軽自動車未使用車専門店レディバグ!
埼玉東部地域最大級の在庫台数!最短3日で納車可能!

営業時間と休日のご案内

営業時間
10:00 - 18:00 (木曜日は17:00まで)
店舗定休日:第1・第3火曜日・毎週水曜日(祝祭日は営業)
※2023年4月1日より定休日が変更になりました。
カスタマーサポート
0120-782-588 納車・車検・整備・保険等について
受付時間:10:00 - 18:00 年中無休(年末年始を除く)

営業日カレンダー

3月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

4月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

…定休日 …整備工場のみ休業日

ホンダの軽商用車N-VANのEVがついに登場!2024年春に発売予定のN-VAN e:の先行情報をご紹介

メインビジュアル

ホンダは、2024年春に発売を予定している軽商用車EV「N-VAN e:(エヌバン イー)」に関する情報を先行公開しています。
「仕事にも遊びにも使える軽バン」として人気のN-VANのEV化とあって、非常に注目されるモデルです。

本記事では先行公開されている情報の中から、デザインや航続距離、安全性能など気になるポイントをご紹介します。

この記事を読んでわかること

  • N-VAN e:のグレード設定と主な装備
  • 内装/外装/安全性能の魅力
  • 充電時間や走行性能

ホンダN-VAN e:とは

N-VAN e:は、ホンダから2024年春に発売予定の電気自動車です。
人気のNシリーズの商用車、N-VANのEVモデルとなっています。

ホンダは日本国内の四輪車販売において、2030年にハイブリッド車を含めて100%電動車とすることを目指しており、EVの本格展開のスタートとしてN-VAN e:が発売されます。

N-VANの広い車内空間や積載性能はそのまま、電気自動車ならではの力強い加速や滑らかな走り、高い静粛性が魅力の1台です。

軽商用車EVの魅力

前述の通り、N-VAN e:は電気自動車ならではの力強い走りと高い静粛性が特徴。
電気自動車ならではの魅力について、詳しく紹介します。

力強い走り

多くの荷物を乗せて走行する軽商用車ユーザーにとって、加速が悪くなることは懸念点の1つではないでしょうか。
その点、N-VAN e:はN-VANターボ車と同等の加速性を実現しているため、ストレスフリーな走行が可能です。

高い静粛性

高い静粛性は低振動・低ノイズを実現。
クルマに乗る時間が多いドライバーの、ストレス軽減に繋がります。

また、車外に対しても静かな電気自動車は、音に対するストレスを軽減してくれます。朝早くから夜遅くまで住宅地へ配送をするドライバーの音に対する不安、そして近隣住民の騒音問題についても貢献してくれるでしょう。

グレード設定と主な装備

N-VAN e:のグレードは、新車オンラインストア「Honda ON」限定グレードを含め3つ設定されています。

e:L4

シンプルなスタンダードタイプ
先進の安全運転支援システムHonda SENSING(ホンダセンシング)の他、ハロゲンヘッドライト、オートエアコンなどが標準装備です。

エヌバン イーe:L4の正面画像

出典: 本田技研工業株式会社

e:FUN

ポップで親しみやすいタイプ
Honda SENSING(ホンダセンシング)、フルLEDヘッドライトや急速充電ポートなど装備が充実しています。

エヌバン イーe:FUNの正面画像

出典: 本田技研工業株式会社

e:L2

新車オンラインストア「Honda ON」限定
大胆に助手席側シートをなくした積載性重視のタイプ
Honda SENSING(ホンダセンシング)ではなく、安全運転支援機能が装備されます。
その他、手動ドアミラーやハロゲンヘッドライト、オートエアコンなどが標準装備です。

エヌバン イーe:L2の正面画像

出典: 本田技研工業株式会社

レディバグ車両検索

N-VAN e:の内装の魅力

快適な運転席

運転席には、姿勢の安定を支えるシートを採用
長時間の運転も安心です。

また、エアコンスイッチやUSBジャックなどが運転席から手が届く位置に配置されている点も魅力です。

運転席シートと運転席周りのイメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

たくさん積める荷室

N-VAN e:の室内は、バッテリーの薄型化にこだわった低床プラットフォームとピラーレスによる大きな開口部が特徴。

ガソリン車のN-VANで実現した、商用車には必須の荷物の積み下ろしのしやすさと、大容量の荷室空間を受け継いでいます

助手席もフラットにすれば、長尺の荷物も楽々積載可能です。

ピラーレスによる大きな開口部の画像

※画像はN-VAN

出典: 本田技研工業株式会社

オンラインストア限定グレード

新車オンラインストア「Honda ON」限定で発売されるe:L2は、助手席側シートをなくした積載性重視のグレードです。
配送業で積載性にこだわりたい方におすすめです。

e:L2の車内イメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

レディバグ車両検索

N-VAN e:の外装の魅力

仕事にも趣味にも使えるデザイン

N-VAN e:のエクステリアデザインは、N-VANをベースにした親しみやすく、全体的に角が取れたような丸みのあるデザインです。

e:FUNグレードは車体色と同色のドアミラーやフルLEDヘッドライトが装備され、よりポップで可愛らしさを感じるデザインになっています。

e:L4とe:FUNの画像

※画像は左がe:L4、右がe:FUN

出典: 本田技研工業株式会社

個性も出せるボディカラー

N-VAN e:に設定されるボディカラーはベーシックなカラーから個性的なカラーまで幅広く、そのラインナップはグレードによって異なります

e:L4

・モノトーン5色、2トーン2色の計7色

e:L4のボディカラー

出典: 本田技研工業株式会社

e:FUN

・モノトーン5色、2トーン3色の計8色

e:FUNのボディカラー

出典: 本田技研工業株式会社

e:L2

・モノトーン2色

e:L2のボディカラー

出典: 本田技研工業株式会社

レディバグ車両検索

N-VAN e:の走行と充電

エヌバン イー充電のイメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

航続距離

正式な数値は未発表ですが、航続距離(WLTCモード)は210km以上を目標としています。
すでにミツビシから発売されている軽商用車EVのミニキャブEVの航続距離は180㎞なので、実現すれば非常に頼もしい航続距離です。

充電時間

充電は普通充電と急速充電の2種類があります。
普通充電(6kW)では約5時間、急速充電(50kW)では約30分で充電が可能です。
※自宅で充電をする場合には充電設備が必要です

また、外出先で充電する場合の充電器設置数は、2023年3月時点で約30,000基。
高速道路のサービスエリアや自動車販売店、コンビニエンスストア、道の駅など、日本全国の電気自動車用充電スタンドが増えています。

Honda CONNECT

Honda Total Care(無料)に加入すると、アプリで充電待機時間の設定や充電に使う電流量の設定が可能。
無駄なく、効率的に充電をしたり航続距離を伸ばしたい方へおすすめです。

N-VAN e:の安全性能

N-VAN e:は先進の安全運転支援システムであるHonda SENSINGを、e: L4とe: FUNに標準装備

  • ・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • ・先行車発進お知らせ機能
  • ・歩行者事故低減ステアリング
  • ・路外逸脱抑制機能
  • ・標識認識機能
  • ・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • ・車線維持支援システム(LKAS)
  • ・オートハイビーム
  • ・誤発進抑制機能
  • ・後方誤発進抑制機能
  • ・パーキングセンサーシステム(フロント/リア)
  • ・急アクセル抑制機能(別途セッティングが必要)

e: L2には以下の安全運転支援機能が標準装備です。

  • ・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • ・歩行者事故低減ステアリング
  • ・路外逸脱抑制機能
  • ・オートハイビーム
  • ・パーキングセンサーシステム(リア)

代表的な機能をいくつかご紹介します。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)※全グレード標準装備

衝突軽減ブレーキ(CMBS:Collision Mitigation Braking System)は車両や歩行者、自転車と衝突の危険がある際に、音とディスプレー表示で警告後、衝突の危険が高まったと判断した場合には自動的に強いブレーキをかける機能です。
これにより、衝突回避や衝突被害の軽減に貢献します。

衝突軽減ブレーキ作動イメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

歩行者事故低減ステアリング※全グレード標準装備

歩行者事故低減ステアリングは歩行者と車線を検知・予測することで、衝突回避を支援する機能です。
約10km/h~約40km/hで走行中に歩行者側の車線を逸脱し、路側帯(歩行者専用エリア)に立ち止まる歩行者と衝突の危険があると検知した場合に音とディスプレー表示で警告し、車道方向へのステアリング操作支援をします。

歩行者事故低減ステアリング作動イメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

急アクセル抑制機能※e: L4とe: FUNに標準装備

踏み間違いによる急発進、急加速を抑制し、⾳と表⽰で警告。
工場出荷時は機能オフの設定なので、ディーラーオプションで設定をオンにしてもらう必要があります。
ご注意ください。

急アクセル抑制機能のイメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

まとめ

車と人の良好な関係を表すイメージ

今回は、2024年春発売予定のN-VAN e:の魅力を先行公開されている情報をもとにご紹介しました。
非常にポテンシャルが高く、商用利用も検討できる軽自動車です。

もともと、親和性が高いと言われる軽自動車と電気自動車。
2022年に日産と三菱の共同開発で生まれた日産サクラと三菱ekクロスEVは、電気自動車としては異例のヒットと言われるほど販売を伸ばしています。

そのため、今春発売予定の軽商用車EVであるN-VAN e:への注目度も非常に高まっています。

価格や航続距離、補助金など正式な情報は未発表ですが、N-VAN e:に興味のある方はぜひ、公式サイトで最新情報をチェックしてみてください。

とりあえず相談する
とりあえず予約する