埼玉東部地域最大級の在庫台数!最短3日で納車可能!軽未使用車専門店

営業時間と休日のご案内

営業時間
10:00 - 18:00 (木曜日は17:00まで)
店舗定休日:第1・第3火曜日・毎週水曜日(祝祭日は営業)
※2023年4月1日より定休日が変更になりました。
カスタマーサポート
0120-782-588 納車・車検・整備・保険等について
受付時間:10:00 - 18:00 年中無休(年末年始を除く)

営業日カレンダー

6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

7月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

…定休日 …整備工場のみ休業日

修復歴がある車は買わない方がいい?修復歴の定義と購入時に注意すべき点を解説します

交通事故で正面衝突した2台の車
広告

中古車を購入する際に「修復歴車」の購入を検討したことはありませんか?
まずは「修復歴」の正確な定義を明確にしましょう。

修復歴を正しく理解しておけば、購入後に後悔することなく愛車に乗り続けることができます。

今回は、修復歴の定義やメリット・デメリット、修復歴のある車を購入するリスクについて説明します。

この記事を読んでわかること

  • 修復歴の定義と事故歴との違い
  • 低価格というメリット、リスキーというデメリット
  • 特別な理由がない限り、修復歴車の購入をおすすめしない理由

修復歴の定義とは

2台の車の事故イメージ

修復歴とはどのような意味なのか、その定義と事故歴との違いを説明します。

修復歴の定義と骨格の名称

修復歴の定義は以下3つの組織によって規定されています。

  • ・自動車公正取引協議会
  • ・日本自動車査定協会
  • ・日本中古自動車販売協会連合会

修復歴車とは、下の図に示している①〜⑧までの車の骨格(フレーム)部分を交換、あるいは修復した車と定義されています。
骨格は車の強度を保つ役割を果たしており、文字通り、人間でいう骨と同じ役割です。

車の骨格イラスト
出典:一般財団法人 日本自動車査定協会

① フレーム(サイドメンバー)
② クロスメンバー
③ インサイドパネル
④ ピラー
⑤ ダッシュパネル
⑥ ルーフパネル
⑦ フロア
⑧ トランクフロア

①~⑧の部品を1つでも交換、または修復した場合、修復歴車扱いになります。
他にも、ラジエーターコアサポートが交換されていて、かつ隣接部位にへこみや曲がり、または修理跡がある車の場合、修復歴車となります。

骨格はネジ止めではなく、溶接によって固定されています。
ネジ止め部位は骨格にはならないためご注意ください。

修復歴車を販売する場合、中古車販売店には「修復歴あり」と表示する義務があります

事故歴と修復歴の違い

事故歴という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

事故歴と修復歴は混同されやすいのですが、以下のような違いがあります。

  • 事故歴あり=事故にあったが、骨格には損傷がない状態
  • 修復歴あり=車の骨格(フレーム)部分を交換、あるいは修復した状態

事故歴は骨格部位に損傷がなければ表示義務がない

事故歴は骨格部位に損傷がなければ表示義務がないという点に注意が必要です。

例えば、事故で車をぶつけてバンパーやドア交換をした場合には、「事故歴はあり」になりますが「修復歴はなし」になります。
この場合、中古車販売店に表示義務はありません。

修復歴なしでも事故歴があるかどうか確認する

前述の通り、事故歴には表示義務がないため、中古車の購入を検討している場合は「修復歴なし」の表示だけで安心してはいけません。

「事故歴あり」は骨格には損傷がないため、「修復歴あり」よりも車へのダメージは少ないのですが、修理した部品や修理の仕方によっては配線のトラブルや塗装が通常より早く剥がれてしまうなど購入後のトラブルに繋がるリスクがあります

検討している中古車に「修復歴あり」の表示がない場合も、販売スタッフに事故歴の有無を確認するようにしましょう。

レディバグ 在庫検索

修復歴車を購入するメリットとデメリット

メリットとデメリットの対比

車の骨格にダメージを受けている修復歴車はリスクが高く、購入にはデメリットの方が多い反面、一部の方にはメリットもあります。

修復歴車を購入するメリットは?

「修復歴あり」の車を購入するメリットは価格です。

価格が安くなる理由は2つあります。

  • ・車の骨格を交換・修理するほど、大きな衝撃を受けている
  • ・修復歴のある車はイメージが悪く、買い手がつきにくい

修復歴のある車は、修復歴なしの同じ年式や走行距離の車と比較して数十万円も安くなることがあります。
そのため、低予算で装備が充実した高グレードの中古車を選択することができます。

修復歴車を購入するデメリット

修復歴車を購入するデメリットは3つあります。

耐久性や安全性への不安

耐久性や安全性への不安が最大のデメリットです。
車の骨格は車の強度を保ち、人が乗る居住スペースを守る役割を担っています。

一度衝撃を受けた骨格の部品は、歪んだ形は元通りに修復されたとしても、一度受けたダメージが完全に回復することはありません

同じ場所に再度衝撃を受けたときに重大な損傷を受ける可能性が高まることに加え、修復歴なしの車と比較すると故障しやすくなります。

中にはいい加減な修理をする工場もあり、修理がヒドい場合、ドアやハッチの開閉が上手くいかないなどのトラブルや走行中にハンドルがとられるなど、走行に大きな支障が出る場合もあり、非常に危険です。

売却時の査定額は下がる

修復歴車は購入時の価格は安くなりますが、その分、修復歴がある場合は手放す際の査定額も大幅に下がります

車を乗りつぶす前提で購入する場合は問題ありませんが、売却時の査定額も重視したい方には修復歴車はおススメできません。

修復歴の内容は告知義務がない

中古車販売店は、修復歴の有無を表示する義務がありますが、修復の内容まで告知する義務はありません

骨格損傷のレベルによって危険性も変わるため、購入前には必ず販売スタッフに修復した部品や修復の程度、その原因となった事故や災害の内容などを確認することをおススメします。

正直に教えてくれる中古車販売店、販売スタッフであれば良いのですが、ごまかそうとしたり、教えてくれない場合、その中古車販売店での購入は見送りましょう。

修復歴車は購入しないほうがいいのか?

車の維持費のイメージ

ここまで、修復歴の定義やメリット・デメリットを説明してきましたが、少しでも不安がある方には修復歴車の購入はおすすめしません

修復歴車の購入をおすすめしない理由

特別な理由がない限り、安心して車に乗りたい方には修復歴車の購入はおすすめしません。
その理由は3つあります。

骨格は一度ダメージを受けると完全に元通りの強度にならない

「金属疲労」という言葉をご存じでしょうか?
金属には、一度変形すると強度が弱くなる性質があります。

骨格の強度が弱くなると、強度を保ち、乗員を守る、骨格本来の役割を果たせなくなります。
修復歴ありの車に乗っているときに事故に遭うと、重大なダメージを負うリスクも非常に高まります。

本当に大丈夫かは実際に乗ってみないと分からない

購入後に走行中の違和感や故障が発生しやすいことも修復歴車の特徴です。

走行中に異音がする、ハンドルがとられるような感覚がある、安全装備やセンサーが反応しないなど、見た目では分からない様々な不具合が出る恐れがあります。
このような不具合は、たとえ修復がしっかりとされていても起こるリスクがあり、原因の追及にも時間がかかります

購入時の価格は安く抑えられても維持費がかかる可能性有り

上述のように、実際に乗り始めてから何度も故障や不調が発生すると、そのたびにメンテナンス費用が必要になります。
たとえ、購入価格が安く抑えられたとしても、乗り続ける中でメンテナンス費が積み重なっては安く購入した意味がなくなってしまいます。

購入時は、安さだけにとらわれず、トータルで必要な維持費を考慮してください。

修復歴車を購入する場合に注意するべきポイント

全ての修復歴車が危険で絶対に購入してはいけない訳ではありません。
問題なく走行することができる車両があることも事実です。

修復歴車の購入を検討したときに注意するべきポイントを3つ説明します。

信頼できる中古車販売店から購入する

信頼できる中古車販売店を見つけることが最も重要です。
質問に、できる限り丁寧に答えてくれるか、誠実に対応してくれるか、慎重に見定めましょう。

第三者機関に認定されているかどうかも、信頼できる中古車販売店を見つけるための1つの目安です。

修復歴の定義を決めている組織の1つである日本中古自動車販売協会連合会は、一定の基準を満たした中古車販売店をJU適正販売店として認定しています。

そのほか、中古車検索サイトであるグーネットやカーセンサーも厳しい審査や鑑定を行い、認定証を発行しています。中古車購入時には認定中古車を選ぶことをおすすめします。

修復歴の内容を確認する

修復歴ありの場合、販売店スタッフに修復した部品や修復の程度、その原因となった事故や災害の内容などを確認します。
骨格部分を修復しているといっても、フレームの小さな凹みを修復しているものから、部品をすべて交換しているものまで車によって状況は様々です。

修復歴の内容があいまいな場合や不明な場合は購入は控えましょう

価格だけを見て、修理歴などを確認せずに購入することはNGです。

車を実際に見て、試乗する

修復歴ありの車が確実に修復されているかは、素人が見ても判断がつきません

しかし、ドアの開閉に違和感がある、試乗してみるとロードノイズがひどい、まっすぐ走行できないなど、実際に車をよく確認することで、不調を明らかに感じることができます。

修復歴車の購入を検討している場合には、購入前に念入りに車の確認や試乗をしましょう。

修復歴車に関するエピソード

レディバグにご来店頂いたお客様の中にも、修復歴ありの車を購入されたことがあるお客様が何組かいらっしゃいました。
過去、私が店員としてお客様から伺ったエピソードを紹介します。

【お客様の事例1】
修復歴車を購入後、ハンドルがとられる感じがして…

中古車販売店で修復歴ありの軽自動車を購入し、3日前に納車。
購入時は急いでいて、とにかく安くて、早く納車できる車を探していたようです。

しかし納車していざ乗ってみると、ハンドルがとられてしまう感覚があり、思うように走行できず運転が怖くなってしまったということです。

レディバグで新しい車を契約後、代車をお貸しして納車まで乗っていただくことにしました。

安く、早く納車できる修復歴車を購入したところ、納車後3日で手放すことになり、非常に後悔されていました。

【お客様の事例2】
レディバグで査定の時に修復歴車であることが判明

車の乗り換え希望のお客様に、下取り車を査定したところ修復歴があることが判明。
事前に事故の有無や修復歴の有無をお客様に確認した際には「特に無い」と申告頂いていました。

査定後、お客様に修復歴があることをお伝えしたところ、かなり驚いた様子。

下取り車を販売した販売店が告知をしていなかったのか、お客様が修復歴があることを忘れてしまったのか、数年前のことでお客様も覚えておらず、契約書なども保管していないとのこと。

トラブルもなく乗れていたのは良かったのですが、修復歴車ということで査定額が下がってしまい、とてもがっかりされていたお客様の姿が今でも印象に残っています。

レディバグ 在庫検索

安心できる未使用車という選択

車を提案する販売スタッフ

修復歴車の最大のデメリットは安心安全が保障されていないことです。

信頼できる中古車販売店を見つける、細かく修復内容を聞く、実際に車を良く見て乗ることは非常に労力のかかることですが、それでも購入に失敗してしまうこともあります。
実際は、中古車の購入は修復歴車に限らず、失敗してしまうこともあるのです。

前述したお客様のエピソードでも、安く早く入手できる車として修復歴車を選んだことが失敗に繋がりました。

車選びが不安、頼れるスタッフに相談したいという方はぜひ、埼玉県最大級の在庫台数を誇る軽未使用車専門店であるレディバグにご相談ください。

レディバグの扱う未使用車とレディバグについて簡単に紹介します。

未使用車とは

未使用車は、正式には「登録(届出)済未使用車」と呼ばれています。

新車から一度名義登録されただけの車を指し、一般のお客様の手に渡っておらず、誰も乗っていない車です。
つまり、「書類上は中古車として扱われるが、実際はほぼ新品の状態」の車を指します。

状態は新品でありながら、書類上は中古車として扱われる未使用車は、価格が安い、納車までの期間が短い、安心安全で長く乗れるメリットがあります。

未使用車が生まれる理由やメリットデメリットなどについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

レディバグは埼玉県最大級の軽自動車・未使用車専門店

レディバグは、埼玉県最大級の在庫台数を誇る軽自動車・未使用車専門店です。

レディバグでは、未使用車の条件として「新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満の車」と定めており、厳選された車を取り揃えています。

また、オールメーカー・オールジャンルの軽未使用車を取り扱っています。
年間2000台の販売実績があり、常時700台以上の在庫車を保有しているため、お客様にピッタリの未使用車が見つかります

レディバグ 在庫検索

オンラインでも相談可能

レディバグでは、場所が遠くて行けない、足を運ぶ時間がない、という方もオンライン商談を実施しておりますので、是非ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

下の画像をクリックすると、詳細ページを確認できます。

レディバグONLINE

まとめ

車と人の良好な関係を表すイメージ

今回は、修復歴のある車は購入は見送るべきか、メリット・デメリットをもとに説明しました。

結論、何か特別な理由が無い限りは修復歴のある車はおすすめしません。
修復歴のある車は安全性に不安があることに加え、車選びが難しく、故障のリスクも高くなります。

  • ・修復歴と事故歴の違いに注意
  • ・修復歴のある車は価格は安いが、デメリットの方が圧倒的に多い
  • ・価格を抑えて安心安全な車に乗るなら未使用車がおすすめ

車に関するご相談はぜひ、埼玉県最大級の在庫台数を誇る軽未使用車専門店レディバグのスタッフにお任せください。

とりあえず相談する
とりあえず予約する
電話問合せ
来店予約フォーム
クルマを探す