ホンダの軽自動車はどんな種類があるの?Nシリーズ全紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nシリーズ

軽自動車と言えば、日本で一番売れている軽自動車である、ホンダN-BOXを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

N-BOXをはじめ、ホンダの軽自動車はNシリーズとして多くの幅広いユーザーに支持されています。

今回の記事では、ホンダの軽自動車であるNシリーズの車種や魅力、特徴などをご紹介します。

Nシリーズの歴史

Nシリーズの元祖は、1967年に発売されたN360です。

クルマが憧れだった時代に、室内空間の広さや手の届く価格で発売後3年連続で軽の国内販売のトップを走りました。
N360

出典: 本田技研工業株式会社

N360の発売後、長い年月を経て2011年に、車内の広さや乗り心地が考えられたN-BOXが発売され、それに続くように2012年にデザイン性の高いN-ONEが、2013年には日本の新しいベーシックを目指したN-WGNが発売されました。

2018年にはNシリーズ初の軽バンであるN-VANが発売され、まさに一人一人の暮らしに寄り添うシリーズとして日本中に広まっています。

Nシリーズの魅力

ゆとりのある車内空間

通常後席下にある燃料タンクを前席下に置いた、Hondaの独自技術であるセンタータンクレイアウトにより、ゆとりある空間を実現。

燃料タンクを前席下に配置しているため、荷室を下げることが可能となり、室内空間を広げることが可能になりました。

座席部分はゆったりと乗ることができることに加え、座席をフラットにしたり跳ね上げたりできるモデルもあり、荷室空間を自由に使うこともできます。

先進の安全性能

Nシリーズでは全ての車種に、先進の安全運転支援システムであるHonda SENSINGを標準装備。

Honda SENSINGの機能は以下の通りです。
基本的に機能はNシリーズ共通ですが、若干異なる点があるため注意してください。

  • ・衝突軽減ブレーキ
  • ・誤発進抑制機能(前後)
  • ・歩行者事故低減ステアリング
  • ・先行車発進お知らせ機能
  • ・標識認識機能
  • ・オートハイビーム
  • ・路外逸脱抑制機能
  • ・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
  • ・車線維持支援システム
  • ・パーキングセンサーシステム(N-VAN非搭載)
  • ・急アクセル抑制機能(N-WGNのみ搭載)

予防安全性能評価で最高ランクを獲得しており、安心して毎日の運転を楽しむことができます。

クラスレスな外装デザイン

軽自動車の枠にとらわれない、クラスレスで主張しすぎないけれど個性のある外装デザインは、多くのユーザーに愛される大きな魅力です。

Nシリーズは車種ごとに異なる個性があることはもちろん、ノーマルモデル、カスタムモデル、特別仕様車、さらにそのなかでもタイプが細分化されているものもあり、自分に合う車種選びを楽しむことができます。

質感の高い外装デザインは、どの車種も共通しているため、好みのデザインを見つけてみてください。

N-ONE

エヌワン

  • 新車本体価格:1,599,400円~2,022,900円
  • カタログ燃費:20.1km/L~23.0km/L

N-ONEとは

N-ONEは2012年に登場した、愛くるしいデザインや使い勝手の良さで人気のクルマです。
2020年にはフルモデルチェンジをして現行モデルとなりました。

2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーではK CAR オブ・ザ・イヤー(総合的に優れた軽自動車)を受賞。

可愛らしいN-ONEですが、ターボエンジンやMTの設定、シックな特別仕様車もあり、幅広い層に支持される仕様となっています。

また、走る楽しさを感じられるデザインや自然吸気エンジンの優れた静粛性や動力性能の高さから、街乗りから長距離まで乗りこなせる1台です。

N-ONEの特徴

N-ONEの魅力は特徴的なデザインです。
台形フォルムを進化させたスタイルで、飽きずに長く乗ることができます。
ヘッドライトは丸目で可愛らしく、リアコンビネーションランプは四角いダブルリングが特徴的。

シンプルで可愛らしい【Original】、上品な【Premium】、スポーティーな【RS】の3つのスタイルがあり、自分好みの異なる個性を楽しむことができます。

また、FF車の車高は1,545mmと立体駐車場に入庫可能で、お出かけの際など便利です。

エヌワン
出典: 本田技研工業株式会社

こんな人におすすめ

  • 【デザイン性もホンダ車らしい走りも楽しみたい人】

N-ONEは軽自動車の中でも上質でプレミアムなクルマです。
唯一無二のデザイン性は乗るたびにワクワクさせてくれるはず。

また、ターボエンジンの6MT車は走ることが好きな方に特に好評で、ホンダらしい力強い走りを感じることができます。

N-ONEについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

N-WGN

エヌワゴン

  • 新車本体価格:1,298,000円~1,702,800円
  • カタログ燃費:21.2km/L~23.2km/L

N-WGNとは

N-WGNは、2013年に軽自動車の新しいベーシックを目指してホンダから発売されたワゴンタイプのクルマです。
2019年に、暮らしの中の“なにげないシーンが幸せ“と感じられるようなクルマをコンセプトにフルモデルチェンジされ、現行モデルとなりました。

2022年9月にはマイナーチェンジをして、Honda SENSINGの新機能となる「急アクセル抑制機能」をホンダ車として初採用。
また、特別仕様車であるN-WGN STYLE+ BITTERも登場し、どんどん進化しています。

N-WGNの特徴

使い方に合わせて3つのモードにアレンジできる荷室が特徴です。

・2段ラックモード
備え付けのボードで荷室を2段に分けることが可能です。
ボードの高さは、ショッピングカートの高さとほぼ同じに設定されているため、カートから荷室へ荷物を楽に乗せることができます。

荷室

・ローフロアモード
ボードを使用せず、背の高い荷物を乗せたいときに便利です。
もともと、荷室床面が低いため荷物の積み下ろしが楽にできます。

荷室

・ビッグラゲッジモード
後席の背もたれを倒すとほぼフラットな荷室として使用できます。
下段も使えるため、荷物をたっぷり乗せることが可能です。

荷室

こんな人におすすめ

  • 【安心安全で日常使いしやすいワゴンタイプに乗りたい人】

N-WGNは通勤や買い物など日常使いにピッタリのクルマです。
荷室の使い勝手が充実しており、備え付けのボードで自由に荷室を使うことができます。

また、2023年1月現在、急アクセル抑制機能はN-WGNのみに搭載されているため、Nシリーズの中で最も安全性能が充実しています。

N-WGNについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

N-BOX

NBOX

  • 新車本体価格:1,448,700円~2,068,000円
  • カタログ燃費:19.0km/L~21.2km/L

N-BOXとは

N‐BOXは「ニュー ネクストニッポン ノリモノ」をキャッチコピーとして2011年に初代が発売されて以来、常に販売台数ランキングのトップを走り続けています。
2022年の国内販売台数もナンバーワンに輝きました。

まさに、日本の自動車業界に衝撃を与えたクルマです。

N-BOXは全グレードにHonda SENSING(衝突被害軽減ブレーキ)が搭載され、インテリア、デザイン面だけでなく、走行性能、安全装備も充実。
さらに2021年12月には一部改良され、どんどんパワーアップしています。

N-BOXの特徴

N‐BOXは広々とした車内と荷室が特徴です。
室内長は224cmと広く、2.0Lミニバン並みの前後のシート間隔を実現。
大人が座っても足元に余裕があり、開放感のある空間が広がります。

広さ
出典:本田技研工業株式会社

また、室内高は140cmで後席シートは跳ね上げ可能なため、小さなお子さんの着替えは立ったまますることができる点も魅力です。

車内で着替え
出典:本田技研工業株式会社

荷室は低床設計で荷室開口地上高は47cmなので荷物の積み下ろしが楽にできます。
低い床と高い天井で快適に使用できるつくりになっています。

こんな人におすすめ

  • 【広々使えて荷物もたくさん載せられるクルマに乗りたい人】

荷室は前後のスライドやワンタッチで前に倒すことができ、フラットな空間が広がります。
さらに、後席を跳ね上げることで後席部分を荷室として活用することが可能です。

もともと、車内空間の広いN-BOXですが、荷室のアレンジが多彩で自由度が高いため幅広い方にとって使い勝手の良いクルマです。

N-BOXについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

N-WGNカスタム

エヌワゴンカスタム

  • 新車本体価格:1,648,900円~1,882,100円
  • カタログ燃費:20.0km/L~23.2km/L

N-WGNカスタムとは

N-WGNカスタムは、2013年に軽自動車の新しいベーシックを目指してホンダから発売されたワゴンタイプのクルマ、N-WGNのカスタムモデルです。

2019年にフルモデルチェンジされ、いわゆるカスタム車というようなギラギラとした装飾よりも、シンプルさの中に精悍さや力強さを感じられるようなデザインがポイント。

また、2022年9月には一部改良し、Honda SENSINGの新機能となる「急アクセル抑制機能」をホンダ車として初採用しました。

N-WGNカスタムの特徴

N-WGNカスタムは高級感のある車内空間と座り心地の良いシートが特徴です。

なめらかな手触りのフルプライムスムースシートは存在感があり、濃淡が美しいボルドーカラーがポイントで、高級感があります。
厚みのあるシートは姿勢を安定させてくれるため、安心感を感じられる形です。

また、助手席やハンドル、ドアまわりの内装にチタン調偏光塗装を採用。
光の当たり方でブラウンやグリーンにも見えるため、より華やかさを感じることができます。

エヌワゴンカスタム内装
出典: 本田技研工業株式会社

こんな人におすすめ

  • 【主張しすぎないカスタムモデルに乗りたい人】

飾り立てるのではなく、細部の一つ一つを丁寧に造り上げ、力強さや精悍さを感じさせてくれるデザインは長く乗るクルマにピッタリです。

ブラックでまとめられ、高級感のある内装と、充実した使い勝手の良い機能、そしてさりげない華やかさを感じる外装で毎日の運転も気分が上がるはずです。

N-WGNカスタムについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

N-BOXカスタム

NBOXカスタム

  • 新車本体価格:1,789,700円~2,252,800円
  • カタログ燃費:19.0km/L~21.2km/L

N-BOXカスタムとは

N‐BOXカスタムはN-BOXのカスタムモデルであり、その圧倒的なデザイン性と存在感で人気があります。

フロントデザインは大型のグリルに依存していないシンプルなデザインで、ナンバープレートがセンターに設置されていることや9灯式フルLEDヘッドライトによりN-BOXカスタムらしい格好良さを演出。

N-BOXと同じく、全グレードにホンダセンシング(衝突被害軽減ブレーキ)が搭載されており安全性能、デザイン性、機能面が揃っているクルマです。

N-BOXカスタムの特徴

N-BOXカスタムはさまざまなスタイルがあり、こだわりの1台を選べる点が特徴です。

コーディネートスタイルでは2トーンカラーの外装が特徴的で、ダーククロームメッキをあしらった迫力あるフロントとリア、ブラック塗装のホイールがかっこよさを引き立てます。

コーディネートスタイル
出典:本田技研工業株式会社

特別仕様車のスタイルプラスブラックではエッジを際立たせたデザインに、こだわりの黒がアクセントとなり引き締まった外観を演出しています。
フロントグリルにはダーククロームの加飾、リアと足元はリムまで黒の塗装が施され全体的にシャープで引き締まった印象。

スタイルブラック
出典:本田技研工業株式会社

こんな人におすすめ

  • 【装備の充実したカスタムに乗りたい人】

N-BOXカスタムはプラズマクラスター技術搭載エアコンや8スピーカー、9灯式フルLEDヘッドライトなど、装備が充実しています。

また、全グレードに先進の安全運転支援システムであるHonda SENSINGが標準装備されており、非常に安全性能が優れているクルマです。

カスタムの中でも特に標準装備が充実しているクルマに乗りたい方におすすめです。

N-BOXカスタムについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

N-VAN

N-VAN

  • 新車本体価格:1,276,000円~1,872,200円
  • カタログ燃費:17.0km/L~19.8km/L

N-VANとは

ホンダのN-VANは2018年に、Nシリーズ初の新型商用車として販売されたクルマです。

Nシリーズ特有のデザイン性や機能性はとても魅力的で、+STYLE FUNでは可愛らしい丸めのライトとイエローやレッドといったポップなボディカラーを選択可能です。

デザイン性だけではなく、軽バンとしての使い勝手も良く、運転席以外のシートは床下にしまうことができ、フルフラットにできるダイブダウン機能を備えたことにより、積載性に優れたクルマとなっています。

N-VANの特徴

N-VANの大きな特徴は、乗用軽自動車であるN-BOXやNワゴンと同じFF(前輪駆動)低床プラットフォームを採用したこと、助手席側のセンターピラーをなくしたことによって助手席側に大きな開口部が生まれ、積み下ろしをスムーズにおこなえるようになったことです。
N-VAN荷室
出典:本田技研工業株式会社

乗車人数や荷物の量、車内での過ごし方に合わせて、シートアレンジをすることもでき、仕事だけではなくアウトドアやレジャー目的で購入される方も多いクルマです。

こんな人におすすめ

  • 【とにかく燃費の良い軽バンに乗りたい人】

燃費はMT車で19.8km/Lと現在発売されている軽バンの中で最も燃費の良いクルマです。

エンジンはDOHCエンジン、DOHCターボエンジンを搭載し荷物を積んでも力強い加速と、低燃費を両立。
また、静かでスムーズに走れるCVTとダイレクトな操作感や積載時の駆動力、高速走行時の静粛性を両立した6速マニュアルトランスミッションが設定されています。

日常使いで燃費良く軽バンを使いたい人におすすめです。

N-VANについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

まとめ

今回の記事では、大人気ホンダNシリーズの車種紹介をしました。

車内空間を広くするための工夫や先進の安全運転支援システムであるHonda SENSINGを標準装備するなど、かなり使い勝手の良いモデルが揃っているのではないでしょうか。

日本で一番売れている軽自動車のN-BOXだけではなく、Nシリーズには魅力的な特徴が多くあります。

車種ごとに異なる個性があり、特徴も異なるため、是非ご自身に合う車種を選んでみてください。