お知らせ

   

2021.03.12 投稿

お花見に関するアンケートのご報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レディバグアプリをご利用の87名のお客様にご回答をいただきました「お花見に関するアンケート」結果のご報告です。

・「お花見に行く予定がある」と回答した回答者は全体の38%である。
・お花見に誰と行くかは「家族・親戚」という回答が43%で最多である。
・お花見の目的は「桜を見るため」という回答が最多である。
・お花見の場所は「近場の公園」という回答が66%で最多である。
・お花見の移動手段は「自動車」という回答が73%で最多である。

調査概要

回答数計87名(埼玉県東部地区エリア中心)
調査期間2021年3月5日(金)~3月10日(水)
調査方法WEBアンケートにて調査
調査元(株)オールフロンティア 軽未使用車専門店 レディバグ

回答 男女比・年代比

アンケート設問

アンケートの設問は下記の通りです。
1.お花見に出かける予定はありますか。
2.誰と行きますか。
3.お花見の目的を教えてください。(複数選択可)
4.どちらまで出かけますか。
5.移動手段は何ですか。

1.お花見に出かける予定はありますか。

 

お花見の予定があると回答したのは38%でした。
過半数の人がお花見に行かないという回答が62%となり、コロナ前の統計データでは約50%でしたが、行かないという方が微増しているようです。

では、お花見には誰と一緒に行っているのでしょうか。
結果はこのようになりました。

2.誰と行きますか。

「家族・親戚」という回答が最も多い結果になりました。
特筆すべきは選択肢にあった「職場の同僚」の回答が0件だったことです。
家族や友人とのプライベートなお花見は行われる一方で、職場の公のイベントとしてのお花見は自粛される傾向にあるようです。

では、お花見は何を目的としているのでしょうか。
結果はこのようになりました。

3.お花見の目的を教えてください。(複数選択可)

「桜を見るため」が最も多い回答になりました。
お花見なので当然かも知れませんが、お酒を飲んだり屋台や飲食を楽しんだりといった目的でお花見に参加する人も多いのではないでしょうか。
最近では、SNSへの投稿、いわゆるインスタ映えを目的にお花見に行く人も一定数いるようです。

では、どこにお花見に行くのでしょうか。
結果はこのようになりました。

4.どちらまで出かけますか。

「近場の公園」が66%と最多でした。
前項までの回答と合わせて考えると、遠くまで桜の名所を見に行くというよりも、家族と近場でお花見を行う人が多いようです。

では、お花見の移動手段は何でしょうか。
結果はこのようになりました。

5.移動手段は何ですか。

「自動車」という回答が最多でした。
お花見を行うのが近場の公園が多いのであれば、移動手段は自動車や徒歩でまかなえることが多そうです。

 

お花見の起源は古く、その起源は奈良時代まで遡ると言われています。
当時はお花見と言えば、梅の花を観賞するのが主流でした。
万葉集でも梅を詠んだ和歌が、桜を詠んだ和歌よりも倍以上多いです。
平安時代以降、お花見で桜が多く鑑賞されるようになり、現代に至るまで日本人の慣習として定着しています。
今年の埼玉県の開花予想日は3/17(水)、満開予想日は3/24(水)となっています。
公の場でのお花見は自粛されがちな昨今の情勢ですが、家族や友人と近所の公園で静かに花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アンケートにご協力いただき、ありがとうございました!