ホンダN-WGNカスタム内装や燃費と注意ポイントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイキャッチ

この記事を読んでいる方は、かっこよさと機能性を兼ね備えた人気の軽ワゴン車、N-WGNカスタムのデザインや使い勝手について詳しく知りたい方なのではないでしょうか。

N-WGNカスタムはその精悍さと力強いスタイルでNシリーズの中でも目を引くクルマです。

この記事ではN-WGNカスタムの基本情報や内装外装の魅力、注意したいポイントを紹介します。

N-WGNカスタムとは

N-WGNカスタムは、2013年に軽自動車の新しいベーシックを目指してホンダから発売されたワゴンタイプのクルマ、N-WGNのカスタムモデルです。

2019年に、暮らしの中の“なにげないシーンが幸せ“と感じられるようなクルマをコンセプトにフルモデルチェンジされ、いわゆるカスタム車というようなギラギラとした装飾よりも、シンプルさの中に精悍さや力強さを感じられるようなデザインがポイントです。

また、2022年9月には一部改良し、Honda SENSINGの新機能となる「急アクセル抑制機能」をホンダ車として初採用しました。

N-WGNカスタムの基本情報

グレード本体価格駆動車高燃費
L1,648,900円
1,782,000円
2WD
4WD
1,705mm
1,725mm
23.2km/L
21.2km/L
L・ターボ1,749,000円
1,882,100円
2WD
4WD
1,705mm
1,725mm
21.2km/L
20.0km/L

本体価格

N-WGNカスタムは本体価格が1,648,900円〜とワゴンタイプのカスタム車では比較的高額な価格設定です。
価格については良くある質問の中で後述します。

車高

N-WGNカスタムの車高は1,705mm〜1,725mmですので、機械式駐車場にクルマを止める方はご注意ください。
また、マンションの駐車場によくある機械で昇降する立体駐車場の高さの基準は1,550mm以下なので、最下段にお車を停める方は注意が必要です。

燃費

N-WGNカスタムの燃費は軽自動車の中で平均的な数値です。
主におひとりで、通勤通学や買い物に使うためのクルマとしては充分な燃費と言えます。
燃費に関しての詳細は後述します。

内装の魅力

くつろげる空間

内装は心地よく、くつろげる空間を目指して設計されています。

N-WGNカスタムはブラックでまとめられ、高級感があり、くつろげる空間が特徴。
なめらかな手触りのフルプライムスムースシートは濃淡が美しいボルドーカラーがポイントで、高級感があります。

厚みのあるシートは姿勢を安定させてくれるため、安心感を感じられる形です。

エヌワゴンカスタム内装
出典: 本田技研工業株式会社

使い勝手の良い荷室

荷室は使い方に合わせて3つのモードにアレンジできます。

・2段ラックモード
備え付けのボードで荷室を2段に分けることが可能です。
ボードの高さは、ショッピングカートの高さとほぼ同じに設定されているため、カートから荷室へ荷物を楽に乗せることができます。

荷室

・ローフロアモード
ボードを使用せず、背の高い荷物を乗せたいときに便利です。
もともと、荷室床面が低いため荷物の積み下ろしが楽にできます。

荷室

・ビッグラゲッジモード
後席の背もたれを倒すとほぼフラットな荷室として使用できます。
下段も使えるため、荷物をたっぷり乗せることが可能です。

荷室

快適装備

N-WGNカスタムは軽自動車とは思えないほどに標準装備が充実しているのも魅力の一つで、高い機能性と使いやすさを両立しており、あったらいいなという機能が詰まっています。

プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン

空気の浄化や脱臭効果のあるプラズマクラスターを搭載したエアコン。
また、高性能集塵フィルターは人体への影響が懸念されるPM2.5塵にも対応し、ホコリを効果的に除去し、車内の空気を清潔に保ちます。

エアコン

運転席&助手席シートヒーター

寒い日に役立つシートヒーターは暖房よりも早く暖まるため、冬は重宝します。
温度は2段階で調節ができて便利。

シートヒーター

360° スーパーUV・IRカット パッケージ

車内にいると気になるのがうっかり日焼け。
N-WGNカスタムは360° スーパーUV・IRカット パッケージで冷房効果を高めると共に、日差し対策を忘れた時も、安心してドライブできます。

UVカット

外装の魅力

主張しすぎないカスタム

全体のシルエットにこだわっており、純粋でシンプルなデザインはN-WGNと共通で、長く愛されるクルマを目指しています。
その上で、引き締まった印象のフロントグリルやダーククロームで存在感を演出しているリアデザインなどN-WGNカスタムはさりげない華やかさが特徴。

飾り立てるのではなく、細部の一つ一つを丁寧に造り上げ、力強さや精悍さを感じさせてくれます。

エヌワゴンカスタム
出典: 本田技研工業株式会社

デザインが映えるボディカラー

ボディカラーはN-WGNカスタムの力強く精悍なデザインに合う、6色が設定されています。

ホワイトは、上品な輝きのプレミアムホワイト・パールと日の光のような心地よさを感じるプレミアムサンライトホワイト・パールの2色。

その他、カスタムに合う落ち着いたクールな色合いが揃っており、目を引きます。
ご自身のお好みに合わせて選んでください。

ボディカラー

アクセサリーで自分好みに

N-WGNカスタムは外装のアクセサリーも充実しており、カスタムすればより一層自分だけのスタイルに仕上がります。

今回はホンダが紹介しているスタイルの一つであるワイルドプレミアムスタイルをご紹介します。

ワイルドプレミアムスタイル

ワイルドプレミアム
出典: 本田技研工業株式会社

・フロントグリル(¥39,600)
・ブラックエンブレム(1つ¥13,200)
・フェンダーエンブレム(¥8,800)
・ドアミラーカバー(¥8,800)
・3Dデカール(¥24,200)
・フューエルリッドデカール(¥11,000)
・15インチ アルミホイール(¥36,300/1本)

合計 ¥250,800(ブラックエンブレム1つ装着時)
※価格は税込、別途取り付け工賃が必要です

これ以外にも数多くのアクセサリーが用意されており、好きなものだけを取り付けることも可能です。
参考にしながら、ご自分が好きなスタイルを見つけてみましょう。

燃費性能

カタログ燃費について

カタログ燃費の値としてWLTCモードが使われています。

WLTCモードは、2017年夏以降新たに加えられた燃費表示で国際的な試験方法です。
「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」の3つの走行モードによる燃費が表記され、これら各走行モードの平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードがWLTCモード。

ドライバー以外の乗員や積載物の重量など使用実態を考慮していること、ユーザーのクルマを使用する環境に合った燃費の比較がしやすい燃費表示です。

燃費表示の中でも市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。
燃費は実際の使用環境や運転方法により異なりますが、実際の走行に限りなく近いモードです。

N-WGNカスタムの燃費

N-WGNカスタムのカタログ燃費を詳しく見ていきます。

 WLTCモード市街地モード郊外モード高速道路モード
L(FF)23.2km/L20.1km/L25.1km/L23.6km/L
L(4WD)21.2km/L18.7km/L22.8km/L21.4km/L
L・ターボ(FF)21.2km/L17.8km/L23.0km/L21.9km/L
L・ターボ(4WD)20.0km/L17.0km/L21.5km/L20.6km/L

N-WGNカスタムの燃費は軽自動車の中で平均的な数値です。

N-WGNカスタムと同じワゴンタイプのカスタムモデルで最も燃費が良いのはスズキワゴンRカスタムZで、WLTCモード25.2km/L(FF)なので2km/Lの差があります。

毎日気兼ねなく使えるクルマとしてはN-WGNカスタムの燃費は充分良い数値と言えますが、燃費の良さにこだわりたい方はワゴンRも検討してみてください。

安全性能

予防安全性能

N-WGNカスタムにはHonda SENSINGが標準装備されています。
内容は以下の通りです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能(前後)
・歩行者事故低減ステアリング
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・パーキングセンサーシステム
・急アクセル抑制機能

2022年9月の改良で、N-WGNカスタムはブレーキとアクセルの踏み間違いに備えた急アクセル抑制機能を、Honda⾞として初めて採用。
踏み間違いによる急発進、急加速を抑制し、⾳と表⽰で警告してくれます。

衝突安全性能

N-WGNカスタムは2019年度自動車アセスメントにおいて最高評価である“衝突安全性能評価ファイブスター賞”を受賞。

エアバックは運転席、助手席の他にサイドエアバックとサイドカーテンエアバックシステムを装備しています。
全ての席で安心して過ごすことが可能です。

また、ボディはHonda独自の安全技術「G-CON」を採用。
軽量かつ高強度な素材を各所に配置し、衝突安全性能に貢献しています。

その他、万が一の際に首への衝撃を軽減してくれるシートや後席のシートベルト締め忘れ警告灯などを採用しています。

注意したいポイント

価格設定

NWGNカスタムの価格は1,648,900円〜と、同じ軽ワゴンタイプの中では高めの価格設定です。

似たグレードで他のメーカーから販売されているのはスズキ ワゴンRカスタムZが1,474,000円〜、ダイハツ ムーヴカスタムが1,419,000円〜の価格設定の為、少し高額な設定になっています。
ただ、その分より高級感のある内外装に加えて充実した装備が魅力です。

金額とのバランスも考えながらご検討してみてはいかがでしょうか。

後席の跳ね上げ機能は未搭載

跳ね上げ機能が搭載されていると、荷室に荷物があるときにも後席部分に広い荷室スペースを確保することが可能で、Nシリーズではかなり評判のいい機能です。

NシリーズのN-BOXとN-ONEに搭載されているリアシートの跳ね上げがN-WGNカスタムには未搭載です。

跳ね上げ機能の代わりに、備え付けのボードで荷室を区切ることで荷室の使い勝手を良くしています。

良くある質問

質問

乗り心地はどうか

N-WGNカスタムのボディーは振動を抑えるとともに、防音材・遮音材を効果的に配置することで高い静粛性を実現しています。
しかし、乗り心地が硬く、路面からの突き上げが気になるという方もいます。

足回りが硬いと、路面の凸凹による振動が伝わりやすくなりますが、走行安定性は高くなります。
メーカーによっても足回りの硬さは異なるため、気になる方は購入前の試乗をおすすめします。

N-WGNカスタムとよく比較される車種

N-WGNカスタムはワゴンタイプのクルマなので、他メーカーで比較されることが多いのはスズキ ワゴンRカスタムZ、ダイハツ ムーヴカスタム、ニッサン デイズハイウェイスターです。

サイズ感は似ていますが、それぞれ個性があり、力を入れているポイントが異なるため、自分の求めている条件に合わせて、是非比較検討してみてください。

よく比較される車種についての詳しい記事はこちらをご覧ください。

N-WGNカスタムをおすすめしたい人

・主張しすぎないカスタムモデルに乗りたい
・荷室を色々な形で使いたい
・最新の安全性能に魅力を感じる

N-WGNカスタムは軽自動車の中でもワゴンタイプと言われる、通勤や買い物など日常使いにピッタリのクルマです。
使い勝手はもちろん、こだわりの詰まった内装外装は高級感があり、非常に魅力的です。

気になった方は是非、実物を見てみてください。