションだけでなく、ルームクリーニングがされていても使用感があり、アレルギー等がある人は注意が必要です。
ワゴンRは特に一般的に通勤や足替わりとして使われる方が多い車です。
メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかまではわかりません。例え走行距離が少ないからといってもコンディションが良いとは限りません。
また、故障のリスクは当然高くあります。そして修理費用についても同様です。
メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。

購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンス費用や修理費用が別途掛かり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。
ワゴンRを新車や中古で購入する時のメリット・デメリットはなんとなく分かりましたか?それでは最後に、未使用車の紹介をさせて頂きます。

新車や中古車との違いは?

未使用車を一言で表すと「中古車のメリットが詰まったほとんど新車」です!
未使用車とは正式には「登録(届出)済未使用車」と言います。
新車から一度名義登録されただけの車のことで、一般のお客様の手に渡っておらず、誰も乗っていない車の為、ほとんど新車です。
「新古車」と言う言葉は耳馴染みがあると思いますが、新車と勘違いされてしまうリスクがある為現在使えなくなっております。

ワゴンRを未使用車で購入するメリットは早い、安い、安心

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月掛かるとお伝えしましたが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。
これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

新車に比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

状態が良いので安心

ディーラーで試乗や展示に使われていた訳でも無く、中古車のように誰かが所有したものでも有りません。走行内容はテスト走行と移動のみの為に走った距離は10km程で短く、不特定多数の人が触ることが比較的少ないので新車に近い状態になります。
ただし、書類上は一度登録されている為に中古車扱いになります。中古車だと以前の所有者がどこまで整備しているか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もありますが、そう言った心配もなく安心・安全に乗れます。
また、ディーラーで購入した際の新車メーカー保証と同等の保証が、保証継承を済ませることで受けられる様になります。

メリットのまとめ

  • すぐに乗れる(軽未使用車なら最短3日で納車可能!)
  • 新車に比べて安い
  • 誰も使っていないので状態は新車同然で保証があるので安心

ワゴンR 在庫検索

ワゴンRを未使用車で選ぶデメリット

ここまでの説明だと、未使用車のワゴンRにはメリットしかない!!と思いがちですが、もちろんデメリットもあります。

新車に比べて選択の幅が狭い

新車と違い既に生産された車の中から選ぶために、グレードや色があるもの限りとなってしまう。
特に後から付けられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

在庫有る限りになり一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上数に限りが有り、1台限りのものも少なくありません。またワゴンRの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっております。
気に入る車が見つかった場合、次にいつ未使用車として出てくるか分からないので、気に入ったお車が見つかった場合、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が短い

新車のワゴンRを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車の場合、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。

デメリットのまとめ

  • メーカーオプションやボディカラーに制限がある
  • 人気の為すぐに売り切れてしまう
  • 初回車検の有効期間が新車に比べて短い

低価格で安心安全に長く使える車を選びたいと考えている方は未使用車がピッタリです!
では、未使用車を購入する場合どこに行けば良いのでしょうか?

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。
理由としては、未使用車とは決まった定義が無いため、お店によって満たす条件が異なります。
また保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車かが分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

そこで未使用車を購入する為にオススメのお店は、軽未使用車専門店レディバグです。未使用車の条件として、新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。
また、オールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しており、全て最新モデルの為、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります!

妥協せず車選びをしたい方は、是非一度ご来店下さい。

ワゴンR 在庫検索

お役立ち資料ダウンロード

見積りシミュレーション_ワゴンR

ワゴンR の見積シミュレーション比較表それぞれのメリット・デメリットを説明してきましたが、皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、価格シミュレーション表を用意しました。
ワゴンRを新車で買うとき、未使用車で買うとき、中古で買うとき、どれくらい費用がかかるのかをまとめています。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

オプションやグレードを自由に選択できる

デイズにはノーマルタイプとハイウェイスターと言うエアロパーツが付いたカスタム、2種類のタイプがあります。
また上位グレードのターボモデルやかわいらしいスタイルのボレロ、シックなアーバンクロームと言った好みに合わせて全6グレードから選べるようになっています。
カラーバリエーションはシンプルで輝きのある色で、1トーン2トーン合わせて18色あるので、選ぶのも楽しいですね。

デイズ エマージェンシー

出典:http://www.nissan.co.jp/

最新機能付きの車に乗れる

デイズは最新鋭の安全装置であるエマージェンシーブレーキが搭載されています。
このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代、やはり安全に使える方が良いですよね。
また、フロントエアバックだけでなくサイドエアバックも標準装備の為、心配される横転時にも車内の人が守られる様になっています。
新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力的ですね。

デイズを新車で購入するデメリット

中古車・未使用車に比べて価格が高い

デイズの様な人気車は、価格交渉をしても下がりません。そもそも軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。
その為、できるだけ安く車を購入したい方にはデメリットです。

納車までに時間がかかる

内装の色を変えたり、シートヒーターなど使い勝手の良いオプションを付ける場合、受注生産に為る為、納車までに時期にもよりますが1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。
いざ購入すると、早く手元にほしいなと思いますが、少々辛抱が必要です。
購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、早く乗りたい場合やどうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

デイズは新型と旧型で好みが分かれる車です。
また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって使用が変わる事があります。
過去に見て良いなと思ったカラーや使用が現行型モデルでない場合もあります。

デイズ 内装

出典:http://www.nissan.co.jp/

デイズを中古車で購入するメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ。同じ車種でも上級グレードを狙える

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットはやはり価格の安さです!
2年落ちで走行距離が約2万kmのデイズ(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。
つまり、未使用車・新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

デイズを中古車で購入するデメリット

安いから全て吉。でななく、安いには理由がある。と言う考えを持つ必要があります。

旧型のモデルのものが多い

デイズは現在のモデルから一気に安全性能などが進化して人気となった車です。そのため中古車で出回っている旧型のモデルとは機能や使い勝手がかなり異なってきます。
新型モデルの機能や使い勝手を求めている方は、中古車で好みの一台を探すのは難しいです。

コンディションが一定ではない

デイズに限ったことでは有りませんが、デメリットとして挙げられるのは、まず前オーナーがどのように使っていたかがわかりづらく、コンディションが一定ではないことです。コンディションだけでなく、ルームクリーニングがされていても使用感があり、アレルギー等がある人は注意が必要です。

デイズは特に一般的に通勤や足替わりとして使われる方が多い車です。
メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかまではわかりません。例え走行距離が少ないからといってもコンディションが良いとは限りません。

故障のリスク

故障のリスクは当然高くあります。そして修理費用についても同様です。

メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。
購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンス費用や修理費用が別途掛かり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

デイズ 全体写真

出典:http://www.nissan.co.jp/

未使用車とは。新車や中古車との違いは?

デイズを新車や中古車で購入する時のメリット・デメリットはなんとなく分かりましたか?それでは最後に、未使用車の紹介をさせて頂きます。

未使用車を一言で表すと「中古車のメリットが詰まったほとんど新車」です!
未使用車とは正式には「登録(届出)済未使用車」と言います。
新車から一度名義登録されただけの車のことで、一般のお客様の手に渡っておらず、誰も乗っていない車の為、ほとんど新車です。
「新古車」と言う言葉は耳馴染みがあると思いますが、新車と勘違いされてしまうリスクがある為現在使えなくなっております。

デイズを未使用車で購入するメリット

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月掛かるとお伝えしましたが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。
これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

新車に比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

デイズSは新車だと約130万円ですが、未使用車だと約95万円で購入できるものもあります。
新車に近い状態のものが安く購入できるのは未使用車ならではの大きなメリットです。

状態が良いので安心

ディーラーで試乗や展示に使われていた訳でも無く、中古車のように誰かが所有したものでも有りません。走行内容はテスト走行と移動のみの為に走った距離は10km程で短く、不特定多数の人が触ることが比較的少ないので新車に近い状態になります。

ただし、書類上は一度登録されている為に中古車扱いになります。中古車だと以前の所有者がどこまで整備しているか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もありますが、そう言った心配もなく安心・安全に乗れます。
また、ディーラーで購入した際の新車メーカー保証と同等の保証が、保証継承を済ませることで受けられる様になります。

メリットのまとめ

  • すぐに乗れる―デイズ(軽未使用車)なら最短3日で納車可能!
  • 新車に比べて安い
  • 誰も使っていないので状態は新車同然で保証があるので安心

デイズを未使用車で選ぶデメリット

ここまでの説明だと、未使用車のデイズにはメリットしかない!!と思いがちですが、もちろんデメリットもあります。

新車に比べて選択の幅が狭い

新車と違い既に生産された車の中から選ぶために、グレードや色があるもの限りとなってしまう。
特に後から付けられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

オプションや色などにこだわりがある方は、完璧な一台と出会う可能性が低いかも知れません。

在庫限りであり一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上数に限りが有り、1台限りのものも少なくありません。またデイズの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっております。
気に入る車が見つかった場合、次にいつ未使用車として出てくるか分からないので、気に入ったお車が見つかった場合、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が短い

新車のデイズを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車の場合、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。

未使用車の車検期間は、車によってそれぞれなのでしっかりと確認する必要があります。

デメリットのまとめ

  • メーカーオプションやボディカラーに制限がある
  • 人気の為すぐに売り切れてしまう
  • 初回車検の有効期間が新車に比べて短い

低価格で安心安全に長く使える車を選びたいと考えている方は未使用車がピッタリです!
では、未使用車を購入する場合どこに行けば良いのでしょうか?

レディバグ デイズ

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。

理由としては、保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車かが分からず、購入後のリスクが高くなるためです。未使用車とは決まった定義が無く、お店によって満たす条件が異なります。

未使用車を購入するには、軽未使用車専門店レディバグがおすすめです。
レディバグでは、未使用車の条件として、「新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車」と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。

また、オールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しており、全て最新モデルの為、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります!

妥協せず車選びをしたい方は、是非一度ご来店下さい。

お役立ち資料ダウンロード

見積りシミュレーション_デイズ

デイズ の見積シミュレーション比較表それぞれのメリット・デメリットを説明してきましたが、皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、価格シミュレーション表を用意しました。
デイズを新車で買うとき、未使用車で買うとき、中古で買うとき、どれくらい費用がかかるのかをまとめています。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

-->

カテゴリ:ニッサン 車種カタログ

デイズを新車・未使用車・中古車で買うメリットデメリット

デイズ

車の購入をしようと考えた時に、まず決めるのは車種ですよね。

その後に、新車で買おうか、中古で買おうか考えると思いますが、最近だと「新車」「中古車」だけでなく聞き馴染みのない「未使用車(新古車)」と言う選択肢が出てきます。

今回の記事では、気になる疑問や車を購入する前に押さえておきたいポイントをデイズの魅力とともにそれぞれのメリット&デメリットを押さえながらご紹介します!

デイズとは

日産デイズは軽自動車初のプロパイロットを搭載した車で、誰でも安心して乗ることができる車です。SOSコールも搭載しているので、高性能の位置情報、センサー情報とともに専門のオペレーターに繋がります。

見た目はシンプルながらかわいらしさも兼ね備えており、飽きのこないデザインです。
小回りも効き、上質な乗り心地も持ち合わせているので、ちょっとした街乗りや長時間の運転にも最適です。

デイズを新車で購入するメリット

オプションやグレードを自由に選択できる

デイズにはノーマルタイプとハイウェイスターと言うエアロパーツが付いたカスタム、2種類のタイプがあります。
また上位グレードのターボモデルやかわいらしいスタイルのボレロ、シックなアーバンクロームと言った好みに合わせて全6グレードから選べるようになっています。
カラーバリエーションはシンプルで輝きのある色で、1トーン2トーン合わせて18色あるので、選ぶのも楽しいですね。

デイズ エマージェンシー

出典:http://www.nissan.co.jp/

最新機能付きの車に乗れる

デイズは最新鋭の安全装置であるエマージェンシーブレーキが搭載されています。
このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代、やはり安全に使える方が良いですよね。
また、フロントエアバックだけでなくサイドエアバックも標準装備の為、心配される横転時にも車内の人が守られる様になっています。
新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力的ですね。

デイズを新車で購入するデメリット

中古車・未使用車に比べて価格が高い

デイズの様な人気車は、価格交渉をしても下がりません。そもそも軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。
その為、できるだけ安く車を購入したい方にはデメリットです。

納車までに時間がかかる

内装の色を変えたり、シートヒーターなど使い勝手の良いオプションを付ける場合、受注生産に為る為、納車までに時期にもよりますが1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。
いざ購入すると、早く手元にほしいなと思いますが、少々辛抱が必要です。
購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、早く乗りたい場合やどうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

デイズは新型と旧型で好みが分かれる車です。
また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって使用が変わる事があります。
過去に見て良いなと思ったカラーや使用が現行型モデルでない場合もあります。

デイズ 内装

出典:http://www.nissan.co.jp/

デイズを中古車で購入するメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ。同じ車種でも上級グレードを狙える

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットはやはり価格の安さです!
2年落ちで走行距離が約2万kmのデイズ(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。
つまり、未使用車・新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

デイズを中古車で購入するデメリット

安いから全て吉。でななく、安いには理由がある。と言う考えを持つ必要があります。

旧型のモデルのものが多い

デイズは現在のモデルから一気に安全性能などが進化して人気となった車です。そのため中古車で出回っている旧型のモデルとは機能や使い勝手がかなり異なってきます。
新型モデルの機能や使い勝手を求めている方は、中古車で好みの一台を探すのは難しいです。

コンディションが一定ではない

デイズに限ったことでは有りませんが、デメリットとして挙げられるのは、まず前オーナーがどのように使っていたかがわかりづらく、コンディションが一定ではないことです。コンディションだけでなく、ルームクリーニングがされていても使用感があり、アレルギー等がある人は注意が必要です。

デイズは特に一般的に通勤や足替わりとして使われる方が多い車です。
メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかまではわかりません。例え走行距離が少ないからといってもコンディションが良いとは限りません。

故障のリスク

故障のリスクは当然高くあります。そして修理費用についても同様です。

メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。
購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンス費用や修理費用が別途掛かり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

デイズ 全体写真

出典:http://www.nissan.co.jp/

未使用車とは。新車や中古車との違いは?

デイズを新車や中古車で購入する時のメリット・デメリットはなんとなく分かりましたか?それでは最後に、未使用車の紹介をさせて頂きます。

未使用車を一言で表すと「中古車のメリットが詰まったほとんど新車」です!
未使用車とは正式には「登録(届出)済未使用車」と言います。
新車から一度名義登録されただけの車のことで、一般のお客様の手に渡っておらず、誰も乗っていない車の為、ほとんど新車です。
「新古車」と言う言葉は耳馴染みがあると思いますが、新車と勘違いされてしまうリスクがある為現在使えなくなっております。

デイズを未使用車で購入するメリット

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月掛かるとお伝えしましたが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。
これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

新車に比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

デイズSは新車だと約130万円ですが、未使用車だと約95万円で購入できるものもあります。
新車に近い状態のものが安く購入できるのは未使用車ならではの大きなメリットです。

状態が良いので安心

ディーラーで試乗や展示に使われていた訳でも無く、中古車のように誰かが所有したものでも有りません。走行内容はテスト走行と移動のみの為に走った距離は10km程で短く、不特定多数の人が触ることが比較的少ないので新車に近い状態になります。

ただし、書類上は一度登録されている為に中古車扱いになります。中古車だと以前の所有者がどこまで整備しているか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もありますが、そう言った心配もなく安心・安全に乗れます。
また、ディーラーで購入した際の新車メーカー保証と同等の保証が、保証継承を済ませることで受けられる様になります。

メリットのまとめ

  • すぐに乗れる―デイズ(軽未使用車)なら最短3日で納車可能!
  • 新車に比べて安い
  • 誰も使っていないので状態は新車同然で保証があるので安心

デイズを未使用車で選ぶデメリット

ここまでの説明だと、未使用車のデイズにはメリットしかない!!と思いがちですが、もちろんデメリットもあります。

新車に比べて選択の幅が狭い

新車と違い既に生産された車の中から選ぶために、グレードや色があるもの限りとなってしまう。
特に後から付けられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

オプションや色などにこだわりがある方は、完璧な一台と出会う可能性が低いかも知れません。

在庫限りであり一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上数に限りが有り、1台限りのものも少なくありません。またデイズの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっております。
気に入る車が見つかった場合、次にいつ未使用車として出てくるか分からないので、気に入ったお車が見つかった場合、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が短い

新車のデイズを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車の場合、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。

未使用車の車検期間は、車によってそれぞれなのでしっかりと確認する必要があります。

デメリットのまとめ

  • メーカーオプションやボディカラーに制限がある
  • 人気の為すぐに売り切れてしまう
  • 初回車検の有効期間が新車に比べて短い

低価格で安心安全に長く使える車を選びたいと考えている方は未使用車がピッタリです!
では、未使用車を購入する場合どこに行けば良いのでしょうか?

レディバグ デイズ

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。

理由としては、保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車かが分からず、購入後のリスクが高くなるためです。未使用車とは決まった定義が無く、お店によって満たす条件が異なります。

未使用車を購入するには、軽未使用車専門店レディバグがおすすめです。
レディバグでは、未使用車の条件として、「新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車」と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。

また、オールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しており、全て最新モデルの為、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります!

妥協せず車選びをしたい方は、是非一度ご来店下さい。

お役立ち資料ダウンロード

見積りシミュレーション_デイズ

デイズ の見積シミュレーション比較表それぞれのメリット・デメリットを説明してきましたが、皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、価格シミュレーション表を用意しました。
デイズを新車で買うとき、未使用車で買うとき、中古で買うとき、どれくらい費用がかかるのかをまとめています。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

スペーシア在庫検索

スペーシアとは

 

 

スペーシアはスズキが2013年に販売を開始したハイトワゴンタイプの軽自動車です。

広い車内空間と低燃費のハイブリッドエンジンを備えているので、小さいお子様がいる子育て家族に人気の車です。

パレットの後継モデルで、3代目の現行モデルは、全高約180㎝の高身長な車で、ハイブリッドシステムが搭載されています。

2020年8月には、前方を走行する車両を自動で追従するアダプティブクルーズコントロールシステムが搭載されました。

詳しくは、こちらの記事で紹介していますので、 スズキスペーシアってどんな車?人気の理由と乗り心地を紹介 をみて下さい。

スペーシアの魅力

スペーシアは、ファミリーカーとしても、通勤利用としてもプライベートの趣味としても使える魅力的うな車です。

希望にあった自分の勝手の良いものが選べますので、好みのオプションパーツを付けて自分だけの1台をつくることが出来ます。

ファミリーカーとして使う場合のオススメは、高グレードを選ぶことです。

その理由は、後部座席にサーキュレーターやロールサンシェードが標準装備になり、同乗者に優しく長距離や長時間の移動でも車内で快適に過ごすことが可能です。

新車 未使用車 中古車で買うメリット

スペーシアを新車 未使用車 中古車で買うメリットをご紹介します。

新車で買う場合のメリット

★メーカーオプションやグレードを自由に選択できる

オプションには生産時にしか取り付けができないメーカーオプションと後付が可能なディーラーオプションの2種類があります。

新車は自分好みのメーカーオプションを追加することで内装や装備にこだわることができます。

スペーシアはノーマルタイプとカスタムタイプ、アウトドアでも使える3タイプがあり、ノーマルタイプのスペーシアは全2グレードでカラーは13色の設定です。

カスタムタイプは全3グレードで、カラーは11色の設定。

そして、スペーシアギアと言うトレンドのSUVモデルもあり、全2グレードで、カラーは9色の設定です。

好きな色を選べるのが新車で買う場合のメリットです。

 

★最新機能付きの車に乗れる

スペーシアは最新鋭の安全装置であるスズキセーフティサポートが搭載されています。

フロントだけではなく、サイドエアバックもグレードによっては標準装備の為、横転時や横からの衝突でも安心です。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力的ですね。

最新の車両は未使用車や中古車として、市場に出回らないことが多く、最新機能付きの車にすぐ乗れるのが、新車で買う場合のメリットです。

未使用車で買う場合のメリット

★一切誰も使っていない新車という満足感が得られる

未使用車は書類上中古車扱いですが、誰も使っていないため新車と同じ状態ですので、新車を購入と同じような感覚を味わえます。

自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感は新車・未使用車ならではです。

 

★納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月程掛かかりますが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。

これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びる場合があります。

 

★新車と比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。

新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約15万~20万円安く購入できます。

 

★状態が良いので安心

未使用車は、中古車のように複数のオーナー履歴があったり、店頭に長年展示されないため、書類上は中古車扱いなだけで新車同然です。

中古車だと以前の所有者がどこまで整備していたのか不明だったり、ボディに傷やシートの汚れ、車内にタバコの臭いがついている可能性もありますが、未使用車はその様な心配をする必要がりません。

また、ディーラーで購入した際のメーカー保証と同等の保証が、販売店の自社保証として付くので、安心安全を求める方にオススメです。

中古車で買う場合のメリット

★乗出し金額が抑えられる価格の安さ

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットは価格の安さです。

旧型モデルの2年落ちで走行距離が約2万kmのスペーシアの場合、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。

 

★契約から納車までが早い

中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

しかし、新車の場合は購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要があります、未使用車は整備が必要ない分中古車と比べても納車が早いと言えます。

スペーシア在庫検索

スペーシアを新車・未使用車・中古車で買うデメリット

新車で買う場合のデメリット

★人気車のため値引きが一切ない

軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。

その為、できるだけ安く車を購入したい方にとってはデメリットです。

 

★納車まで時間がかかる

基本的に注文生産の為、時期にもよりますが納車まで1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。

また、車を生産するメーカーの動向により生産が左右される為、場合によっては半年以上かかることもあります。

更に、生産時にしか注文できないメーカーオプションを追加すると完全受注生産と為るため納期が遅れる傾向がございます。

契約をすると早く手元にほしい!と思いますが、少々辛抱が必要です。

 

★生産が終了した車は購入できない

カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって仕様が変わることがあります。

ブレイブカーキパールやアクティブイエロー、ツールグリーンやフェニックスレッドパールなど、惜しくも現在生産されていないカラーの車両は新車では購入が出来ない為、中古車で探さなくてはなりません。

つまり、過去に見て良いと思ったカラーや仕様が現行型モデルのスペーシアで設定が無くなっている場合もある為、新車での購入が出来ません。

未使用車で買う場合のデメリット

★新車に比べて選択肢の幅が狭い

新車と違い、既に生産された車のみを取り扱うため、グレードや色があるもの限りとなってしまいます。

特に後から付けられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

ただし、メーカーオプションが付くということはその分価格も高くなるので、汎用的なグレードで十分という方にとっては未使用車でも希望の車が見つかりやすいです。

 

★在庫限りになり、一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上、数に限りがあり、1台限りのものも少なくありません。

気に入った車が見つかった場合、次にいつ同じ様に未使用車として出てくるか分からないので、その時に選ぶのが一番オススメです。

 

★車検の有効期間が少し短い

新車のスペーシアを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車は、一度名義登録している為、少し車検期間が短くなっています。

中古車で買う場合のデメリット

★前オーナーがどう使っていたのか不明

中古車はルームクリーニングがされていても使用感があります。また、アレルギー等がある人は注意が必要です。

前のオーナーがペットを飼っており、犬や猫の毛が原因でアレルギー症状してしまうケースがあります。

メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかは分かりません。

その為、故障のリスクがあります。

 

★保証を付けるのが難しい

購入する車が新車登録から5年且つ10万km未満の車の場合、メーカーの保証継承をすることができますが、大抵の車両は経過年数が長く、メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。

中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かく有償など、販売店によって対応はまちまちです。

メーカーの保証継承が出来る場合も中古車販売店は進んでしてくれません。

なぜならば、保証継承をしないで、自社の保証を付けることでメンテナンスに掛かる費用もからも利益を取りたいと考えているからです。

この様な背景から購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンスや修理が必要となり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

 

★市場に出回る台数が少ない。

人気車種は未使用車と同じく、市場に出回る数が少ないです。また、需要が高まりから価格も高騰しております。

その為、状態の良い車両を選ぼうとすると想定よりも高い車を購入することになります。

このことから、相場よりも価格の安い車を見つけた時は、何らかの理由がある車のだと考え、注意が必要です。

乗り出しを安く抑えることが出来るメリットはありますが、新車や未使用車にない、後ほど実費負担があると言うリスクがあります。

今回、中古車と未使用車を分けて書かせて頂きましたが、未使用車も中古車の分類の為、未使用車のデメリットも同様に当てはまります。

スペーシアの未使用車はどこで買えるの?

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。

未使用車とは実は決まった定義がなく、お店によって定義している条件が異なります。

また、未使用車は基本的にすぐには流通させず、生産し登録されてから半年や1年近く経った後に入庫してくる場合がほとんどです。

しかし、稀にですが登録から1ヶ月程しか経っていない未使用車がディーラーからおろされて出回る場合があります。

 

その為、登録されて間もない未使用車が見つかった場合はかなりラッキーです!

在庫保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車か分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

在庫保有台数の多い未使用車店は、仕入れが安定しており正規ディーラーから直接仕入れが出来ていると言っても間違い無いです。

その為、安価で安心して購入出来る未使用車を検討している場合は、お近くにある保有台数の多い未使用車専門店に行ってみることをオススメします!

近くに欲しい未使用車が無かった場合

未使用車専門店は全国的に見ても店舗数が多くありません。

そこで、遠方の為来店が困難な方には、オンライン商談を実施しております。

オンライン商談とは、電話やメール、LINEを使ったお車のご案内です。

レディバグONLINEはこちらから⇒https://e-ladybug.jp/lb_online.html

是非、ご興味がある方はお気軽にご相談下さい!

スペーシア在庫検索

お役立ち資料ダウンロード

スペーシアのワクワク比較表

スペーシアのワクワク比較表皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、スペーシア・スペーシアカスタム・スペーシアギアの装備やオプションをまとめた比較表を用意しました。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

-->
スペーシアを新車未使用車中古車で買うメリットデメリット

カテゴリ:スズキ 車種カタログ

スペーシアを新車未使用車中古車で買うメリットデメリット

スペーシアを新車未使用車中古車で買うメリットデメリット

車の購入を考えた時に、多くの方が新車で買おうか、中古で買おうか迷うのではないでしょうか。
今回の記事は、スペーシアの購入を考えている方に、新車 中古車 未使用車ならどれを買うのが良いのか、それぞれのメリットデメリットをご説明します。
また、記事の最後には、ワクワクするスペーシアのグレード比較表を用意致しましたので、参考にしいただけましたら幸いです。

 

スペーシア在庫検索

スペーシアとは

 

 

スペーシアはスズキが2013年に販売を開始したハイトワゴンタイプの軽自動車です。

広い車内空間と低燃費のハイブリッドエンジンを備えているので、小さいお子様がいる子育て家族に人気の車です。

パレットの後継モデルで、3代目の現行モデルは、全高約180㎝の高身長な車で、ハイブリッドシステムが搭載されています。

2020年8月には、前方を走行する車両を自動で追従するアダプティブクルーズコントロールシステムが搭載されました。

詳しくは、こちらの記事で紹介していますので、 スズキスペーシアってどんな車?人気の理由と乗り心地を紹介 をみて下さい。

スペーシアの魅力

スペーシアは、ファミリーカーとしても、通勤利用としてもプライベートの趣味としても使える魅力的うな車です。

希望にあった自分の勝手の良いものが選べますので、好みのオプションパーツを付けて自分だけの1台をつくることが出来ます。

ファミリーカーとして使う場合のオススメは、高グレードを選ぶことです。

その理由は、後部座席にサーキュレーターやロールサンシェードが標準装備になり、同乗者に優しく長距離や長時間の移動でも車内で快適に過ごすことが可能です。

新車 未使用車 中古車で買うメリット

スペーシアを新車 未使用車 中古車で買うメリットをご紹介します。

新車で買う場合のメリット

★メーカーオプションやグレードを自由に選択できる

オプションには生産時にしか取り付けができないメーカーオプションと後付が可能なディーラーオプションの2種類があります。

新車は自分好みのメーカーオプションを追加することで内装や装備にこだわることができます。

スペーシアはノーマルタイプとカスタムタイプ、アウトドアでも使える3タイプがあり、ノーマルタイプのスペーシアは全2グレードでカラーは13色の設定です。

カスタムタイプは全3グレードで、カラーは11色の設定。

そして、スペーシアギアと言うトレンドのSUVモデルもあり、全2グレードで、カラーは9色の設定です。

好きな色を選べるのが新車で買う場合のメリットです。

 

★最新機能付きの車に乗れる

スペーシアは最新鋭の安全装置であるスズキセーフティサポートが搭載されています。

フロントだけではなく、サイドエアバックもグレードによっては標準装備の為、横転時や横からの衝突でも安心です。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力的ですね。

最新の車両は未使用車や中古車として、市場に出回らないことが多く、最新機能付きの車にすぐ乗れるのが、新車で買う場合のメリットです。

未使用車で買う場合のメリット

★一切誰も使っていない新車という満足感が得られる

未使用車は書類上中古車扱いですが、誰も使っていないため新車と同じ状態ですので、新車を購入と同じような感覚を味わえます。

自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感は新車・未使用車ならではです。

 

★納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月程掛かかりますが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。

これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びる場合があります。

 

★新車と比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。

新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約15万~20万円安く購入できます。

 

★状態が良いので安心

未使用車は、中古車のように複数のオーナー履歴があったり、店頭に長年展示されないため、書類上は中古車扱いなだけで新車同然です。

中古車だと以前の所有者がどこまで整備していたのか不明だったり、ボディに傷やシートの汚れ、車内にタバコの臭いがついている可能性もありますが、未使用車はその様な心配をする必要がりません。

また、ディーラーで購入した際のメーカー保証と同等の保証が、販売店の自社保証として付くので、安心安全を求める方にオススメです。

中古車で買う場合のメリット

★乗出し金額が抑えられる価格の安さ

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットは価格の安さです。

旧型モデルの2年落ちで走行距離が約2万kmのスペーシアの場合、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。

 

★契約から納車までが早い

中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

しかし、新車の場合は購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要があります、未使用車は整備が必要ない分中古車と比べても納車が早いと言えます。

スペーシア在庫検索

スペーシアを新車・未使用車・中古車で買うデメリット

新車で買う場合のデメリット

★人気車のため値引きが一切ない

軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。

その為、できるだけ安く車を購入したい方にとってはデメリットです。

 

★納車まで時間がかかる

基本的に注文生産の為、時期にもよりますが納車まで1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。

また、車を生産するメーカーの動向により生産が左右される為、場合によっては半年以上かかることもあります。

更に、生産時にしか注文できないメーカーオプションを追加すると完全受注生産と為るため納期が遅れる傾向がございます。

契約をすると早く手元にほしい!と思いますが、少々辛抱が必要です。

 

★生産が終了した車は購入できない

カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって仕様が変わることがあります。

ブレイブカーキパールやアクティブイエロー、ツールグリーンやフェニックスレッドパールなど、惜しくも現在生産されていないカラーの車両は新車では購入が出来ない為、中古車で探さなくてはなりません。

つまり、過去に見て良いと思ったカラーや仕様が現行型モデルのスペーシアで設定が無くなっている場合もある為、新車での購入が出来ません。

未使用車で買う場合のデメリット

★新車に比べて選択肢の幅が狭い

新車と違い、既に生産された車のみを取り扱うため、グレードや色があるもの限りとなってしまいます。

特に後から付けられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

ただし、メーカーオプションが付くということはその分価格も高くなるので、汎用的なグレードで十分という方にとっては未使用車でも希望の車が見つかりやすいです。

 

★在庫限りになり、一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上、数に限りがあり、1台限りのものも少なくありません。

気に入った車が見つかった場合、次にいつ同じ様に未使用車として出てくるか分からないので、その時に選ぶのが一番オススメです。

 

★車検の有効期間が少し短い

新車のスペーシアを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車は、一度名義登録している為、少し車検期間が短くなっています。

中古車で買う場合のデメリット

★前オーナーがどう使っていたのか不明

中古車はルームクリーニングがされていても使用感があります。また、アレルギー等がある人は注意が必要です。

前のオーナーがペットを飼っており、犬や猫の毛が原因でアレルギー症状してしまうケースがあります。

メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかは分かりません。

その為、故障のリスクがあります。

 

★保証を付けるのが難しい

購入する車が新車登録から5年且つ10万km未満の車の場合、メーカーの保証継承をすることができますが、大抵の車両は経過年数が長く、メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。

中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かく有償など、販売店によって対応はまちまちです。

メーカーの保証継承が出来る場合も中古車販売店は進んでしてくれません。

なぜならば、保証継承をしないで、自社の保証を付けることでメンテナンスに掛かる費用もからも利益を取りたいと考えているからです。

この様な背景から購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンスや修理が必要となり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

 

★市場に出回る台数が少ない。

人気車種は未使用車と同じく、市場に出回る数が少ないです。また、需要が高まりから価格も高騰しております。

その為、状態の良い車両を選ぼうとすると想定よりも高い車を購入することになります。

このことから、相場よりも価格の安い車を見つけた時は、何らかの理由がある車のだと考え、注意が必要です。

乗り出しを安く抑えることが出来るメリットはありますが、新車や未使用車にない、後ほど実費負担があると言うリスクがあります。

今回、中古車と未使用車を分けて書かせて頂きましたが、未使用車も中古車の分類の為、未使用車のデメリットも同様に当てはまります。

スペーシアの未使用車はどこで買えるの?

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。

未使用車とは実は決まった定義がなく、お店によって定義している条件が異なります。

また、未使用車は基本的にすぐには流通させず、生産し登録されてから半年や1年近く経った後に入庫してくる場合がほとんどです。

しかし、稀にですが登録から1ヶ月程しか経っていない未使用車がディーラーからおろされて出回る場合があります。

 

その為、登録されて間もない未使用車が見つかった場合はかなりラッキーです!

在庫保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車か分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

在庫保有台数の多い未使用車店は、仕入れが安定しており正規ディーラーから直接仕入れが出来ていると言っても間違い無いです。

その為、安価で安心して購入出来る未使用車を検討している場合は、お近くにある保有台数の多い未使用車専門店に行ってみることをオススメします!

近くに欲しい未使用車が無かった場合

未使用車専門店は全国的に見ても店舗数が多くありません。

そこで、遠方の為来店が困難な方には、オンライン商談を実施しております。

オンライン商談とは、電話やメール、LINEを使ったお車のご案内です。

レディバグONLINEはこちらから⇒https://e-ladybug.jp/lb_online.html

是非、ご興味がある方はお気軽にご相談下さい!

スペーシア在庫検索

お役立ち資料ダウンロード

スペーシアのワクワク比較表

スペーシアのワクワク比較表皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、スペーシア・スペーシアカスタム・スペーシアギアの装備やオプションをまとめた比較表を用意しました。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

ダイハツタントの在庫検索

ファミリーカーの代名詞!
タントを新車・未使用車・中古車で買うメリットデメリット

車の購入を考えた時に、まず決めるのは車種です。

その後に出てくるのは、その車を「どこで」買うかという問題です。新車で買うか、中古で買うか考えると思いますが、最近だと「新車」「中古」だけでなく「未使用車」と言う選択肢も存在します。

未使用車って何?新車や中古車とどう違うの?どれを選べば満足できるの?

新車、中古車、未使用車それぞれに特徴があり、どれが一番良いのか断言する事はできません。選択のポイントは、自分が何を重視するかという点です。満足した買い物ができるよう、気になる疑問や車を購入する前に押さえておきたいそれぞれのメリット&デメリットを解説します!

タントってどんな車?

タント画像 FRONT

出典:ダイハツ工業株式会社

タントはダイハツが生産・販売しているスライドカーと言われるファミリーカーです。

タントとはイタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味で、その名の通り広々とした車内空間が特徴の車です。2003年に初めて生産され、2019年にはフルモデルチェンジした4代目が販売されました。

フルモデルチェンジした新型タントは、すべての世代に向けた新時代のライフパートナーを目指して開発され、車内空間の広さ、荷物の積載性の高さ、そして機能性の高さで大人気の車種です。軽自動車初の機能を多く搭載しているのも特徴の1つです。

軽スーパーハイトワゴンという新たなジャンルを確立し、ホンダのN-BOXやスズキのスペーシアと並んで、大人気の軽自動車です。

タントを新車・中古車・未使用車で購入するそれぞれのメリット

メリットデメリット

新車で買う場合のメリット

新車という満足感が得られる

新車の醍醐味と言えばこれですよね。

自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感があります。

オプションやグレードを自由に選択できる

タントにはノーマルとカスタムの2種類のタイプがあります。ターボモデルや車椅子の乗り降りにも使えるスロープタイプやシートの可動域が広くなったスーパースライドタイプ等のものがあり多種多様になっています。

全12グレードから選べ、カラーバリエーションは2トーン設定を含め18色あるので、選ぶ楽しみがあります。また、タントには外装アクセサリーや様々なオプションがあります。後席に大きなモニターを取り付ける事や、スピーカーの種類も選ぶことができます。

気に入った車を自分好みに一から染める事ができるのは、新車ならではの良さです。

最新機能付きの車に乗れる

現在、車の安全性能は進化し続けています。新しい機能が追加されたり、既存の機能も精度が上がりより安全なサポートが受けられるようになっています。いつでも最新の機能を選択できるのは新車の大きなメリットです。

タントは最新鋭の安全装置であるスマートアシストⅢ(通称:SA3)が搭載されています。

中でも、最新のタントには軽自動車初である「スマートパノラマパーキングアシスト」が採用されています。駐車の際、音声とモニターでのガイドとハンドル操作をアシストしてくれます。並列駐車と縦列駐車、どちらにも対応しており、駐車が苦手な方でも、安心して駐車が可能です。

また、フロントエアバックだけでなくサイドエアバックも標準装備の為、心配される横転時にも車内の人が守られる様になっています。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力ですね。

中古車で購入するメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ。同じ車種でも上級グレードを狙える

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットはやはり価格の安さです!

2年落ちで走行距離が約2万kmのタント(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。 つまり、新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

未使用車で購入するメリット

そもそも未使用車って?

未使用車を一言で表すと「中古車のメリットが詰まったほとんど新車」です!

未使用車とは正式には「登録(届出)済未使用車」と言います。 新車から一度名義登録されてはいますが、一般のお客様の手に渡っておらず、誰も乗っていない車の為、ほとんど新車です。

「新古車」と言う言葉は耳馴染みがあると思いますが、新車と勘違いされてしまうリスクがある為現在使えなくなっております。

中古車のメリットと合わせて未使用車のメリットを見てみましょう。

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月掛かるとお伝えしましたが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。

これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。そのため、一番早く納車できるのは未使用車だと言えます。すぐにでも乗りたいという方は、未使用車がオススメです。

新車に比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

状態が良いので安心

ディーラーで試乗や展示に使われていた訳でも無く、中古車のように誰かが所有したものでも有りません。走行内容はテスト走行と移動のみの為に走った距離は10km程で短く、不特定多数の人が触ることが比較的少ないので新車に近い状態になります。

ただし、書類上は一度登録されている為に中古車扱いになります。中古車だと以前の所有者がどこまで整備しているか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もあります。しかし未使用車は中古車扱いにも関わらず、傷や汚れ、誰かが使った使用感などの心配もなく安心・安全に乗ることができます。

また、ディーラーで購入した際の新車メーカー保証と同等の保証が、保証継承を済ませることで受けられる様になります。

低価格で安心安全に長く使える車を選びたいと考えている方は未使用車がピッタリです。

ダイハツタントの在庫検索

タントを新車・中古車・未使用車で購入するそれぞれのデメリット

タント REAR

出典:ダイハツ工業株式会社

新車で購入するデメリット

価格が中古車に比べると高い

タントの様な人気車は、価格交渉をしても下がりません。そもそも軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。その為、できるだけ安く車を購入したい方にはデメリットです。

納車までに時間がかかる

パノラマモニターを付けたり、使い勝手の良いオプションを付ける場合、受注生産に為る為、納車までに時期にもよりますが1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。

いざ購入すると、早く手元にほしいなと思いますが、少々辛抱が必要です。 購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、早く乗りたい場合やどうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

タントは新型と旧型で好みが分かれる車です。 また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって使用が変わる事があります。過去に見て良いなと思ったカラーや使用が現行型モデルでない場合もあります。

旧型タントに加え、新型タントの場合は「ディープブルークリスタルマイカ」、「ライトローズマイカレタリック」、「ホワイト×ライトローズマイカレタリック」が、タントカスタムの場合は「ディープブルークリスタルマイカ」が販売終了になっています。

お気に入りのモデルやカラーを選択したい場合は、中古車もしくは未使用車で探してみるのが良いでしょう。

中古車で購入するデメリット

一定ではないコンディションと使用感がある

前オーナーがどのように使っていたかがわかりづらく、コンディションが一定ではないことです。タントは特に一般的にファミリーカーとして使われる方が多い車です。コンディションだけでなく、ルームクリーニングがされていても使用感があり、アレルギー等がある人は注意が必要です。

メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかまではわかりません。例え走行距離が少ないからといってもコンディションが良いとは限りません。

そのため、故障のリスクは当然高くあります。そして修理費用についても同様です。

保障がつきにくい

メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。

購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンス費用や修理費用が別途掛かり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

また、中古車には選択肢が限られているというデメリットもあります。未使用車と同内容ため、合わせて見てみましょう。

タントを未使用車で選ぶデメリット

新車に比べて選択の幅が狭い

中古車や未使用車は新車と違い既に生産された車の中から選ぶために、グレードや色があるもの限りとなってしまいます。

特に後から付けられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しく、自分オリジナルの車にカスタムしたい!という方は新車が合っていると考えられます。

在庫有る限りになり一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上数に限りが有り、1台限りのものも少なくありません。またタントの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっています。

気に入る車が見つかった場合、次にいつ未使用車として出てくるか分からないので、気に入ったお車が見つかった場合、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が短い

新車のタントを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車の場合、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。車検有効期間はそれぞれの車によって異なるので注意が必要です。

まとめ

タントを購入する際の新車、中古車、未使用車のメリット、デメリットはお判りいただけたでしょうか。 それぞれに特徴があるため、何を重視するか考え、自分に合った選択をする事が必要です。

未使用車はどうやって買うの?

未使用車未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。

理由としては、未使用車とは決まった定義が無いため、お店によって満たす条件が異なります。また保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車かが分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

そこで未使用車を購入する為にオススメのお店は、軽未使用車専門店レディバグです。未使用車の条件として、新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。

また、オールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しており、全て最新モデルの為、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります! 妥協せず車選びをしたい方は、是非一度ご来店下さい。

ダイハツタントの在庫検索

お役立ち資料ダウンロード

見積りシミュレーション_タント

タント の見積シミュレーション比較表それぞれのメリット・デメリットを説明してきましたが、皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、価格シミュレーション表を用意しました。
タントを新車で買うとき、未使用車で買うとき、中古で買うとき、どれくらい費用がかかるのかをまとめています。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

-->

カテゴリ:ダイハツ 車種カタログ

ファミリーカーの代名詞!タントを新車・未使用車・中古車で買うメリットデメリット

タントアイキャッチ画像

ダイハツタントの在庫検索

ファミリーカーの代名詞!
タントを新車・未使用車・中古車で買うメリットデメリット

車の購入を考えた時に、まず決めるのは車種です。

その後に出てくるのは、その車を「どこで」買うかという問題です。新車で買うか、中古で買うか考えると思いますが、最近だと「新車」「中古」だけでなく「未使用車」と言う選択肢も存在します。

未使用車って何?新車や中古車とどう違うの?どれを選べば満足できるの?

新車、中古車、未使用車それぞれに特徴があり、どれが一番良いのか断言する事はできません。選択のポイントは、自分が何を重視するかという点です。満足した買い物ができるよう、気になる疑問や車を購入する前に押さえておきたいそれぞれのメリット&デメリットを解説します!

タントってどんな車?

タント画像 FRONT

出典:ダイハツ工業株式会社

タントはダイハツが生産・販売しているスライドカーと言われるファミリーカーです。

タントとはイタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味で、その名の通り広々とした車内空間が特徴の車です。2003年に初めて生産され、2019年にはフルモデルチェンジした4代目が販売されました。

フルモデルチェンジした新型タントは、すべての世代に向けた新時代のライフパートナーを目指して開発され、車内空間の広さ、荷物の積載性の高さ、そして機能性の高さで大人気の車種です。軽自動車初の機能を多く搭載しているのも特徴の1つです。

軽スーパーハイトワゴンという新たなジャンルを確立し、ホンダのN-BOXやスズキのスペーシアと並んで、大人気の軽自動車です。

タントを新車・中古車・未使用車で購入するそれぞれのメリット

メリットデメリット

新車で買う場合のメリット

新車という満足感が得られる

新車の醍醐味と言えばこれですよね。

自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感があります。

オプションやグレードを自由に選択できる

タントにはノーマルとカスタムの2種類のタイプがあります。ターボモデルや車椅子の乗り降りにも使えるスロープタイプやシートの可動域が広くなったスーパースライドタイプ等のものがあり多種多様になっています。

全12グレードから選べ、カラーバリエーションは2トーン設定を含め18色あるので、選ぶ楽しみがあります。また、タントには外装アクセサリーや様々なオプションがあります。後席に大きなモニターを取り付ける事や、スピーカーの種類も選ぶことができます。

気に入った車を自分好みに一から染める事ができるのは、新車ならではの良さです。

最新機能付きの車に乗れる

現在、車の安全性能は進化し続けています。新しい機能が追加されたり、既存の機能も精度が上がりより安全なサポートが受けられるようになっています。いつでも最新の機能を選択できるのは新車の大きなメリットです。

タントは最新鋭の安全装置であるスマートアシストⅢ(通称:SA3)が搭載されています。

中でも、最新のタントには軽自動車初である「スマートパノラマパーキングアシスト」が採用されています。駐車の際、音声とモニターでのガイドとハンドル操作をアシストしてくれます。並列駐車と縦列駐車、どちらにも対応しており、駐車が苦手な方でも、安心して駐車が可能です。

また、フロントエアバックだけでなくサイドエアバックも標準装備の為、心配される横転時にも車内の人が守られる様になっています。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力ですね。

中古車で購入するメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ。同じ車種でも上級グレードを狙える

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットはやはり価格の安さです!

2年落ちで走行距離が約2万kmのタント(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。 つまり、新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

未使用車で購入するメリット

そもそも未使用車って?

未使用車を一言で表すと「中古車のメリットが詰まったほとんど新車」です!

未使用車とは正式には「登録(届出)済未使用車」と言います。 新車から一度名義登録されてはいますが、一般のお客様の手に渡っておらず、誰も乗っていない車の為、ほとんど新車です。

「新古車」と言う言葉は耳馴染みがあると思いますが、新車と勘違いされてしまうリスクがある為現在使えなくなっております。

中古車のメリットと合わせて未使用車のメリットを見てみましょう。

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月掛かるとお伝えしましたが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。

これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。そのため、一番早く納車できるのは未使用車だと言えます。すぐにでも乗りたいという方は、未使用車がオススメです。

新車に比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

状態が良いので安心

ディーラーで試乗や展示に使われていた訳でも無く、中古車のように誰かが所有したものでも有りません。走行内容はテスト走行と移動のみの為に走った距離は10km程で短く、不特定多数の人が触ることが比較的少ないので新車に近い状態になります。

ただし、書類上は一度登録されている為に中古車扱いになります。中古車だと以前の所有者がどこまで整備しているか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もあります。しかし未使用車は中古車扱いにも関わらず、傷や汚れ、誰かが使った使用感などの心配もなく安心・安全に乗ることができます。

また、ディーラーで購入した際の新車メーカー保証と同等の保証が、保証継承を済ませることで受けられる様になります。

低価格で安心安全に長く使える車を選びたいと考えている方は未使用車がピッタリです。

ダイハツタントの在庫検索

タントを新車・中古車・未使用車で購入するそれぞれのデメリット

タント REAR

出典:ダイハツ工業株式会社

新車で購入するデメリット

価格が中古車に比べると高い

タントの様な人気車は、価格交渉をしても下がりません。そもそも軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。その為、できるだけ安く車を購入したい方にはデメリットです。

納車までに時間がかかる

パノラマモニターを付けたり、使い勝手の良いオプションを付ける場合、受注生産に為る為、納車までに時期にもよりますが1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。

いざ購入すると、早く手元にほしいなと思いますが、少々辛抱が必要です。 購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、早く乗りたい場合やどうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

タントは新型と旧型で好みが分かれる車です。 また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって使用が変わる事があります。過去に見て良いなと思ったカラーや使用が現行型モデルでない場合もあります。

旧型タントに加え、新型タントの場合は「ディープブルークリスタルマイカ」、「ライトローズマイカレタリック」、「ホワイト×ライトローズマイカレタリック」が、タントカスタムの場合は「ディープブルークリスタルマイカ」が販売終了になっています。

お気に入りのモデルやカラーを選択したい場合は、中古車もしくは未使用車で探してみるのが良いでしょう。

中古車で購入するデメリット

一定ではないコンディションと使用感がある

前オーナーがどのように使っていたかがわかりづらく、コンディションが一定ではないことです。タントは特に一般的にファミリーカーとして使われる方が多い車です。コンディションだけでなく、ルームクリーニングがされていても使用感があり、アレルギー等がある人は注意が必要です。

メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかまではわかりません。例え走行距離が少ないからといってもコンディションが良いとは限りません。

そのため、故障のリスクは当然高くあります。そして修理費用についても同様です。

保障がつきにくい

メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。

購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンス費用や修理費用が別途掛かり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

また、中古車には選択肢が限られているというデメリットもあります。未使用車と同内容ため、合わせて見てみましょう。

タントを未使用車で選ぶデメリット

新車に比べて選択の幅が狭い

中古車や未使用車は新車と違い既に生産された車の中から選ぶために、グレードや色があるもの限りとなってしまいます。

特に後から付けられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しく、自分オリジナルの車にカスタムしたい!という方は新車が合っていると考えられます。

在庫有る限りになり一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上数に限りが有り、1台限りのものも少なくありません。またタントの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっています。

気に入る車が見つかった場合、次にいつ未使用車として出てくるか分からないので、気に入ったお車が見つかった場合、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が短い

新車のタントを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車の場合、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。車検有効期間はそれぞれの車によって異なるので注意が必要です。

まとめ

タントを購入する際の新車、中古車、未使用車のメリット、デメリットはお判りいただけたでしょうか。 それぞれに特徴があるため、何を重視するか考え、自分に合った選択をする事が必要です。

未使用車はどうやって買うの?

未使用車未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。

理由としては、未使用車とは決まった定義が無いため、お店によって満たす条件が異なります。また保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車かが分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

そこで未使用車を購入する為にオススメのお店は、軽未使用車専門店レディバグです。未使用車の条件として、新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。

また、オールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しており、全て最新モデルの為、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります! 妥協せず車選びをしたい方は、是非一度ご来店下さい。

ダイハツタントの在庫検索

お役立ち資料ダウンロード

見積りシミュレーション_タント

タント の見積シミュレーション比較表それぞれのメリット・デメリットを説明してきましたが、皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、価格シミュレーション表を用意しました。
タントを新車で買うとき、未使用車で買うとき、中古で買うとき、どれくらい費用がかかるのかをまとめています。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

NBOX在庫検索

N-BOXとは

N-BOXとは、ホンダが生産・販売している近年人気上昇中のスライドドア付きハイトワゴン型の軽自動車です。

2011年に初代が発売されて以来、常に販売台数ランキングのトップを走り続けるN-BOX。

2020年の6月には累計販売台数が180万台を超え、発売から9年が経過しているにも関わらず、2020年上半期の新車販売台数(登録車も含む)も第1位を獲得し、その勢いはとどまるところを知りません。

幅広い世代から支持され、普通車を含む年間販売台数の総合順位でも2017年から4年連続でトップ。

フルモデルチェンジされた新型N-BOXでは全グレードにホンダセンシング(衝突被害軽減ブレーキ)が搭載され、インテリア、デザイン面だけでなく、走行性能、安全装備も充実してます。

車に興味がなくてもN-BOXという名前は聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。

室内空間の広さから、家族皆でお出掛けできるファミリーカーとしても使える車です。

詳しくは、こちらの記事で紹介していますので読んでみて下さいね。

N-BOXを新車・未使用車・中古車で買うそれぞれのメリット

新車で買う場合のメリット

メーカーオプションやグレードを自由に選択できる

オプションには生産時にしか取り付けができないメーカーオプションと後付が可能なディーラーオプションの2種類がございます。

新車は自分好みのメーカーオプションを追加することで内装や設備にこだわることができます。

N-BOXはノーマルタイプとカスタムタイプの2タイプがあります。

ノーマルタイプのN-BOXは全8グレードでカラーは10色の設定がございます。

またドレスアップされたカスタムタイプのN-BOXカスタムは全5グレードでカラーは9色の設定があります。

選べる楽しみもありますが、どれにしようか迷ってしまうかもしれません。

ファミリーカーとしても、通勤利用など、希望にあった自分の勝手の良いものが選べます。

好みのオプションパーツを付けて自分だけの1台にするのも良いですよね。

特にファミリーカーとして使う場合はシートバックテーブルや天井にリア席モニターを付けると、長い移動も快適に車内で過ごせるようになるのでオススメです。

ここまで整えると、普通車ミニバンと変わらない使い心地になるでしょう。

最新機能付きの車に乗れる

N-BOXは最新鋭の安全装置であるホンダセンシングが搭載されています。

このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代の為、やはり安全であることは付加価値ですよね。

また、フロントではなくサイドエアバックもグレードによっては標準装備の為、心配される横転時にも車内の人が守られる様になっております。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力的だと思います。

最新の車両が未使用車や中古車としてすぐには出回らないので、新車でしか得られないメリットです。

未使用車で買う場合のメリット

一切誰も使っていない新車という満足感が得られる

未使用車は書類上中古車扱いですが、新車の醍醐味と同じで、誰も使っておらず、初めて乗るのは自分と言った喜びが味わえます。

自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感は新車・未使用車ならではだと思います。

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月程掛かかりますが、

未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。

これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

新車と比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。

新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

状態が良いので安心

新車生産後、中古車のように誰かが所有したものではない為、書類上は中古車扱いなだけで新車同然です。

中古車だと以前の所有者がどこまで整備していたのか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もあります。

しかし未使用車はその様な心配がなく安心・安全に乗れます。

また、ディーラーで購入した際のメーカー保証と同等の保証が、販売店の自社保証としてついてきます。

中古車で買う場合のメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットは価格の安さです。

2年落ちで走行距離が約2万kmのN-BOX(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。

つまり、新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

同じメリットを未使用車のところにも挙げましたが、未使用車は整備が必要ない分中古車と比べても納車が早いといえます。

NBOX在庫検索

N-BOXを新車・未使用車・中古車で買うそれぞれのデメリット

新車で買う場合のデメリット

人気車のため値引きが一切ない

N-BOXの様な人気車は、価格交渉をしても下がりません。

そもそも軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。

その為、できるだけ安く車を購入したい方にとってはデメリットです。

納車まで時間がかかる

基本的に注文生産の為、時期にもよりますが納車まで1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。

また、車を生産するメーカーの動向より生産が左右される為、場合によっては半年以上かかることもあります。

更に、生産時にしか注文できないメーカーオプションを追加すると完全受注生産と為るため更に納期が遅れる傾向がございます。

契約をすると早く手元にほしい!と思うこと間違いなしですが、少々辛抱が必要です。

購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、どうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

N-BOXは新型と旧型で好みが分かれる車です。

特に旧型のN-BOXカスタムはメッキの入れ方のデザインが依然として人気が強く、ここに拘って探している方は中古車を選択するしかありません。

また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって仕様が変わることがあります。

過去に見て良いと思ったカラーや仕様が現行型モデルのN-BOXでない場合もあります。

未使用車で買う場合のデメリット

新車に比べて選択肢の幅が狭い

新車と違い、既に生産された車のみを取り扱うため、グレードや色があるもの限りとなってしまいます。

特に後からつけられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

ただし、メーカーオプションが付くということはその分価格も高くなるので、汎用的なグレードで十分という方にとっては未使用車でも希望の車が見つかりやすいです。

在庫限りになり、一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上、数に限りがあり、1台限りのものも少なくありません。

またN-BOXの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっております。

気に入った車が見つかった場合、次にいつ同じ様に未使用車として出てくるか分からないので、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が少し短い

新車のN-BOXを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車は、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。

中古車で買う場合のデメリット

前オーナーがどう使っていたのかが不明

中古車はルームクリーニングがされていても使用感があります。また、アレルギー等がある人は注意が必要です。

前オーナーさんがペットを飼っており、犬や猫の毛が原因でアレルギー症状が出てしまった等の話はよく耳にする事があります。

メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかは分かりません。

その為、故障のリスクが付いてきます。

保証を付けるのが難しい

購入する車が新車登録から5年且つ10万km未満のお車の場合、メーカーの保証継承をすることができますが、大抵の車両は経過年数が長く、メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。

中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。

また、メーカーの保証継承が出来る場合も中古車販売店は進んでやってくれません。

なぜならば、保証継承をしないで、自社の保証を付けることでメンテナンスに掛かる費用もからも利益を取りたいと考えているからです。

この様な背景から購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンスや最悪の場合修理が必要になり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

市場に出回る台数が少ない。

人気車種程、未使用車と同じく、市場に出回る数が少ないです。また、需要が高まりから価格も高騰しております。

その為、状態の良い車両を選ぼうとすると想定よりも高い車を購入することになります。このことから、相場よりも価格の安い車を見つけた時は、何らかの理由がるケースが高いので、注意が必要です。

乗り出しを安く抑えることが出来るメリットはありますが、新車や未使用車にない、後ほど実費負担があると言うリスクがあります。

今回、中古車と未使用車を分けて書かせて頂きましたが、未使用車も中古車の分類の為、未使用車のデメリット3点も同様に当てはまります。

N-BOXの未使用車はどこで買えるの?

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。

未使用車とは実は決まった定義がなく、お店によって定義している条件が異なります。

また、未使用車は基本的にすぐには流通させず、生産し登録されてから半年や1年近く経った後に入庫してくる場合がほとんどです。

しかし、稀にですが登録から1ヶ月程しか経っていない未使用車がディーラーからおろされて出回る場合があります。

その為、登録されて間もない未使用車が見つかった場合はかなりラッキーです!

在庫保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車か分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

在庫保有台数の多い未使用車店は、仕入れが安定しており正規ディーラーから直接仕入れが出来ていると言っても間違いは無いと思います。

また、保有台数が多いか少ないかについては未使用車の在庫保有台数が500台以上かどうかを目安と考えるのが良いと思います。

その為、安価で安心して購入出来る未使用車を検討している場合は、お近くにの保有台数500台以上の未使用車専門店に行ってみることをオススメします!

近くに欲しい未使用車が無かった場合

未使用車専門店は全国的に見ても店舗数が多くありません。

そこで、遠方の為来店が困難な方には、オンライン商談を実施しております。

オンライン商談とは、電話やメール、LINEを使ったお車のご案内です。

是非、ご興味がある方はお気軽にご相談頂けたらと思います!

NBOX在庫検索

⇒レディバグONLINEはこちらから

お役立ち資料ダウンロード

N-BOX ワクワク比較表

N-BOX のワクワク比較表(グレード比較)
皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、N-BOXの標準グレードであるG、Lと上位グレードであるEX、Lターボ、EXターボに加えて、N-BOXカスタムも加えたワクワク比較表を用意しました。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

-->
nbox

カテゴリ:ホンダ 車種カタログ

大人気N-BOXを新車・未使用車・中古車で買うメリットデメリット

ホンダNーBOXの魅力をご紹介!広い室内空間と使い勝手の良さ

NBOX在庫検索

N-BOXとは

N-BOXとは、ホンダが生産・販売している近年人気上昇中のスライドドア付きハイトワゴン型の軽自動車です。

2011年に初代が発売されて以来、常に販売台数ランキングのトップを走り続けるN-BOX。

2020年の6月には累計販売台数が180万台を超え、発売から9年が経過しているにも関わらず、2020年上半期の新車販売台数(登録車も含む)も第1位を獲得し、その勢いはとどまるところを知りません。

幅広い世代から支持され、普通車を含む年間販売台数の総合順位でも2017年から4年連続でトップ。

フルモデルチェンジされた新型N-BOXでは全グレードにホンダセンシング(衝突被害軽減ブレーキ)が搭載され、インテリア、デザイン面だけでなく、走行性能、安全装備も充実してます。

車に興味がなくてもN-BOXという名前は聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。

室内空間の広さから、家族皆でお出掛けできるファミリーカーとしても使える車です。

詳しくは、こちらの記事で紹介していますので読んでみて下さいね。

N-BOXを新車・未使用車・中古車で買うそれぞれのメリット

新車で買う場合のメリット

メーカーオプションやグレードを自由に選択できる

オプションには生産時にしか取り付けができないメーカーオプションと後付が可能なディーラーオプションの2種類がございます。

新車は自分好みのメーカーオプションを追加することで内装や設備にこだわることができます。

N-BOXはノーマルタイプとカスタムタイプの2タイプがあります。

ノーマルタイプのN-BOXは全8グレードでカラーは10色の設定がございます。

またドレスアップされたカスタムタイプのN-BOXカスタムは全5グレードでカラーは9色の設定があります。

選べる楽しみもありますが、どれにしようか迷ってしまうかもしれません。

ファミリーカーとしても、通勤利用など、希望にあった自分の勝手の良いものが選べます。

好みのオプションパーツを付けて自分だけの1台にするのも良いですよね。

特にファミリーカーとして使う場合はシートバックテーブルや天井にリア席モニターを付けると、長い移動も快適に車内で過ごせるようになるのでオススメです。

ここまで整えると、普通車ミニバンと変わらない使い心地になるでしょう。

最新機能付きの車に乗れる

N-BOXは最新鋭の安全装置であるホンダセンシングが搭載されています。

このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代の為、やはり安全であることは付加価値ですよね。

また、フロントではなくサイドエアバックもグレードによっては標準装備の為、心配される横転時にも車内の人が守られる様になっております。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっては魅力的だと思います。

最新の車両が未使用車や中古車としてすぐには出回らないので、新車でしか得られないメリットです。

未使用車で買う場合のメリット

一切誰も使っていない新車という満足感が得られる

未使用車は書類上中古車扱いですが、新車の醍醐味と同じで、誰も使っておらず、初めて乗るのは自分と言った喜びが味わえます。

自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感は新車・未使用車ならではだと思います。

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月程掛かかりますが、

未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。

これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

新車と比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。

新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

状態が良いので安心

新車生産後、中古車のように誰かが所有したものではない為、書類上は中古車扱いなだけで新車同然です。

中古車だと以前の所有者がどこまで整備していたのか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もあります。

しかし未使用車はその様な心配がなく安心・安全に乗れます。

また、ディーラーで購入した際のメーカー保証と同等の保証が、販売店の自社保証としてついてきます。

中古車で買う場合のメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットは価格の安さです。

2年落ちで走行距離が約2万kmのN-BOX(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。

つまり、新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

同じメリットを未使用車のところにも挙げましたが、未使用車は整備が必要ない分中古車と比べても納車が早いといえます。

NBOX在庫検索

N-BOXを新車・未使用車・中古車で買うそれぞれのデメリット

新車で買う場合のデメリット

人気車のため値引きが一切ない

N-BOXの様な人気車は、価格交渉をしても下がりません。

そもそも軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。

その為、できるだけ安く車を購入したい方にとってはデメリットです。

納車まで時間がかかる

基本的に注文生産の為、時期にもよりますが納車まで1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。

また、車を生産するメーカーの動向より生産が左右される為、場合によっては半年以上かかることもあります。

更に、生産時にしか注文できないメーカーオプションを追加すると完全受注生産と為るため更に納期が遅れる傾向がございます。

契約をすると早く手元にほしい!と思うこと間違いなしですが、少々辛抱が必要です。

購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、どうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

N-BOXは新型と旧型で好みが分かれる車です。

特に旧型のN-BOXカスタムはメッキの入れ方のデザインが依然として人気が強く、ここに拘って探している方は中古車を選択するしかありません。

また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって仕様が変わることがあります。

過去に見て良いと思ったカラーや仕様が現行型モデルのN-BOXでない場合もあります。

未使用車で買う場合のデメリット

新車に比べて選択肢の幅が狭い

新車と違い、既に生産された車のみを取り扱うため、グレードや色があるもの限りとなってしまいます。

特に後からつけられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

ただし、メーカーオプションが付くということはその分価格も高くなるので、汎用的なグレードで十分という方にとっては未使用車でも希望の車が見つかりやすいです。

在庫限りになり、一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上、数に限りがあり、1台限りのものも少なくありません。

またN-BOXの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっております。

気に入った車が見つかった場合、次にいつ同じ様に未使用車として出てくるか分からないので、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が少し短い

新車のN-BOXを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車は、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。

中古車で買う場合のデメリット

前オーナーがどう使っていたのかが不明

中古車はルームクリーニングがされていても使用感があります。また、アレルギー等がある人は注意が必要です。

前オーナーさんがペットを飼っており、犬や猫の毛が原因でアレルギー症状が出てしまった等の話はよく耳にする事があります。

メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかは分かりません。

その為、故障のリスクが付いてきます。

保証を付けるのが難しい

購入する車が新車登録から5年且つ10万km未満のお車の場合、メーカーの保証継承をすることができますが、大抵の車両は経過年数が長く、メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。

中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。

また、メーカーの保証継承が出来る場合も中古車販売店は進んでやってくれません。

なぜならば、保証継承をしないで、自社の保証を付けることでメンテナンスに掛かる費用もからも利益を取りたいと考えているからです。

この様な背景から購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンスや最悪の場合修理が必要になり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

市場に出回る台数が少ない。

人気車種程、未使用車と同じく、市場に出回る数が少ないです。また、需要が高まりから価格も高騰しております。

その為、状態の良い車両を選ぼうとすると想定よりも高い車を購入することになります。このことから、相場よりも価格の安い車を見つけた時は、何らかの理由がるケースが高いので、注意が必要です。

乗り出しを安く抑えることが出来るメリットはありますが、新車や未使用車にない、後ほど実費負担があると言うリスクがあります。

今回、中古車と未使用車を分けて書かせて頂きましたが、未使用車も中古車の分類の為、未使用車のデメリット3点も同様に当てはまります。

N-BOXの未使用車はどこで買えるの?

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い未使用車専門店がオススメです。

未使用車とは実は決まった定義がなく、お店によって定義している条件が異なります。

また、未使用車は基本的にすぐには流通させず、生産し登録されてから半年や1年近く経った後に入庫してくる場合がほとんどです。

しかし、稀にですが登録から1ヶ月程しか経っていない未使用車がディーラーからおろされて出回る場合があります。

その為、登録されて間もない未使用車が見つかった場合はかなりラッキーです!

在庫保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車か分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

在庫保有台数の多い未使用車店は、仕入れが安定しており正規ディーラーから直接仕入れが出来ていると言っても間違いは無いと思います。

また、保有台数が多いか少ないかについては未使用車の在庫保有台数が500台以上かどうかを目安と考えるのが良いと思います。

その為、安価で安心して購入出来る未使用車を検討している場合は、お近くにの保有台数500台以上の未使用車専門店に行ってみることをオススメします!

近くに欲しい未使用車が無かった場合

未使用車専門店は全国的に見ても店舗数が多くありません。

そこで、遠方の為来店が困難な方には、オンライン商談を実施しております。

オンライン商談とは、電話やメール、LINEを使ったお車のご案内です。

是非、ご興味がある方はお気軽にご相談頂けたらと思います!

NBOX在庫検索

⇒レディバグONLINEはこちらから

お役立ち資料ダウンロード

N-BOX ワクワク比較表

N-BOX のワクワク比較表(グレード比較)
皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、N-BOXの標準グレードであるG、Lと上位グレードであるEX、Lターボ、EXターボに加えて、N-BOXカスタムも加えたワクワク比較表を用意しました。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

ハスラー在庫検索

ハスラーを新車で買うメリット・デメリット

新車で買うメリット

メーカーオプションやグレードを自由に選択できる

オプションには生産時にしか取り付けができないメーカーオプションと後付が可能なディーラーオプションの2種類がございます。

新車は自分好みのメーカーオプションを追加することで内装や設備にこだわることができます。

ハスラーは大きく分けると2グレードでターボ使用のものを入れると4グレードから選べてカラーも11色あるので、どれにしようか迷ってしまうかもしれません。

街乗りが多い方、アクティブにレジャーを楽しみたい方など、自分のライフスタイルに見合ったものを選べます。

好みのオプションパーツを付けて自分だけの1台にするのも良いですよね。

最新機能付きの車に乗れる

ハスラーは最新鋭の安全装置であるスズキセーフティサポートが搭載されています。
このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代の為、やはり安全であることは付加価値ですよね。
また、フロントではなくサイドエアバックも標準装備の為、万が一の横転時にも車内の人が守られる様になっています。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっても魅力的だと思います。
最新の車両が未使用車や中古車としてすぐには出回らないので、新車でしか得られないメリットです。

新車で買うデメリット

人気車のため値引きが一切ない

ハスラーの様な人気車は、価格交渉をしても下がりません。
そもそも軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。
その為、できるだけ安く車を購入したい方にとってはデメリットです。

納車まで時間がかかる

基本的に注文生産の為、時期にもよりますが納車まで1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。

また、車を生産するメーカーの動向より生産が左右される為、場合によっては半年以上かかることもあります。

更に、生産時にしか注文できないメーカーオプションを追加すると完全受注生産と為るため更に納期が遅れる傾向がございます。
契約をすると「早く手元にほしい!」と思うこと間違いなしですが、少々辛抱が必要です。

購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、どうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

ハスラーは新型と旧型で好みが分かれる車です。
また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって仕様が変わることがあります。
過去に見て良いと思ったカラーや仕様が現行型モデルのハスラーでない場合もあります。

旧型のカラーや仕様を探している方は新車では見つからないかも知れません。

ハスラー在庫検索

ハスラーを中古車で買うメリット・デメリット

中古車で買うメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットは価格の安さです。
2年落ちで走行距離が約2万kmのハスラー(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。

つまり、新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

中古車で買うデメリット

前オーナーがどう使っていたのかが不明

中古車はルームクリーニングがされていても使用感があります。また、アレルギー等がある人は注意が必要です。

ハスラーは特に一般的な日常使用に飽き足らず、レジャーでも使い込む方が多い車です。
メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかは分かりません。
その為、故障のリスクが付いてきます。

保証を付けるのが難しい

購入する車が新車登録から5年且つ10万km未満のお車の場合、メーカーの保証継承をすることができますが、大抵の車両は経過年数が長く、メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。

中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。

また、メーカーの保証継承が出来る場合も中古車販売店はすすんでやってくれません。

保証継承をしないで、自社の保証を付けることでメンテナンスに掛かる費用もからも利益を取りたいと考えているからです。

この様な背景から購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンスや最悪の場合修理が必要になり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

ハスラー在庫検索

ハスラーを未使用車で買うメリット・デメリット

未使用車で買うメリット

一切誰も使っていない新品という満足感が得られる

未使用車は書類上中古車扱いですが、新車の醍醐味と同じで、誰も使っておらず、初めて乗るのは自分と言った喜びが味わえます。

自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感は新車・未使用車ならではだと思います。

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月程掛かかりますが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。

これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

新車と比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。
新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

ハスラーHYBRID Gの場合2トーンカラーのものでは、新車価格は約132万円ですが、未使用車だと約115万円で購入できるものもあります。

状態が良いので安心

新車生産後、中古車のように誰かが所有したものではない為、書類上は中古車扱いなだけで新車同然です。
中古車だと以前の所有者がどこまで整備していたのか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もあります。

しかし未使用車はその様な心配がなく安心・安全に乗ることができ、ディーラーで購入した際の新車メーカー保証と同等の保証が、保証継承を済ませることで受けられる様になります。

未使用車で買うデメリット

新車に比べて選択肢の幅が狭い

新車と違い、既に生産された車のみを取り扱うため、グレードや色があるもの限りとなってしまいます。
特に後からつけられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

在庫限りになり、一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上、数に限りがあり、1台限りのものも少なくありません。

またハスラーの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっております。

気に入った車が見つかった場合、次にいつ同じ様に未使用車として出てくるか分からないので、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が少し短い

新車のハスラーを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車は、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。

未使用車の車検期間は、車によってそれぞれなのでしっかりと確認する必要があります。

ハスラーの未使用車はどこで買えるの?

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い(在庫保有台数500台以上)未使用車専門店がオススメです。

未使用車は実は決まった定義がなく、お店によって定義している条件が異なります。
そのため在庫保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車か分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

在庫保有台数の多い未使用車店は、仕入れが安定しており正規ディーラーから直接仕入れが出来ていると言っても間違いは無いです。

 

レディバグでは、未使用車の条件として、「新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車」と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。
また、オールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しているため、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります!

安価で安心して購入出来る未使用車を検討している場合は、是非レディバグに足を運んでみてください!

近くに欲しい未使用車が無かった場合

未使用車専門店は全国的に見ても店舗数が多くありません。

そこで、レディバグでは来店が困難な方に、オンライン商談を実施しております。
オンライン商談では、電話やメール、LINEなど、さまざまなツールからお車のご案内が可能です。

ご興味がある方は是非お気軽にご相談ください

レディバグONLINEはこちらから

お役立ち資料ダウンロード

見積りシミュレーション_ハスラー

ハスラー の見積シミュレーション比較表それぞれのメリット・デメリットを説明してきましたが、皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、価格シミュレーション表を用意しました。
ハスラーを新車で買うとき、未使用車で買うとき、中古で買うとき、どれくらい費用がかかるのかをまとめています。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら

-->
ハスラーを新車・未使用車・中古車で買うメリットデメリット

カテゴリ:スズキ 車種カタログ

ハスラーを新車・未使用車・中古車で買うメリットデメリット

ハスラーを新車・未使用車・中古車で買うメリットデメリット

車の購入を考えた時に、多くの方が新車で買おうか、中古で買おうか迷う方も多いのではないでしょうか。今回の記事は、ハスラーの購入を考えている方に、役立つ情報としてお届けいたします。

新車、中古車、未使用車ならどれを買うのが良いのか、それぞれのメリットデメリットをご説明します。 また、記事の最後には、ハスラーの見積シミュレーション比較表を用意致しました。

ダウンロードして見て頂ける様にご用意していますので、参考にしてみてください。

ハスラーとは

ハスラーとは、スズキが生産・販売している最近流行のクロスオーバーSUVタイプ(アウトドアと街中の両方の乗用に適したSUV)の軽自動車です。

通常より背の高いトールワゴンにSUV風のデザインを施した新しいジャンルの軽自動車で、2014年に初代が発売され、2020年にはフルモデルチェンジが行われました。

フルモデルチェンジされた新型ハスラーでは全グレードにハイブリッドシステムが搭載され、インテリア、デザイン面だけでなく、走行性能、安全装備も充実しております。

人気車故にフルモデルチェンジはまだ1度しかされておりません。

しかし、マイナーチェンジや特別使用車が多くあり、自分の好きな車を見つける楽しさがありますが、それ以上に気に入ったグレードやカラーを中古車で探し出す困難さもあります。

マイナーチェンジが多いと言うことも人気車の証で、ハスラーは発売から約6年で50万台も売れた実績があります。

可愛い見た目だけでなく実用性も高いところが人気の理由で、見ているだけでもワクワクしますし、乗り込むとどこまでも出かけたくなる車です。

詳しくは、こちらの記事「新型ハスラーの3つの魅力と見落としがちな注意したいポイント」で紹介しています。

ハスラー在庫検索

ハスラーを新車で買うメリット・デメリット

新車で買うメリット

メーカーオプションやグレードを自由に選択できる

オプションには生産時にしか取り付けができないメーカーオプションと後付が可能なディーラーオプションの2種類がございます。

新車は自分好みのメーカーオプションを追加することで内装や設備にこだわることができます。

ハスラーは大きく分けると2グレードでターボ使用のものを入れると4グレードから選べてカラーも11色あるので、どれにしようか迷ってしまうかもしれません。

街乗りが多い方、アクティブにレジャーを楽しみたい方など、自分のライフスタイルに見合ったものを選べます。

好みのオプションパーツを付けて自分だけの1台にするのも良いですよね。

最新機能付きの車に乗れる

ハスラーは最新鋭の安全装置であるスズキセーフティサポートが搭載されています。
このご時世、いつどこで何が起こるか分からない時代の為、やはり安全であることは付加価値ですよね。
また、フロントではなくサイドエアバックも標準装備の為、万が一の横転時にも車内の人が守られる様になっています。

新しいものが好き、新機能を試したいと言う方だけでなく、安心安全を重視される方にとっても魅力的だと思います。
最新の車両が未使用車や中古車としてすぐには出回らないので、新車でしか得られないメリットです。

新車で買うデメリット

人気車のため値引きが一切ない

ハスラーの様な人気車は、価格交渉をしても下がりません。
そもそも軽自動車は一般的に車両本体の利益率が低い為、値引き出来ない背景があります。
その為、できるだけ安く車を購入したい方にとってはデメリットです。

納車まで時間がかかる

基本的に注文生産の為、時期にもよりますが納車まで1ヶ月半から2ヶ月程時間がかかる傾向があります。

また、車を生産するメーカーの動向より生産が左右される為、場合によっては半年以上かかることもあります。

更に、生産時にしか注文できないメーカーオプションを追加すると完全受注生産と為るため更に納期が遅れる傾向がございます。
契約をすると「早く手元にほしい!」と思うこと間違いなしですが、少々辛抱が必要です。

購入した車がすぐに来なくても問題ない場合は良いですが、どうしてもすぐに使用したい都合がある人は注意です。

生産が終了した車は購入できない

ハスラーは新型と旧型で好みが分かれる車です。
また、カラーや内装の細部がマイナーチェンジによって仕様が変わることがあります。
過去に見て良いと思ったカラーや仕様が現行型モデルのハスラーでない場合もあります。

旧型のカラーや仕様を探している方は新車では見つからないかも知れません。

ハスラー在庫検索

ハスラーを中古車で買うメリット・デメリット

中古車で買うメリット

乗出し金額が抑えられる価格の安さ

中古車を選ぶ時に挙げられるメリットは価格の安さです。
2年落ちで走行距離が約2万kmのハスラー(旧型モデル)だと、新型車と比べて20~30万円程、車両本体の価格を抑えて購入することが出来ます。

つまり、新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

契約から納車までが早い

新車だと購入を決めても、納期が1ヶ月半~2ヶ月待つ必要がありますが、中古車の場合は車検・整備の状況によって異なりますが、早ければ2週間弱で納車されることもあります。

中古車で買うデメリット

前オーナーがどう使っていたのかが不明

中古車はルームクリーニングがされていても使用感があります。また、アレルギー等がある人は注意が必要です。

ハスラーは特に一般的な日常使用に飽き足らず、レジャーでも使い込む方が多い車です。
メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかは分かりません。
その為、故障のリスクが付いてきます。

保証を付けるのが難しい

購入する車が新車登録から5年且つ10万km未満のお車の場合、メーカーの保証継承をすることができますが、大抵の車両は経過年数が長く、メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。

中古車販売店が独自の保証制度を用意することも最近は増えてきましたが、期間が短かったり有償だったり、販売店によって対応はまちまちです。

また、メーカーの保証継承が出来る場合も中古車販売店はすすんでやってくれません。

保証継承をしないで、自社の保証を付けることでメンテナンスに掛かる費用もからも利益を取りたいと考えているからです。

この様な背景から購入時は新車と比べて安く済みますが、乗り出すとメンテナンスや最悪の場合修理が必要になり、結果的に高い買い物をしてしまうケースも考えられます。

ハスラー在庫検索

ハスラーを未使用車で買うメリット・デメリット

未使用車で買うメリット

一切誰も使っていない新品という満足感が得られる

未使用車は書類上中古車扱いですが、新車の醍醐味と同じで、誰も使っておらず、初めて乗るのは自分と言った喜びが味わえます。

自分が初めて使用するという満足感と自分が選んだ車に初めて乗るというのはワクワク感は新車・未使用車ならではだと思います。

納車が早い

新車だと契約から納車まで1ヵ月半~2ヶ月程掛かかりますが、未使用車は既に出来上がっている為、条件が揃えば最短3日間~1週間で納車することができます。

これは中古車のメリットと同じですが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

新車と比べて価格が安い

未使用車の1番のメリットは価格です。
新車では車両本体の値引きはほとんど有りませんが、未使用車は新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安く購入できます。

ハスラーHYBRID Gの場合2トーンカラーのものでは、新車価格は約132万円ですが、未使用車だと約115万円で購入できるものもあります。

状態が良いので安心

新車生産後、中古車のように誰かが所有したものではない為、書類上は中古車扱いなだけで新車同然です。
中古車だと以前の所有者がどこまで整備していたのか不明であったり、ボディの傷、車内のにおいやシートの汚れもある場合もあります。

しかし未使用車はその様な心配がなく安心・安全に乗ることができ、ディーラーで購入した際の新車メーカー保証と同等の保証が、保証継承を済ませることで受けられる様になります。

未使用車で買うデメリット

新車に比べて選択肢の幅が狭い

新車と違い、既に生産された車のみを取り扱うため、グレードや色があるもの限りとなってしまいます。
特に後からつけられないメーカーオプションが付いた車を探すのは難しいです。

在庫限りになり、一点ものが多い

未使用車は生まれてくる都合上、数に限りがあり、1台限りのものも少なくありません。

またハスラーの様な人気車になると、そもそも世の中に存在する未使用車の数は限りなく少なくなっております。

気に入った車が見つかった場合、次にいつ同じ様に未使用車として出てくるか分からないので、その時に選ぶのが一番オススメです。

車検の有効期間が少し短い

新車のハスラーを購入する場合、通常初回車検は登録から3年後ですが未使用車は、一度名義登録しているため少し車検期間が短くなっています。

未使用車の車検期間は、車によってそれぞれなのでしっかりと確認する必要があります。

ハスラーの未使用車はどこで買えるの?

未使用車はいつどこで買える?

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い(在庫保有台数500台以上)未使用車専門店がオススメです。

未使用車は実は決まった定義がなく、お店によって定義している条件が異なります。
そのため在庫保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車か分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

在庫保有台数の多い未使用車店は、仕入れが安定しており正規ディーラーから直接仕入れが出来ていると言っても間違いは無いです。

 

レディバグでは、未使用車の条件として、「新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車」と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。
また、オールメーカー・オールジャンルの軽自動車未使用車を取り扱っております。年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しているため、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります!

安価で安心して購入出来る未使用車を検討している場合は、是非レディバグに足を運んでみてください!

近くに欲しい未使用車が無かった場合

未使用車専門店は全国的に見ても店舗数が多くありません。

そこで、レディバグでは来店が困難な方に、オンライン商談を実施しております。
オンライン商談では、電話やメール、LINEなど、さまざまなツールからお車のご案内が可能です。

ご興味がある方は是非お気軽にご相談ください

レディバグONLINEはこちらから

お役立ち資料ダウンロード

見積りシミュレーション_ハスラー

ハスラー の見積シミュレーション比較表それぞれのメリット・デメリットを説明してきましたが、皆さまのお車選びに役立てて頂こうと、価格シミュレーション表を用意しました。
ハスラーを新車で買うとき、未使用車で買うとき、中古で買うとき、どれくらい費用がかかるのかをまとめています。
資料をご覧になりたい方は、下記のフォームに必要事項を記入の上、
お申し込みください。

無料ダウンロードはこちら