ムーヴキャンバスがモデルチェンジ!新型の内装や色を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイキャッチ

この記事を読んでいる方はスライドドアの見た目にこだわったクルマをお探しの方なのではないでしょうか。
ダイハツムーヴキャンバスはレトロ感もありつつ個性的で飽きの来ないデザインで人気のスライドカーです。
そんなムーヴキャンバスが2022年7月にフルモデルチェンジをしました。
今回の記事では新型ムーヴキャンバスの魅力を紹介します。

新型ムーヴキャンバスとは

新型ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスは2016年に誕生したダイハツが販売している人気の軽自動車です。

2022年7月にフルモデルチェンジされ、新型にはデザインとコンセプトの異なる、ふたつのシリーズであるストライプスとセオリーが設定されました。
さらに、ユーザーからの要望の高かったターボモデルも選べるようになり、今までターゲットとしていた女性に加え、男性ユーザーへの広がりが意識されています。

もともと人気の高いムーヴキャンバスですが、新型になり、デザインや性能などさらにパワーアップしています。

新型ムーヴキャンバスの基本情報

基本情報

【ストライプス】

グレード本体価格駆動車高燃費WLTCモード
X1,496,000円
1,622,500円
2WD
4WD
1,655mm
1,675mm
22.9km/L
21.6km/L
G1,672,000円
1,798,500円
2WD
4WD
1,655mm
1,675mm
22.9km/L
21.6km/L
Gターボ1,793,000円
1,919,500円
2WD
4WD
1,655mm
1,675mm
22.4km/L
20.9km/L

【セオリー】

グレード本体価格駆動車高燃費WLTCモード
X1,496,000円
1,622,500円
2WD
4WD
1,655mm
1,675mm
22.9km/L
21.6km/L
G1,672,000円
1,798,500円
2WD
4WD
1,655mm
1,675mm
22.9km/L
21.6km/L
Gターボ1,793,000円
1,919,500円
2WD
4WD
1,655mm
1,675mm
22.4km/L
20.9km/L

新型ムーヴキャンバスの車高は1,655mm〜1,675mmです。

もし、機械式駐車場にクルマを止める方は注意が必要です。
立体駐車場の基準は1,550mm以下なので、新型ムーヴキャンバスは立体駐車場に駐車することができません。
ショッピングモールなどの自走式駐車場の高さ制限は2,000mm〜2,500mmなので問題なく駐車可能です。

【ストライプス】と【セオリー】

ストライプスとセオリーは価格や性能は同じですが、それぞれ特徴があります。

ストライプスはかわいく、おしゃれなキャンバスです。
外装は2トーンカラー、内装も明るく、ポップに仕上がっています。
かわいらしさと洗練されたデザインで、等身大志向の若年層をターゲットとしています。

セオリーは自分の軸、もの選びの基準や理論(セオリー)がある、大人のためのキャンバスです。
カラーはモノトーンのみ、内装や外装にはメッキや本革巻が使用され、こだわりが見えます。
シックさや上質感を楽しみたい、男性を含めた大人をターゲットとしています。

内装の魅力

雰囲気の異なるインテリア

新型ムーヴキャンバスの内装は内装色や素材など、ボディカラーが2トーンカラー設定のストライプスとモノトーン設定のセオリーで異なります。

【ストライプス】

インパネ部分はホワイト、シートはファブリックシートのライトグレーで明るく爽やかな印象です。
GやGターボグレードは、インナードアハンドルにメッキが使われたり、ステアリングホイールやインパネセンターシフトがシルバー加飾付きになったりします。

新型キャンバスインパネ

【セオリー】

インパネ部分はブラウン、シートはファブリックシートのネイビーでシックで落ち着いた印象です。
セオリーでは、メッキのインナードアハンドルやエアコンレジスターノブは標準装備です。
GやGターボグレードは、ステアリングホイールやインパネセンターシフトが本革巻になり、高級感のある仕上がりです。

セオリー内装

出典:ダイハツ工業株式会社

こだわりの収納

収納は初代のムーヴキャンバスに装備されていた基本的な収納はもちろん、こだわりの収納や機能があります。

ワイヤレス充電機能Qi(インパネセンタートレイ)

9インチスマホ連携ディスプレイオーディオとセットでメーカーオプションで選択可能です。
置くだけでスマホの充電ができる機能が装備されます。
後付け不可のオプションなので注意が必要です。
ワイヤレス充電機能Qi
出典:ダイハツ工業株式会社

ホッとカップホルダー

G、Gターボグレードには、飲み物の温かさをキープする軽初のホッとカップホルダーが装備されています。

広い視界で快適な運転

マルチインフォメーションディスプレイ

メーター位置は従来のセンターメーターではなく、運転席前になりました。
標準装備のマルチインフォメーションで視認性が高く、視線移動も少なくなるため快適な運転を支えてくれます。
ストライプス、セオリー共にG、Gターボグレードにはタコメーターと専用のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが装備されています。

フロントピラーの形状

フロントガラスの横にある、フロントピラー(Aピラー)は運転しやすいすっきりとした視界になるよう、形状にこだわり、カラーをブラックにしています。

外装の魅力

シンプルで飽きのこないデザイン

デザインは、従来のシンプルで可愛らしいデザインをベースに、すっきりと洗練されたものになりました。
セオリーはメッキ調のピンストライプやメッキリヤバンパーモールが装着されています。

さらに、アクセサリーを用いてカスタマイズするとアナザースタイルとして自分好みに楽しむことができます。

【ストライプス】

ストライプス外装

【セオリー】

セオリー 外装
出典:ダイハツ工業株式会社

豊富なボディカラー

ボディカラーはストライプスが8色、セオリーが7色の設定です。

2トーンカラーであるストライプスにはアプリコットピンクメタリックやシトラスイエロークリスタルシャインが専用で設定されています。
モノトーンのセオリーは全体的に落ち着いた設定色となっており、ブラックマイカメタリックが専用で設定されています。
どちらもボディカラーは豊富なので、お気に入りの色が見つかるはずです。

両側パワースライドドア

新型ムーヴキャンバスは両側電動スライドドアが標準装備です。
多くの車種が、上級グレード、またはメーカーオプションでないと両側電動スライドドアは装備されないため非常に珍しい車種であると言えます。

さらに、G、Gターボグレードにはパワースライドドアウェルカムオープン機能が装備されています。
降車時にインパネのスイッチで予約をしておけば、乗車時に鍵を持ってクルマに近づくだけでパワースライドドアが自動で解錠、オープンする機能です。

新型ムーヴキャンバスの安全性能

新型ムーヴキャンバスにはダイハツ予防安全機能である、スマートアシストが搭載されています。
機能によってグレード別やメーカーオプションの場合があるため、購入時には必要な機能が装備されているかを確認してください。

衝突回避支援

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前後)
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制制御機能
・ふらつき警報
・路側逸脱警報機能

新型ムーヴキャンバスは最新のステレオカメラ、誤発進抑制機能はブレーキ制御付を採用しました。

認識支援

・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・AHB(オートハイビーム)、ADB(アダプティブドライビングビーム)
・サイドビューランプ

運転負荷軽減

・全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)
・LKC(レーンキープコントロール)

ターボグレードが設定されたことで、運転負荷軽減の機能が装備されました。

駐車支援

・スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)
・パノラマモニター
・コーナーセンサー(フロント2個/リヤ4個)

スマートパノラマパーキングアシストとパノラマモニターはメーカーオプションで選択可能です。

新型ムーヴキャンバスの良くある質問

質問

新型になって何が変わったのか

フルモデルチェンジのためさまざまな変化がありますが、特に、今まで弱点と言われていた点を改良しているため、ご紹介します。

・DNGAという新プラットフォームを採用したことで、ボディは強度を高めつつ車両重量は軽くなり、乗り心地もよくなりました。
・新たにターボグレードが設定されました。
・メーター位置が、センターから運転席前へ変わりました。

その他、燃費性能の向上、グレード別で電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能の採用など新型にふさわしい性能です。

燃費性能はどのくらい向上したか

新型ムーヴキャンバスの燃費はノンターボの2WD車で初代の20.6 km/Lから22.9km/Lと約10%向上しています。(燃費WLTCモード)

新型ムーヴキャンバスをおすすめしたい人

・自分の好きなように仕様を選んだりカスタマイズしたりしたい
・オシャレと走り心地、どちらも譲れない
・価格を抑えて両側電動スライドのクルマに乗りたい
・最新の性能が備わったクルマに乗りたい

新型ムーヴキャンバスはかわいらしさだけでなく、より幅広い人に愛されるための仕様や性能へと進化しました。
気になった方は是非、実際に見てみてください。