子育て世代におすすめのスライドドア付き軽自動車をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て世代アイキャッチ

スライドドア付きのハイトワゴンタイプの軽自動車は車内空間が広く、特に子育て世代に人気があります。
スライドドア付き車種は狭い駐車スペースでの乗り降りもしやすく、お子さんが勢いよくドアを開閉しても周りの障害物や他のクルマにドアをぶつけてしまう心配もありません。

最近では数多くのスライドドア付き軽自動車があるため、どの車種にしようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、子育て世代におすすめのスライドドア付き軽自動車5選をおすすめポイントとともにご紹介します。

スライドドア付き軽自動車のメリット

乗り降りしやすい

スライドドア付き軽自動車は開口口が大きく、低床設計になっているため乗り降りがしやすいです。

特に小さなお子さんがいる方はベビーカーなどの大きな荷物の積み下ろしもしやすく、スライドドア付きのメリットをより感じられます。

スライドドア開口口

狭いところでも安心

スライドドアはドアを開ける際のスペースが狭い場合に非常に便利です。
最低限、人一人が乗り降りできるスペースがあればドアの開閉も可能なので狭い駐車スペースに駐車ができます。

また、お子さんの場合、急にドアを開けてしまうこともあると思いますが、スライドドアから乗り降りすることで周りの障害物や隣のクルマなどにぶつけてしまう心配が無くなるため、安心です。

自動開閉可能

電動スライドドアが付いている車種やグレードを選ぶと、スライドドアの自動開閉が可能になり、楽に操作することが可能です。

ドアノブのスイッチを押す、ドアノブを引く、キーに付いているスイッチを押すなど簡単な操作で開閉可能で、最近ではドアの下に足をかざしたり、開閉の予約機能がついていたりする車種も登場しています。

自分の使い方に合わせて選ぶことができるので、機能を比較してみてください。

スライドドア付き軽自動車のデメリット

車両価格が高め

スライドドア付き軽自動車は、車種やスライドドアが手動か電動かによっても変わりますが、ヒンジドアのものと比べて使われる部品の多さや機能性などの理由から車両価格が高くなる場合が多いです。

もともと低価格が売りの軽自動車ですが、長く乗るものなので、価格や装備などトータルで見たときに自分の希望に沿うものを選ぶようにしてください。

ドアの開閉に注意

手動のスライドドアは半ドア状態の場合、坂道などで勝手に閉まってしまうことがあります。

また、電動スライドドアの場合は操作ミスで開閉してしまうこともあり、手や荷物をドアに挟んでしまう可能性や、天候が悪いときは車内が濡れてしまうこともあります。
作動中に、好きな位置で開閉をストップできる一時停止機能が装備されている車種やグレードもあるため、心配な方は検討してみてください。

車両重量が重くなる

スライドドア付き軽自動車はどうしても車両重量が重くなるため、ヒンジドアの軽自動車と比較すると走りが重くなったり、燃費が悪くなったりします。

軽自動車はエンジンの大きさが決まっているため、車両重量は軽い方が燃費が良くなる傾向があります。
現に、スライドドア車はヒンジドア車よりも燃費が劣っている事が多くあります。

しかし、車両の軽量化やエンジンの改良などさまざまな工夫がされているため、極端に走行性能や燃費が悪くなることはありません。
購入前には試乗をおすすめします。

スライドドア付き軽自動車おすすめ5選

届出済軽未使用車専門店レディバグの販売実績をもとに、スライドドア付き軽自動車おすすめ5選を紹介します。

車両本体価格、燃費、車種の紹介、子育て世代におすすめのポイントの順に紹介します。

スズキ スペーシア

スペーシア画像

  • 新車価格:1,312,300円~2,006,400円
  • カタログ燃費:19.2km/L~22.2km/L

スペーシアとは

スペーシアは「ザ かぞくの乗りもの」のキャッチコピーの通り、広くて使いやすい空間、スムーズで低燃費な走りに加えて、先進の安全装備の充実と家族に嬉しいポイントが多くあるクルマです。

ノーマルなスペーシアの他に、カスタム車であるスペーシアカスタム、SUVライクなデザインのスペーシア ギア、2021年12月に登場したスペーシア ギア MY STYLEがあります。

おすすめポイント①低燃費

スペーシアは軽ハイトワゴンナンバー1の低燃費です。
車両重量が他のハイトワゴンと比較して軽く、マイルドハイブリッドシステムが採用されています。

何かと出費の多い子育て世代に嬉しい、お財布に優しいクルマです。

おすすめポイント②隠せる収納の多さ

スペーシアの内装はスーツケースをモチーフにしたデザインで、隠す収納が多くあります。

インパネアッパーボックスやインパネボックスがスーツケースの一部のようなデザインで、クルマに乗る度に旅行気分にさせてくれます。

また、助手席下のシートアンダーBOXは持ち運びや丸洗いが可能で、お子さんの汚れた靴や洋服も入れることができます。

スペーシア収納

おすすめポイント③スライドドアの軽さ

スペーシアは高強度かつ軽量な素材を使用したボディーで軽量化に成功しました。
手動のスライドドアの場合、多くの場合は開閉時に重さを感じることが殆どですが、スペーシアは他のスライドドア付き軽自動車と比較してスライドドアも軽く、開閉に必要な力も少なくて済みます。

スペーシアについてはこちらの記事もご覧ください。

ニッサン ルークス

ルークス

  • 新車価格:1,415,700円~2,132,900円
  • カタログ燃費:16.4km/L~20.8km/L

ルークスとは

ルークスの名前は、英語のRoomとMaxを融合させた造語となっています。
名前の由来から、軽自動車でありながらゆとりのある空間を感じることができるクルマであることが分かります。

グレード別でプロパイロットやハンズフリースライドドアが装備されており、その他先進技術や便利な機能が多数搭載されています。

おすすめポイント①ゆとりのある車内空間

スライド付き軽自動車トップレベルの広い室内空間を確保し、大人4人がゆったりとくつろぐことができます。

シートには疲れを軽減するゼログラビティシートを採用しており、家族でのお出かけも快適に楽しむことが可能です。
また、後席の室内高は1,400mmあり、小さなお子さんであれば立ったまま着替えることもできます。

おすすめポイント②先進安全技術

ルークスは「新総合評価(自動車安全性能2021)」において、最高評価「ファイブスター賞」を獲得しました。

全車に安全装備が標準装備で、グレード別ですが軽自動車初の2台前を走る車両を検知し注意を喚起してくれる前方衝突予測警報やプロパイロットを搭載しています。
その他SOSコールやアラウンドビューモニターが搭載されており、安心安全な運転をサポートしてくれます。

おすすめポイント③ハンズフリーオートスライドドア

グレード別で片足をドアの下部に振り入れるだけでスライドドアが開閉できる、ハンズフリーオートスライドドアが装備されています。
お子さんを抱っこしながら、ドアに触れず楽に開閉が可能です。

ルークス オートスライドドア
出典:日産自動車株式会社

ルークスについてはこちらの記事もご覧ください

ホンダ N-BOX

NBOX画像

  • 新車価格:1,448,700円~2,128,000円
  • カタログ燃費:19.0km/L~21.2km/L

N-BOXとは

N‐BOXは「ニュー ネクストニッポン ノリモノ」をキャッチコピーとして2011年に初代が発売されて以来、常に販売台数ランキングのトップを走り続けています。
まさに、日本の自動車業界に衝撃を与えたクルマです。

全グレードにホンダセンシング(衝突被害軽減ブレーキ)が搭載され、インテリア、デザイン面だけでなく、走行性能、安全装備も充実してます。

おすすめポイント①選べるシートスタイル

N-BOXはベンチシート仕様、スーパースライドシート仕様、スロープ仕様の3つの中からシートタイプを選択することが可能です。

ベンチシート仕様とスーパースライド仕様はリアシートは19cmのスライド幅があり、左右別々に調整できます。
さらに、スーパースライド仕様はスライド量57cmの大きく前後に動かせる助手席シートが特徴です。

スライドリアシートと組み合わせると、後ろにいるお子さんのお世話もしやすくなります。

おすすめポイント②自由なシートアレンジ

N-BOXのリアシートは跳ね上げることができ、荷物を載せることはもちろん、お子さんの着替える場所として使うことが可能です。

NBOX シートアレンジ
出典:本田技研工業株式会社

肩の部分にあるレバーを引くと、ワンアクションでリアシートを足元に格納できます。
リアシートは格納するとフラットな状態になるため、自転車などの大きな荷物を載せたいときに便利です。

N-BOXカスタム荷室

おすすめポイント③ドアには便利な機能

N-BOXはキーを携帯していれば、前席のドアノブに軽く手を掛けるだけでドアロックが解除できます。

また、電動スライドドアの場合は挟み込み防止機構が付いているので万が一、操作ミスでドアが閉まってしまった際にも安心です。
ディーラーオプションで、足をかざしてスライドドアをオープンできるハンズフリースライドドアにもできるのでお子さんや荷物で両手がふさがっている時に便利です。

N-BOXについてはこちらの記事もご覧ください

ダイハツ タント

タント画像

  • 新車価格:1,243,000円~2,024,000円
  • カタログ燃費:18.8km/L~21.0km/L

タントとは

タントは2003年に発売され、背の高くて広い、ハイトワゴンタイプの先駆け的存在でファミリーカーとして人気があります。

タントの代名詞といえる助手席側の柱(ピラー)をなくしたことにより実現した「ミラクルオープンドア」は唯一無二の機能で、大きな荷物の積み下ろしや人の乗り降りがスムーズにできます。

おすすめポイント①ミラクルオープンドア

助手席側のドア間にある柱(ピラー)をスライドドアに内蔵したことで、助手席側のドアとスライドドアを全開し、1,490㎜の開口幅が実現しました。

これにより楽に乗り降りできるスペースが確保でき、ベビーカーも折り畳まずに載せることができます。

おすすめポイント②ロングスライドシート

運転席を最大540㎜スライドすることができる、ロングスライドシートが装備されています。
運転席への採用は、世界初です。

運転席に座ったままシートをスライドするだけで、後部座席の荷物を簡単に取ることや狭い駐車場でも運転席と反対側のドアから乗り降りすることも可能です。
助手席も380mmスライド可能で、ゆったりとくつろげる空間にアレンジできるのも、この機能の魅力です。

ロングスライドシート

おすすめポイント③お子さんに嬉しい装備

グレード別でシートバックテーブル、リアの格納式サンシェードなど特にお子さんがいる方にとって嬉しい装備が多いです。

シートバックテーブルは格納式で、500㎖の紙パックを入れられるドリンクホルダーや小物を置けるスペースがあります。
駐車中の休憩でお子さんがドリンクや食べ物を食べる際に便利です。

リアの格納式サンシェードは日差しを気にせずに車内で過ごすことが可能で、お子さんが眠ってしまったときなどにも活躍してくれます。

タントについてはこちらの記事もご覧ください。

ダイハツ ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス

  • 新車価格:1,496,000円~1,919,500円
  • カタログ燃費:20.9km/L~22.9km/L

ムーヴキャンバスとは

ムーヴキャンバスは2016年に誕生したダイハツが販売している人気の軽自動車です。
2022年7月にフルモデルチェンジをして、内装外装のデザイン変更や安全性能、燃費性能の向上などさらに幅広い世代に愛される仕様に進化しました。

可愛らしいデザインに目がいきがちなムーヴキャンバスですが、性能も良く、両側電動スライドドアが標準装備のクルマです。

おすすめポイント①両側電動スライドドア

ムーヴキャンバスは両側電動スライドドアが標準装備ですが、多くの車種が上級グレード、またはメーカーオプションでないと両側電動スライドドアは装備されないため非常に珍しい車種であると言えます。

グレード別でパワースライドドアウェルカムオープン機能が装備されています。
降車時にインパネのスイッチで予約をしておけば、乗車時に鍵を持ってクルマに近づくだけでパワースライドドアが自動で解錠、オープンする機能です。

おすすめポイント②高すぎない車高

車高は2WD車で1,655mmと他のスライド付き軽自動車と比較して車高が低いことが特徴です。
車高1,700mm以上のハイトワゴンタイプよりも横風の影響を受けにくいため、スライド付きでなるべく安定して運転したい方にはおすすめです。

おすすめポイント③個性のある機能

ワイヤレス充電機能Qiが9インチスマホ連携ディスプレイオーディオとセットでメーカーオプションで選択可能です。
置くだけでスマホの充電ができる機能が装備されます。

また、グレード別で飲み物の温かさをキープする軽初のホッとカップホルダーが装備されています。

忙しい子育ての合間に、効率良く携帯の充電ができたり温かい飲み物を飲んでホッとできたりと子育て世代に優しい機能です。

ムーヴキャンバスについてはこちらの記事もご覧ください。

まとめ

今回の記事では、子育て世代におすすめのスライドドア付き軽自動車5選をおすすめポイントとともに紹介しました。
同じスライドドア付きの車種でもそれぞれ個性が異なるため、使い方や好みに合うものが見つかるはずです。
是非、実物を見比べてみてください。

この記事がスライドドア付き軽自動車を選ぶうえで参考になれば幸いです。