新型タントにファンクロスが新登場!内装や外装をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タントファンクロスアイキャッチ

この記事を読んでいる方は、アクティブに使えるアウトドア向きのハイトワゴンをお探しなのではないでしょうか。

2022年10月に、ダイハツからタントの新モデルであるタントファンクロスが登場しました。
もともと、子育て世代に人気の使い勝手の良いタントから新モデルが登場するとあって、注目を集めています。

今回の記事では、アクティブ感を前面に出している、話題のタントファンクロスの基本情報や内装外装の魅力をご紹介します。

タントファンクロスとは

タントファンクロス
出典:ダイハツ工業株式会社

タントファンクロスとは2022年10月に新しく登場した、タントの派生モデルで、楽しさを意味する「ファン」とアクティブさを表現する「クロス」を組み合わせた車名です。

ベースとなっているタントは2003年に発売され、背の高くて広い、ハイトワゴンタイプの先駆け的存在でファミリーカーとして人気があります。

人気車タントの派生モデルであるタントファンクロスは車内空間の広さ、タントの代名詞であるミラクルオープンドアなどの使い勝手の良さはそのまま、タフさを表現したSUVライクな外装デザインや撥水加工が施されたシートなどアクティブさを前面に押し出しています。

タントファンクロスの基本情報

グレード本体価格駆動車高燃費
ファンクロス1,721,500円
1,842,500円
2WD
4WD
1,785mm
1,805mm
21.9km/L
21.4km/L
ファンクロスターボ1,809,500円
1,930,500円
2WD
4WD
1,785mm
1,805mm
20.6km/L
19.6km/L

タントファンクロスの車高は1,785mm〜1,805mmです。

もし、機械式駐車場にクルマを止める方は注意が必要です。
立体駐車場の基準は1,550mm以下なので、タントファンクロスは立体駐車場に駐車することができません。
ショッピングモールなどの自走式駐車場の高さ制限は2,000mm〜2,500mmなので問題なく駐車可能です。

内装の魅力

ワクワク感を感じる内装

インパネはブラックを基調にオレンジがアクセントで入っており、アクティブさを感じさせます。

シートはレジャー使用を想定したデジタルモザイク柄です。
シート自体は撥水加工が、リヤシート背面には防水加工が施されています。

タントファンクロス内装
出典:ダイハツ工業株式会社

アウトドアを想定した装備

タントファンクロスにはアウトドアを想定した便利な装備が備わっています。

・上下2段調節式デッキボード
デッキボードの脚を立てれば、2段積みが可能になり、荷室を広く使用することが可能。
デッキボードは机としても使用可能です。

・ラゲージルームランプ
天井とデッキサイド右側にあり、暗い中での荷物の積み下ろし時に役立ちます。

・防水加工シートバック
先述の通り、リヤシート背面には防水加工が施されているため濡れてしまっても問題ありません。

・USBソケット(後席右側1口)
リヤにUSBソケットが備わっていることで荷室で過ごしながら携帯電話などの充電ができ、快適に過ごすことができます。

使い勝手の良い収納

収納も充実しており、ドリンクホルダーやインパネ周りの収納のほかにボックス付のアームレストや運転席と助手席の後ろに格納式シートバックテーブルを装備。

格納式シートバックテーブルには500㎖の紙パックを入れられるドリンクホルダーや小物を置けるスペースがあります。
先述したアウトドアを想定した装備と合わせて使うと、より車内で過ごす時間が楽しくなりそうです。

テーブル
出典:ダイハツ工業株式会社

外装の魅力

アクティブ感のあるデザイン

タントファンクロス

タントファンクロスは遊び心や道具感を感じさせるアクティブなデザインです。

ヘッドランプは四角く力強いデザイン、フロントグリルはタフさを強調。
また、ルーフレールが付いておりレジャーに必要な道具を載せることが可能です。

豊富なボディカラー

タントファンクロスのボディカラーはモノトーン8色、2トーン5色の計13色です。

2トーンはルーフがブラックでクールな印象。
アクティブ感のあるデザインに合わせて、アースカラーやアクティブなカラーが揃っています。

是非お気に入りのカラーを見つけてください。

【モノトーン】
モノトーン

【2トーン】
2トーン

ミラクルオープンドア

2007年に発売された2代目タントで軽自動車に初めて起用されたタントの代名詞的機能です。

助手席側のドア間にある柱(ピラー)をスライドドアに内蔵したことで、助手席側のドアとスライドドアを全開し、1,490㎜の開口幅を実現。
これにより楽に乗り降りできるスペースが確保できています。

開放感のある開口口で、大きな荷物の積み込みの際も、わざわざバックドアに回り込む必要はありません。

ミラクルオープンドア
出典:ダイハツ工業株式会社

タントファンクロスの安全性能

タントファンクロスにはダイハツ予防安全機能である、スマートアシストが搭載されています。

衝突回避支援

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前後)
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制制御機能
・ふらつき警報
・路側逸脱警報機能

タントファンクロスは最新のステレオカメラ、誤発進抑制機能はブレーキ制御付を採用しました。

認識支援

・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・AHB(オートハイビーム)
・サイドビューランプ

運転負荷軽減

・全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)
・LKC(レーンキープコントロール)

メーカーオプションで装備することが可能です。

駐車支援

・スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)
・パノラマモニター
・コーナーセンサー(フロント2個/リヤ4個)

スマートパノラマパーキングアシストとパノラマモニターはメーカーオプションで装備することが可能です。

タントファンクロスの良くある質問

タントファンクロスはタントと何が異なるのか

タントファンクロスはタントの派生モデルであるため、ピラーレスの構造やエンジンなどは同じですが、外装内装デザインの他に以下のような違いがあります。

・タントファンクロスのみに設定されているボディカラー有
・荷室/リヤシート背面の防水加工
・ラゲッジルームランプ
・後席USBソケット

タントファンクロスは通常のタントよりもアウトドアなどに適した仕様になっています。

比較される車種は何か

タントファンクロスはアクティブに使えるハイトワゴンですが、SUVな軽ハイトワゴンとして売り出しているスズキ スペーシアギアと比較されることが今後多くなるのではないでしょうか。

スペーシアギアについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

タントファンクロスをおすすめしたい人

・SUVライクでアクティブに広く使える軽自動車を希望している
・お子さんを連れてアウトドアに出かけたい
・アウトドア向きの最新のクルマに乗りたい

タントファンクロスはタントの特徴である、ミラクルオープンドアや室内の使い勝手の良さはそのまま、さらにアクティブなデザインや装備が追加されているクルマです。

気になった方は是非、実際に見てみてください。