スズキ新型ワゴンRスマイルの魅力を外装内装安全性別に説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキ ワゴンRスマイル

2021年9月に発売されたワゴンRスマイルは、軽ハイトワゴンに分類された、広々とした室内空間が人気のクルマです。

今回は、ワゴンRスマイルの基本情報のほか、多様なニーズに応える魅力をご紹介します。

ワゴンRスマイルの基本情報

ワゴンRスマイルは、3つのグレードが設定されています。

クルマのグレード選びは、使い勝手を左右する大きなポイントです。

グレード価格 駆動車高燃費WLTCモード
G1,296,900円
1,420,100円
2WD
4WD
1,695 mm23.9 km/L
22.5 km/L
HYBRID S1,472,900円
1,596,100円
2WD
4WD
1,695 mm25.1 km/L
23.6 km/L
HYBRID X1,592,800円
1,716,000円
2WD
4WD
1,695 mm25.1 km/L
23.6 km/L

既存のスライドドア車との最大の違いは、全高が低いことです。

ワゴンRスマイルの全高は1695mmで、ワゴンRより40mm高く、同じくスライドドアを持つスーパーハイトワゴンのスペーシアより45mm低くなっています。

その45mmを削ぐことで、横風の影響を受けにくくなり走行が安定する他、ルーフに手が届くことから洗車がしやすい、高さ制限のある駐車場に止めやすいなど利点が挙げられます。

ワゴンRスマイルの注意点

人気の高いワゴンRスマイルですが、機能を絞り価格を抑えた分、事前に注意しておきたいポイントがあります。

自然吸気エンジンのみ

ワゴンRという名がついている以上、その魅力の1つでもあるパワフルな走りを期待されるかと思いますが、ワゴンRスマイルはターボエンジンを設定しておらず、ロングドライブをする機会が多い人なら、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ターボ車の設定はありませんが、ワゴンRスマイルにはマイルドハイブリッド車が用意されていることが特徴です。

MT車の設定がない

ベースとなっているワゴンRにはMT車が設定されていますが、ワゴンRスマイルには、MT車の設定はありません。

MT車がクルマの基本だという意見も少なくありませんが、日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計によると、軽自動車に限らず2016年の時点で、すでに98.4%がAT車となっています。

「生活の足」として利用の多い軽自動車では、日本の信号の多さや狭い道などの道路事情も相まってMT仕様が設定されているモデルは少なくなりました。

内装の魅力

ワゴンRスマイルは内装のデザインにも快適に過ごすためのこだわりが詰まっています。

従来のワゴンRの特徴である広い室内空間や機能性高さに加え、グレードやエクステリアカラーによって選択できる色が異なり、バリエーションの豊富さが自慢です。

ゆとりある室内

車内空間

出典:スズキ株式会社

ワゴンRスマイルは、コンパクトなサイズからは想像できないくらいゆったりとくつろげる広い室内空間を実現しています。

高さ133cmと頭上にも余裕があるのはもちろんのこと、長さも218.5cmあるため、後部座席も足を組めるほどの余裕があります。

長時間の運転でも広々空間で、快適に過ごすことが可能です。

多彩なシートアレンジ

シートアレンジ

出典:スズキ株式会社

シートアレンジも目的に合わせて自由自在に変えることができるのも魅力の一つです。

リアシートは左右独立でスライド調整ができます。

リクライニングもできるので、好みの角度に調整することもできます。

後席の背もたれを倒してフラットにすると荷室を広げることができ、簡単に大きい荷物を積むことも可能です。

肩口にあるレバーを引くと、ワンタッチで倒せ、長尺物や大きな荷物を積載したいときに簡単にシートを格納できます。

荷物だけではなく、ワゴンRスマイルの助手席を前に倒し、後部座席とつなげたフラットアレンジで車中泊をするなど、用途に合ったシートアレンジを楽しむことができます。

居心地の良いインテリア

ワゴンRスマイル内装

出典:スズキ株式会社

インテリアも丸みを帯びたデザインが採用されており、柔らかい印象となっています。

ファブリックシート表皮はグレードに合わせて、ライトグレーとダークグレーを設定しており、ステッチやシート側面の素材など、こだわりが光るシートとなっています。

また、インパネカラーパネルもグレードやボディーカラーに合わせ3種類を設定しています。

外装の魅力

ワゴンRスマイルの外装デザインは特徴的なフォルムやヘッドライトが魅力的で、他のクルマには無い個性溢れるデザインが愛着や親しみやすさを演出してくれます。

親しみやすさを感じるフォルム

ワゴンRスマイルあか

出典:スズキ株式会社

角の取れた四角い形はシンプルですが、そこに丸目のヘッドライトを合わせることで個性的で可愛らしいフォルムに仕上がっているのが印象的です。

ワゴンRスマイルならではの個性的なフォルムが親しみやすさを演出してくれるので愛着が沸くこと間違いなしです。

デザイン性を感じるヘッドライト

ワゴンRスマイル ヘッドライト

出典:スズキ株式会社

丸目のヘッドライトが親しみやすさや可愛らしさを感じさせるのはもちろん、ヘッドライトの上と下に半円型の白いパーツがついているためキリッとした印象も与えてくれるデザインになっています。

個性溢れるカラーバリエーション

ワゴンRスマイル 人気カラー

出典:スズキ株式会社

ワゴンRスマイルは個性溢れるカラーバリエーションも魅力的です。

ボディーカラーは2トーンカラーが8色とモノトーンカラーが4色の合計12色となっており、自分好みの配色を楽しむことができます。

特に、「コーラルオレンジメタリック×アーバンブラウン2トーンルーフ」と「インディゴブルーメタリック2×ホワイト2トーンルーフ」は新色となっているため、ワゴンRスマイルにしかない個性溢れるボディーカラーになっております。

他の人とは違ったボディーカラーを選択したい方にもおすすめです。

ワゴンRスマイルの安全性能

今や安全性能はクルマ選びをする上で必要不可欠な要素です。
新型ワゴンRスマイルは安全装備もパワーアップし、より安全で快適な運転をサポートしてくれます。

スズキ セーフティサポート

ワゴンRスマイルは、安心して運転できるように安全性能にも力を入れており、その1つとしてスズキの予防安全技術である「スズキ セーフティサポート」が標準装備です。

セーフティサポートには以下の機能が含まれています。

  • ●衝突被害軽減ブレーキサポート
  • ●誤発進抑制機能(前方・後方)
  • ●車線逸脱警報機能
  • ●ふらつき警報機能
  • ●先行車発進お知らせ機能
  • ●ハイビームアシスト

運転をサポートする様々な技術で、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけています。

全方位モニター用カメラ

全方位モニター用カメラ

出典:スズキ株式会社

見えない場所を映し出して運転をサポートするシステムです。

全方位モニター用カメラは、セーフティサポートカーの前後左右に4つ設置されており、車両を真上から見たような映像を映しだすことが可能です。

普通であれば死角になるような場所でもカメラで見えるようになるため、ドライバーの安全運転をサポートします。

ヘッドアップディスプレイ

ヘッドアップディスプレイ出典:スズキ株式会社

走行中にナビに気を取られていると前方確認が疎かになり、視線を戻した瞬間にドキッとすることがあります。

このシステムでは、ドライバーが運転している視線の先に役立つ情報を表示するため、視線移動を減らして安全運転を支援してくれます。

ワゴンRスマイルのよくある質問

ここまでワゴンRスマイルの基本情報や注意したいポイント、魅力を紹介してきました。

最後に、ワゴンRスマイルが気になっている方から頂く、良くある質問にお答えします。

「ワゴンR」と「ワゴンRスマイル」の違いは?

ワゴンRの派生モデル「ワゴンRスマイル」ですが、ボディサイズは全高以外ワゴンRとほとんど同じです。

全高は、ワゴンRが1650mmに対し、ワゴンRスマイルは1695mmと高くなっており、ゆとりある頭上空間が広がります。

また、ワゴンRスマイルは「コンパクトなクルマだけどスライドドアは欲しい」という要望に応え、後席にスライドドアが装備されているのも特徴です。

丸目ヘッドライトの外観からもわかるように、見た目からもワゴンRスマイルのは柔らかい印象になっています。

似ている車種は?

ワゴンRスマイルは「ハイトワゴン」と呼ばれる1700mm以下のモデルです。

このジャンルでは、ダイハツ「ムーヴキャンバス」も女性に人気の車種です。

どちらの車種もそれぞれに特徴がありますので、車を選ぶ上で重要なポイントとなる項目を全部で5つご紹介します。

  • ①シートアレンジ
  • ②ボディサイズ
  • ③外装・内装デザイン
  • ④安全装備
  • ⑤燃費と走行

この中で、何を優先すべきかを検討してみてください。

ムーヴキャンバスの特徴については、こちらもご覧ください。

2022年7月にムーヴキャンバスがフルモデルチェンジをしました。
新型ムーヴキャンバスについてはこちらの記事をご覧ください。

ご検討された後は、 実際にご自身の目で確かめながら、改めて比較することをおすすめします。

どんな人が注目しているの?

車両骨格などはスペーシアの技術をベースにし、全高を抑えたルーフラインはワゴンRを踏襲したワゴンRスマイルは、ワゴンRとスペーシアの、ちょうど中間に位置するクルマです。

使い勝手の良さと汎用性の高さから幅広いユーザーに愛されています。

豊富なボディーカラーから自分好みの配色を楽しむことができるので、個性を大事にするパーソナルユースに特に人気があります。