• レディバグ
  • 新車・未使用車の知って得するクルマの知識
  • ダイハツタントには軽自動車初の機能が満載!その機能とは…

ダイハツタントには軽自動車初の機能が満載!その機能とは…

ダイハツタントには軽自動車初の機能が満載!その機能とは…

タントってどんな車?

タントはダイハツが生産・販売しているスライドカーと言われるファミリーカーです。

軽スーパーハイトワゴンという新たなジャンルを確立し、ホンダのN-BOXやスズキのスペーシアとともに現在の一大ブームを担っている軽自動車です。 2019年の7月にフルモデルチェンジが行われ、4代目となるタントが発売されました。

タント(Tanto)とはイタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味があり、その名のとおり軽自動車でありながら広々とした車内空間を特徴としています。

また、スライドドアが採用されたことによって乗り降りがしやすくなり、それまで軽自動車に対するイメージであった「セカンドカー」としてではなく、家族の「メインカー」としての軽自動車というスタイルを生み出しました。
運転のしやすさ、安全性能、車内空間の広さを兼ね備えており、2003年の発売時から2020年の現在まで、軽自動車の販売ランキングで常にトップ5圏内にランクインしています。
現行で4代目となるタントには軽自動車初の機能が満載!他の軽自動車にはない魅力を存分に紹介させて頂きます。

軽自動車初の機能が満載!タントだけにしかない機能

ロングスライドシート

乗用車としては世界初の機能として、運転席ロングスライドシートが搭載されました。

ロングスライドシート

助手席だけでなく運転席も前後にスライドする事が出来るため、例えばわざわざ車から降りなくても後部座席の荷物が簡単に取れるようになっています。
助手席も前後にロングスライドしますので車内の移動がスムーズに行える為、狭い駐車場でも運転席の反対側から乗り降りする事が可能になっています。

さらに、グレードによりますが、ボタン一つで左側のスライドドアを開けられる「パワースライドドア」が備わっていますので、両手が塞がっている時やお子様と一緒の時も、スムーズに乗り降りしやすくなっております。

次世代スマートアシスト

ダイハツ、スマートアシスト

出典:ダイハツ工業株式会社https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/06_safety.htm

15個の予防安全機能により、ストレスフリーな運転が可能です。
車だけでなく横断歩道の歩行者にも反応し、ペダルの踏み間違いやシフトの入れ間違いに対しても、衝突安全機能が働きます。

また、運転席・助手席のピラー(柱)を細くした事で運転時の視界を確保。
他の軽自動車と比べて左右の死角が少ないため、歩行者などを見落としにくく、誰でも安心して運転できます。
設計上においてもメーターの高さを抑えて作られているので、下方向へ抜けのよい運転視界を実現しています。

また、デジタルメーターは大きな表示サイズにより見やすさと分かりやすさを両立するとともに、運転操作とパネル表示が交差しないため視線の移動を少なくするよう設計されています。

ミラクルオープンドア

車の左側はピラーレス(柱のない設計)の為、開口幅約150cmの広々した入り口となっております。

ミラクルオープンドア

お子様と一緒にお出かけの時なども乗り降り時のスペースが広々確保でき、ベビーカーも折り畳まずに載せることが出来ます。
助手席側はイージークローザー付ですので、力の弱いお子様やご年配の方でもドアを安全に閉めきる事が可能です。

助手席のドアも運転席のドアも90度まで開きます。
3段階のストッパーが備わっている為、強風が吹いても安心してドアの開閉が可能となっています。

ウェルカムオープン機能

ウェルカムオープン機能

運転席のインパネに予約スイッチがあり、降車時にこのスイッチを押しておくと、乗車時にキーを持って車に近づくだけでパワースライドドアが自動で解錠しオープンします。
荷物をたくさん持っている時や子どもを抱っこしている時でも、わざわざキーを取り出すことなくスムーズに乗り込む事が出来ます。
この機能に関しては、グレードによってはメーカーオプションとなります。

タントカスタム

見た目がグレードアップ

タントカスタムは、2003年11月に発売された初代タントから遅れること1年半、2005年6月に新モデルとしてラインアップに加わっています。

標準モデルのタントとカスタムモデルのタントカスタムとの大きな違いは見た目です。
ファミリーカーにふさわしい柔和で角のない安心感のあるタントに対し、スポーティーで鋭い雰囲気をもつのがタントカスタムです。

リアコンビネーションランプには白色のクリアクリスタルが採用されて、高級感が加味されています。
また、内装もブラックで統一されており、足回りには14インチのアルミホイールが装備されているのでより一層高級感のあるデザインとなっております。
さらに、タントカスタムのフルLEDヘッドライトには、対向車へのハイビームを自動的に軽減するアダプティブドライビングビーム(ADB)機能が付いています。

スライドドアがグレードアップ

最近は電動スライドドアの軽自動車が人気ですが、両側とも電動スライドドアが装備されている軽自動車は限られています。
その中でタントカスタムは、標準装備で右側(運転席側)も電動のスライドドアとなっております。
他の軽自動車では、メーカーオプションで追加しないと両側スライドドアには出来ません。

また、上記でも記載しているウェルカムオープン機能も両側に備わっているため、両側からスムーズな乗り降りが可能となっております。
片側に縛られず乗り降りが可能になりますので、何不自由なく様々な用途で使用することが出来ます。

まとめ

さて、ここまでタントの紹介をさせて頂きましたがいかがでしょうか。
軽自動車初の機能が満載なタントは、今後のお客様のカーライフを充実させてくれる事はもちろん、皆安心に乗れるお車です。

子どもと車に乗る機会の多い方や送り迎え等で使われる方にぴったりなお車となっています。
現在、軽スーパーハイトワゴンと言われるスライドカーは人気の中心となっておりますが、その中でどの車にするか悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです。

  • 買い物をされる主婦の方
  • 小さな子供がいてベビーカーと一緒に車で出かけられる方
  • 送り迎えで車をよく使われる方

レディバグでは全メーカーの軽自動車を取り扱っておりますので、他のメーカーの車と実際に比較しながらお車選びをする事が出来ます。
タントが気になった方は是非レディバグ軽未使用車専門店に遊びに来て下さい。