ダイハツミライースの燃費性能と内装外装の魅力をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ ミライース

この記事を読まれている方は、低燃費で低価格なクルマを検討しているけれど、どの車種にするか迷っているという方なのではないでしょうか。
ダイハツミライースは低燃費、低価格、安心・安全なクルマの代表的な存在として人気があり、最近のCMではサステナブル・スモール(サステナブルな時代が求める、スモールなクルマ)として売り出されています。
今回の記事ではミライースの基本的な情報や注意するべき点、魅力について紹介します。

ミライースとは

ミライース赤

ミライースとはダイハツが生産し「サステナブルな時代が求める、スモールなクルマ」として販売しているセダンタイプのクルマです。

ミライースは2011年に初代が発売されて以降、低燃費・低価格・省資源を追求した第3のエコカーとして高く評価され、2017年にフルモデルチェンジをして現行モデルとなりました。

現行モデルはスタイリッシュなデザインと低価格、低燃費、安全・安心という点から幅広い世代から支持されています。

ミライースの基本情報

ミライースの基本情報を表にまとめました。

グレード本体価格駆動車高燃費
WLTCモード
B860,200円
992,200円
2WD
4WD
1,500mm
1,510mm
25.0 km/L
23.2 km/L
B “SA Ⅲ”926,200円
1,058,200円
2WD
4WD
1,500mm
1,510mm
25.0 km/L
23.2 km/L
L893,200円
1,025,200円
2WD
4WD
1,500mm
1,510mm
25.0 km/L
23.2 km/L
L “SA Ⅲ”959,200円
1,091,200円
2WD
4WD
1,500mm
1,510mm
25.0 km/L
23.2 km/L
X “SA Ⅲ”1,102,200円
1,234,200円
2WD
4WD
1,500mm
1,510mm
25.0 km/L
23.2 km/L
G “SA Ⅲ”1,232,000円
1,364,000円
2WD
4WD
1,500mm
1,510mm
25.0 km/L
23.2 km/L

ミライースの車高は2WD車で1,500mmです。

立体駐車場の基準は1,550mm以下なので、ミライースは立体駐車場に駐車することが可能です。
ショッピングモールなどの自走式駐車場の高さ制限は2,000mm〜2,500mmなので問題なく駐車可能です。

注意したいポイント

ミライースの注意したいポイントを説明します。

室内の狭さ

ミライースは車高が1,500mmと軽自動車の中でもトップクラスの車高の低さです。
車高が低いことで走行が安定する、車体が軽くなり燃費が良くなるなどメリットも多くありますが、どうしても室内は狭くなります。

背が高い方や大柄な方はミライースに狭さを感じる可能性があります。

ターボ設定は無し

ミライースにはターボ設定がありません。
ミライースは通勤通学や買い物など街乗りに使用する方が多いクルマです。

街乗りにはまったく問題ありませんが、よく高速道路を運転する方は物足りなさを感じるかもしれません。
購入前には試乗をオススメします。

価格を抑えているからこその装備

ミライースの本体価格が1,000,000円以下のグレードはドアミラーが手動の可倒式、リヤドア/バックドアウインドゥはスモークガラスになっておらず、リアシートのヘッドレストも付いていません。

他の車種では標準装備という装備もグレードによっては付いていない、メーカーオプションとなっている場合があります。
価格を抑えているからこその装備になっているため、欲しい装備は予め確認し、グレード選択をするようにして下さい。

内装の魅力

ミライースの内装について紹介していきます。

落ち着いたインテリア

ミライースの内装は、落ち着いた雰囲気のインテリアとなっています。

インパネはブラックを基調としたデザインとなっています。
X”SA Ⅲ”、G “SA Ⅲ”はブラックとオフホワイトが使われており、ドアハンドルやシフトレバーボタン、ステアリングホイールなどにメッキ加飾が施され、高級感のある仕上がりになっています。

また、シートカラーは全グレード共通でブラックを基調としたデザインです。
フロントシートはブラックとオフホワイトのコンビカラーになっています。
ミライース シート

出典:ダイハツ工業株式会社

デジタルメーター

ミライースはスピードメーターがデジタルメーターになっているため、一目で速度がわかりやすく、運転しやすくなっています。
燃費が良い運転ができているかどうかでメーターの色が変化するため、エコ運転が可能となります。
ミライース メーター
出典:ダイハツ工業株式会社

開け閉めしやすいバックドア

ミライースは樹脂バックドアを採用し、非常に軽いバックドアを実現しました。
樹脂バックドアの採用で閉める時の音も静かです。
バックドアハンドルも付いており、小柄な方でも開閉しやすくなっています。
さらに、スイッチ式バックドアオープナーを軽自動車で初めて採用しています。

バックドア

出典:ダイハツ工業株式会社

外装の魅力

ミライースの外装について紹介していきます。

スタイリッシュなデザイン

ミライースはショルダーラインと呼ばれるボディのサイド(窓の下部分)を伸びるライン上の凹凸をしっかり出すことで、がっちり力強く見えるデザインとなっています。
G “SA Ⅲ”は力強い顔つきに、LEDヘッドランプ、アルミホイールなどが採用されており、より格好良さを感じられます。
ミライース
出典:ダイハツ工業株式会社

選べるボディカラー

ミライースのボディカラーは全部で9色です。
グレードによって設定カラーが変わるため、ご注意ください。
X”SA Ⅲ”、G “SA Ⅲ”にはレモンスカッシュクリスタルメタリックが設定されており、個性を出したい方にオススメです。

イースカラーバリエーション

出典:ダイハツ工業株式会社

アクセサリーで自分好みに

ミライースはもともと、スタイリッシュなデザインで人気がありますが、アクセサリーを選ぶことでより自分好みにカスタマイズすることも可能です。
エアロパックやメッキパックなどお得なパックも用意されています。
フォグランプやアルミホイールなども付けることができるので、ぜひカスタマイズしてみてください。

ミライース上級グレード

出典:ダイハツ工業株式会社

ミライースの安全性能

今や安全性能はクルマ選びをする上で必要不可欠な要素です。
ミライースにも様々な安全性能が備わっています。

スマートアシスト機能

ミライースはB“SA Ⅲ”、L“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、G“SA Ⅲにダイハツの先進安全技術「スマートアシストⅢ」が装備されています。

スマートアシストⅢには以下の機能が含まれています。

  • ・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • ・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • ・車線逸脱警報機能
  • ・誤発進抑制制御技能(前方・後方)
  • ・先行車発進お知らせ機能
  • ・オートハイビーム

代表的な衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能は、走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ警報で注意喚起をしてくれます。
さらに危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速し衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与する仕組みです。

進化した衝突安全ボディ TAF

TAFは、Total Advanced Functionボディの略で、総合的に衝突安全機能が進化したボディという意味の造語です。

ミライースは、骨格構造により高い衝突安全性能を実現しています。
また、対人事故を考慮し、フロント部分各所に衝撃緩和装置・吸収スペースを設定することで、歩行者保護性能をより高めています。
ミライース 安全性能
出典:ダイハツ工業株式会社

乗員にやさしい安全インテリア SOFI

SOFIは、Safety-Oriented Friendly Interiorの略で、乗員にやさしく、より安全なインテリアを表した造語です。

・標準装備のデュアルSRSエアバッグ
前からの強い衝撃時、瞬時に膨張・収縮し、乗員の頭部、胸部への重大な傷害を軽減します。

・SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)
グレードによって設定されており、車両側面からの衝突の際に衝撃を緩和してくれます。
前方シートベルトはプリテンショナー機構とフォースリミッター機構を採用しています。

・プリテンショナー機構衝突の際即座にシートベルトを自動で巻き上げて、乗員の体を拘束し最大限の保護性能を発揮します。

・フォースリミッター機構
巻き上げられたシートベルトを少し緩ませることで、拘束による胸部への衝撃を和らげてくれます。

良くある質問

質問

ここまでミライースの基本情報や注意したいポイント、魅力を紹介してきました。
最後に、良くある質問にお答えします。

ミライースと比較される車種

ミライースと比較される車種はスズキ アルトです。
どちらも、セダンタイプで低価格、低燃費が売りの足代わりになるクルマとして人気です。

ミライースとアルトを簡単に比較してみます。
※ミライースL“SA Ⅲ”とアルトLが装備などでほぼ互角のためこのグレードで比較します

車種ミライース(L“SA Ⅲ”)アルト(L)
価格959,200円998,800円
燃費(WLTCモード)
25.0km/L25.2km/L
車高1,500mm1,525mm
最小回転半径4.4m4.4m
車両重量650kg680kg
ボディーカラー(単色)7色8色

デザインや内装なども違いがあるため、実際に見て自分の好みに合う車種を選んでみて下さい。
価格を少しでも抑えたい方はミライース、燃費が少しでも良いクルマが欲しい方はアルトがオススメです。(アルトはハイブリッド搭載車も設定されています)

アルトについては、こちらもご覧ください。

ミライースとアルトを比較したい方は、こちらをご覧ください。

実際の燃費はどうなのか

ミライースのカタログ燃費はWLTCモードで25.0km/Ⅼです。
市街地モードでは20.9km/Ⅼ、郊外モードでは27.3km/Ⅼ、高速道路モードでは26.6km/Ⅼです。

実際の燃費は乗る方の走り方によっても変わりますが、このWLTCモードは国際的な試験法である事と実走行に近い状態での試験のため、実際の燃費とかなり近い数値であると言えます。

ミライースは2011年に販売された時から低燃費、低価格を売りにしています。
最近では、ライバルであるスズキ アルトがフルモデルチェンジしたことで燃費は若干アルトの方が良くなりましたが、ミライースも低燃費であることに変わりはありません。

ミライースをオススメしたい人

ミライースをオススメしたい人

・丸みを帯びたデザインよりスタイリッシュで格好いいデザインが好き
・足代わりになる低価格で低燃費なクルマに乗りたい
・機械式駐車場に駐車することがある
・小回りの利くクルマに乗りたい

ミライースは「低価格」「低燃費」「安心・安全」を追求したクルマです。
買い物や通勤など、毎日の運転に活躍してくれること間違いなしです。

気になった方は是非、実物を見てみてください。