• レディバグ
  • 新車・未使用車の知って得するクルマの知識
  • 長年進化し続けるスズキワゴンR、その魅力とは何なのか?

長年進化し続けるスズキワゴンR、その魅力とは何なのか?

長年進化し続けるスズキワゴンR、その魅力とは何なのか?

初めて車を持つ方、長年車に乗っている方からも人気の高いワゴンR。
軽自動車の概念を変えた初代ワゴンRが誕生して今年で27年。
今回はそんなワゴンRの魅力を皆様にお伝えしていきます。

ワゴンRってどんな車?

ワゴンRは軽自動車を変えたと言われる車です。その理由はなぜでしょう?

現在、軽自動車でも人気が高いスライドドアの車のN-BOX、スペーシアがありますが、その軽自動車人気の先駆けであり「軽ワゴン」の言葉を作り上げたのがこのワゴンRです。

それまでは、主に運転席、助手席の広さをメインにし、後部座席は人が座るというよりも、荷物を置くスペースを確保している程度の軽自動車が主流でした。

しかし、ワゴンRが誕生し、運転席、助手席はもちろんのこと、後部座席にも人が乗り降りしやすい作りを実現させると共に車体の全高を高くし、4人乗りの軽自動車として人気を集めることになりました。

1993年、当時の軽自動車の概念を変えたワゴンRが誕生してから27年が経ち、現在のモデルで6代目となります。

2018年にはワゴンRの発売から25周年となったことを記念して、25周年特別記念車が誕生し、その知名度を世に知らしめてきました。

今回は、どの世代にも愛されるワゴンRの魅力を説明していきたいと思います。

ワゴンRの使いやすさ ~便利な収納と多彩なシートアレンジ~

「あったらいいな」を実現してくれる軽自動車がワゴンRです。
大人4人が乗ってもゆったりとくつろげる室内空間、様々なシートアレンジと、配慮が行き届いている収納があります。
モデルチェンジを重ねるごとに改善されていくその使いやすさをご紹介します。

便利な収納

ワゴンRの魅力の一つは、なんといっても収納の多さです。

運転席には携帯や財布などの手荷物を置けるくぼみ、カード類を収納できるカードホルダー

運転席には携帯や財布などの手荷物を置けるくぼみ、カード類を収納できるカードホルダーがついており、置き場所に困る小物も綺麗に整理整頓することが出来ます。

助手席にはボックスティッシュを収めるテーブル

助手席には袋をかけられるフックと、気づいたらいつの間にか足元で潰れてしまっていることの多いボックスティッシュを収めるテーブルがあります。

これだけでも十分なのですが、助手席にはもう一つ隠された収納があります。

それは座席の下です!

助手席の下の収納

助手席のシートが持ち上がり、トレーが出てきます。
トレー自体は取り外して持ち運ぶこともでき、表面は撥水効果になっているので、汚れたものも気にせず収納することが可能です。

運転席、助手席だけ見ても十分な収納がありますが、後部座席にもワゴンRにしかない収納があります。
それが、アンブレラホルダーです。

後部座席には傘のホルダー

雨の日に車で迎えに来てもらって後部座席に乗り込むとき、濡れた傘の扱いに困るものです。
傘を足元に置いてもマットが濡れてしまうし、ずっと手に持っているのも冷たくて嫌な感じですが、それはもう仕方がないと諦めている方も多いと思います。
ワゴンRにはなんと、傘を立てかけられる収納があると共に、滴る水も車外に排出されるように作られているのでフロアマットも汚さず綺麗に車を使うことができます。

また、荷室の後ろにも収納できるスペースがあります。
荷室の底面にはカバーがついており、取り外せるようになっています。
そのカバーを開けると、より高さのある荷物を収納することができ、写真のようにベビーカーを立てかけることも可能です。

以上のようにワゴンRは、運転席、助手席、後部座席において、車のスペースを無駄なく使えるようになっており、普通車にも負けず劣らずの車内空間の広さを実現しています。

多彩なシートアレンジ

1人+長い荷物2人+大きな荷物3人+荷物フルフラット
1人+長い荷物2人+大きな荷物3人+荷物フルフラット

出典:スズキ株式会社 https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/luggage/

更に使いやすさを実感出来るのがワゴンRの多彩なシートアレンジです。
座席は4つとも前後にスライドで動かすことが出来、リクライニングも可能です。
座席がそれぞれ動かせるからこそ、広い車内空間を実現出来ます。
カーペットのように長さのあるもの、自転車のように高さのあるもの等、軽自動車には入らないだろうと思われる荷物も収納することが可能です。

後部座席のリクライニングを倒すとシートがフルフラット

また、ワゴンRは軽自動車で唯一、後部座席のリクライニングを倒すとシートがフルフラットになる車です。
このフルフラットにより、運転中に荷物がガタッとずれることがなく、荷物を傷つけることなく運ぶことができます。

これら収納の多さやシートアレンジの豊富さからワゴンRの使いやすさは抜群です。

ワゴンRの安全性~後方の衝突軽減ブレーキ機能~

2021年11月以降にフルモデルチェンジする新車は自動ブレーキ機能の搭載が義務付けられるようになります。
世間的にも注目を集めている安全性能ですが、現在も各メーカーが力を入れて改善を続けています。

そんな中、ワゴンRは2020年1月に自動ブレーキ機能の搭載も含めたマイナーチェンジを行い、安全技術を向上させました。

前方の衝突軽減ブレーキ機能はもちろんのこと、後方へも衝突軽減ブレーキ機能が追加になったことにより、停車時、もしくは10km/h以下での運転時に、後方約3m以内の障害物を検知し、自動ブレーキが作動するようになりました。

また、障害物を察知すると音で危険を知らせてくれるコーナーセンサーという機能も作動します。
障害物を検知し、音が鳴っている間にアクセルを強く踏み込むと、最大5秒間エンジンの出力を抑制し、急加速や急発進を防止してくれます。

後方の衝突軽減ブレーキ機能を搭載している軽自動車は数少ないですが、その中でもワゴンRは安全性でも軽自動車業界をリードしています。

ワゴンRの燃費~マイルドハイブリッド搭載~

軽自動車を選ぶ理由の一つとして維持費をかけたくないという方はまだまだ多くいると思います。
維持費というと税金や修理代金等もそうですが、一番身近な部分でいうと燃費も維持費として気になるところです。

ワゴンRは燃費においても年々技術を向上させている車です。

2012年に、ワゴンRは軽自動車として初めてリチウムイオンバッテーリーを搭載し、交流発電機で回生を行うスズキグリーンテクノロジー技術を発表しました。

リチウムイオンバッテリーは助手席の下に設置されています。
ブレーキを踏んだ時に生じるエネルギーをここに溜め込み、発進時や急加速時といったエネルギーを使うタイミングで、この溜まったエネルギーを一緒に使うことによって低燃費を実現しています。

リチウムイオンバッテリーは助手席の下

また2017年にフルモデルチェンジをした現行のワゴンRは、Sエネチャージから現在のマイルドハイブリッドを搭載するようになりました。
これにより、モーターの力のみでクリープ走行が可能になり、ガソリンを使わない環境にも優しい車としても向上しました。

更には、乗り心地の良さも評判です。
軽自動車は馬力が弱く加速が遅いったイメージを持たれ、高速は走れない、坂道でも充分なスピードが出ないと思われがちです。
しかし、ワゴンRの場合、電気とガソリンで車を動かすので加速時も静かで軽く、馬力が弱いといった概念を覆す仕組み作りに成功しました。

一般的に利用される市街地モード(信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定)では、ワゴンRの実燃費は23km/ℓと言われています。

軽自動車は一般的に約30ℓのガソリンが入ります。
つまり、ワゴンRはガソリン満タンの状態で約690km走行することが出来る計算になり、これはおおよそ東京都から岡山県までの距離になります。

燃費が良い車はお財布にも優しいですね!

まとめ

ワゴンRのご紹介はいかがだったでしょうか。
ワゴンRが現在でもスズキで販売台数の上位にランクインし続けている理由をご理解いただけたかと思います。
初めて車をご購入する方はもちろん、ワゴンRに一度乗ると、次の乗り換えのときもやっぱりワゴンRにするというリピーターが多い車になっています。

  • 初めて車をご購入する方
  • 通勤、足代わりで車を使いたい
  • 大きな荷物も積みたいけど予算も気にしたい

レディバグでは未使用車のワゴンRを数多く取り揃えておりますので、気になった方は在庫をチェックして、是非、実車を見にお店に来てみて下さいね!