新車と中古車どっちがお得?メリットデメリットを詳しく比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

クルマの購入を考える際に、新車にするか中古車にするか悩む方も多いのではないでしょうか?
何度も乗り換える事の出来ない大きな買い物だからこそ、色々な情報を基に慎重に考えたいですよね。
今回の記事では新車と中古車を、「購入時」「維持費」「手放す時」3つの段階で比較し、どっちがお得なのか説明します。

購入時のコスト

コストイメージ

購入時のコストが抑えられるのは

購入時のコストが抑えられるのは、中古車です。
選ぶ車種やグレード、クルマの状態にもよりますが、通常クルマは10年10万㎞に近づけば近づくほど金額が安くなります。

では、なぜ新車は購入時のコストが掛かるのか、なぜ中古車は購入時のコストを抑える事が出来るのか、理由を説明します。

新車の購入時のコストが掛かる理由

どうしても新車は購入時のコストが高くなります。
もともと新車というブランドがあること、モデルチェンジを繰り返す事で環境性能や安全性能が良くなる分、開発コストや部品コストが掛かるためです。
そこに加えて自分好みにオプションを付けるほど、購入費用も高くなります。

中古車の購入時のコストが抑えられる理由

中古車は選ぶクルマの状態(年式や走行距離、傷の状態等)によりますが、誰かが使っていた、年式が古くなっている、距離が走っているという理由から新車に比べて購入時のコストは抑える事が出来ます。

新車と同じ予算なら装備の充実した上級グレード、さらにはワンランク上の車種を買うことができるのも中古車購入ならではの醍醐味です。

また、前オーナーがクルマをカスタムしてた場合にはオプションパーツが付いた状態で購入できるため、後付け無しでそのまま乗り出しが出来る場合もあります。

より良い中古車を選ぶポイント

中古車は購入時のコストを抑える事が出来ますが、安い中で品質の良いものを見つける必要があります。
より良い中古車を選ぶポイントは以下の2つです。

・人気車種を選ぶ
・事故歴、修復歴の有無を確認する

人気車種を選ぶことで数年後乗り換えをする時の売値が下がりにくくなります。
頻繁に乗り換える予定の方は人気車種を選ぶと良いでしょう。

また、事故歴、修復歴の有無は中古車選びをする上重要なポイントです。
事故歴とはその名の通り事故の有無ですが、その中で骨格部分を交換、修理しているかどうかで修復歴の有無が決まります。
中古車販売店にはこの修復歴の有無は告知義務がありますが、事故歴の有無に関しては告知義務が無いので注意しましょう。

例えば、前オーナーがクルマをぶつけてドアを1枚交換している場合、事故歴は有りですが修復歴は無しとなるため告知義務はありません。
事故歴や修復歴は素人が見ても分からない事が殆どなので、中古車販売店に確認する等注意が必要です。

 

維持費

維持費

維持費が抑えられるのは

維持費が抑えられるのは新車です。
クルマの維持費にはメンテナンス、車検、ガソリン、保証、保険などありますがその全てで新車は中古車よりも維持費が抑えられると言えるでしょう。

ではなぜ、新車の維持費は抑えられるのか、中古車は維持費が掛かるのか、理由を説明します。

新車の維持費が抑えられる理由

維持費が抑えられる主な理由は以下の通りです。

  • ・新品の為故障のリスクが少ない
  • ・万が一の故障にもメーカー保証が付いている
  • ・最新モデルなので燃費が良い
  • ・任意保険では新車割引が一定期間受けられる

※メーカー保証は、消耗部品および油脂類を除く基本的な部品が対象の「一般保証」(保証期間:新車登録日から3年間、または走行距離6万キロ)と走行性能や安全性能部品が対象の「特別保証」(保証期間:新車登録日から5年間、または走行距離10万キロ)の2種類あります。

 

中古車の維持費が掛かる理由

維持費が掛かる主な理由は以下の通りです。

  • ・新車に比べると年式が古く、距離を走っている為部品交換のタイミングが早く来る
  • ・前オーナーの乗り方によってコンディションが異なる為故障のリスクが上がる
  • ・保証が短い/無い為万が一の時は費用が高額になる
  • ・新車に比べて燃費が悪くなる

中古車は前オーナーの使い方によってクルマのコンディションが大きく異なります。

メンテナンスの頻度は定期点検記録簿などを見ればわかりますが、どのような乗り方をしていたかは分かりません。

走行距離やボディーの傷など目に見えるものは確認ができますが、エンジンルーム等は素人が見ても状態が分からないことがほとんどです。
その為、故障のリスクが新車に比べると高いことは知っておく必要がありますし、1台1台状態が違う為、乗ってみないと分からないのが中古車です。

また、購入する車クルマが新車登録から5年且つ10万km未満のクルマの場合、メーカーの保証継承をすることができますが、大抵の車両は経過年数が長く、メーカー保証の対象期間も短いか、もしくは終了していることもあります。

中古車販売店が独自の保証制度を用意することもありますが、期間が短かったり有償だったりと販売店によって対応はまちまちです。

 

手放す時

査定

査定額はどう決まるのか

査定時のポイント

査定額は以下の項目を基準に決められます。

・年式
・走行距離
・外装/内装の状態
・事故歴や修復歴の有無

乗換時に出された下取り車や買取りされたクルマは値段が付けば、オークションに出されたり自動車販売店で売られたりします。

人気車種で需要が有ればその分査定額は高くなるでしょう。

新しい年式のクルマの方が性能や機能が良く、特に安全装備はモデルチェンジ毎に性能が上がります。
中古車市場でも安全装備の付いたクルマは人気がある為、より性能の良い安全装置が付いている事は大きなメリットになるでしょう。

基本的には新車に近ければ近いほど査定額が高くなります。

査定額の相場

査定額は一般的に販売価格の6割~9割程になります。
この販売価格というのは、あくまで中古車販売価格になります。

基本的にはクルマを手放す際は年式は新しいほど、総距離は短いほど査定額は高くなります。

査定する店舗やその時の相場によって大きく変わりますので、手放す際には相見積もりをしてもらう等工夫しましょう。

査定額はクルマの状態による

上記の通り、査定額は年式、走行距離等クルマの状態に大きく左右されます。
通常であれば、新車で購入したクルマは中古車で購入したクルマよりも査定額は高くなるでしょう。

ただ、新車で購入していたとしても、走行距離が極端に長い、大きな傷や事故がある等様々な要因で査定額は下がっていきます。

新車にせよ、中古車にせよ、購入後は自分の愛車として大切に乗って下さいね。

 

結局どっちがお得なの?

質問

トータルコストで考えるなら新車がオススメ

ここまで、購入時~手放す時までのコストを紹介してきました。

購入コストが抑えられる中古車は品質の良いものを自信をもって選べる、という方にはオススメですが、そうでない場合トータルコストで考えると乗っている間は安心安全、そして手放す時も査定額が高い「新車」がオススメです。

しかし、クルマを購入する上でどうしても「予算」は重要なポイントになります。

新車のデメリットは購入時のコストでもご紹介した通り、購入時のコストが高額になることです。
トータルコストで新車がオススメだと分かったけれど、どうしても予算が・・・。

そんな方は多くいらっしゃると思います。

そこで、「新しいクルマを出来るだけ安く買いたい」という方に「未使用車」をご紹介します。

未使用車という考え方

実はクルマ選びの選択肢には「中古車として扱われるが、実際はほぼ新品の状態」にあたる、未使用車という種類があります。
最近では専門店なども出てきているのでなんとなく知っている、という方も多いのでは無いでしょうか?

未使用車の説明は次の項目で詳しくしていきますが、新車と中古車どちらにするか悩んでいるという方には是非、未使用車を知って頂き、クルマ探しに役立てて頂ければと思います。

 

未使用車とは

未使用車

未使用車ってどんなクルマ?

未使用車とは正式には登録(届出)済未使用車と呼ばれます。

車検証登録がされ、ナンバーが付いていますが、車両は誰も乗っておらず公道を走っていない新品同様の状態です。

未使用車は、ディーラーがメーカーからのノルマ達成の為、自分たちで新車を購入することで生まれます。

ディーラー名義で登録され、書類上扱いは中古車になります。
ただ、一般のお客様の手には渡っていないため、実際の運行には使われず、誰も乗っていない車です。
つまり、「中古車として扱われるが、実際はほぼ新品の状態」のクルマの事を指します。

 

未使用車誕生

未使用車より「新古車」という言葉の方が聞き馴染みがあるかもしれませんが、結論からいうと、新古車と未使用車は微妙な違いがあります。

どちらも中古車の中で「新しい車」を指します。ただ、新古車は未使用車より広義で使用されてきました。

例えば、試乗車や社用車として使用されていた車も含まれます。
この点で、ほぼ新車と同じ状態の未使用車とは異なります。そのため、現在は「新古車」という言葉の使用が禁止されています。

平成28年に開かれた「自動車公正取引協議会」において、中古車販売での新古車という表示は「特に新しく優良であるという印象や誤認を与える」とし、消費者の混乱を防ぐために禁止されました。

代わって「未使用車」という言葉が使われています。

未使用車についてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので是非ご覧ください!

 

未使用車のメリット

価格が新車に比べて安い

未使用車は新車に比べ、安く購入する事が出来ます。ほとんど新車に近い状態で、軽自動車で比較すると、新車本体価格よりも約10%(10万~20万円)安くなっていることもあります。

安心安全に長く乗る事が出来る

未使用車は、書類上は中古車扱いですが、車両は新品同様です。
中古車扱いにも関わらず、車両の傷や汚れ、誰かが使った使用感などの心配はありません。

また、保証に関してはディーラーで購入した際のメーカー保証と同等の保証が販売店の自社保証としてついてくる、または別途料金でメーカー保証を継承出来る販売店も多くあります。

納車までの期間が短い

未使用車は既に出来上がっているため、条件さえ合えば3日~1週間で納車が可能です。
中古車も同じようにメリットとして挙げられますが、中古車の場合、状態によっては修理や整備、車検が必要な場合もあるので納期が延びます。

すぐ乗りたいという方には未使用車がオススメです。

未使用車のデメリット

選択の幅が狭い

新車のようにグレードや色を選んでから生産するのではなく、出来上がったクルマの中から欲しい車種を探すことになるため、どうしても妥協する点が出てくる可能性があります。
特に後付け出来ないメーカーオプションが搭載された車を探す事は非常に難しいです。

在庫限り

未使用車はもとの数が少なく、1台限りというものも少なくありません。
気に入ったクルマが見つかった場合は次にいつ未使用車として出てくるか分からないので、タイミングを早めて購入する事がオススメです。

車検の有効期間が短い

未使用車で注意しなければいけないのは、車検の有効期間が新車と異なる点です。
新車の場合、車検は登録から3年後ですが、未使用車は一度登録されているため車検の有効期間が少し短くなっています。
購入の際はいつ登録されたのか確認しましょう。

 

未使用車はその生まれてくる理由からいくつかのデメリットもありますが、これらのデメリットは未使用車の在庫を多く保有する自動車販売店であれば解消出来る部分もあり、その分、気に入ったクルマが見つかる可能性も高くなります。

 

未使用車はどこで買える?

購入

Paper car model and stacked gold coin and plant growing interest on the top on sunlight in the public park, Saving money for buy a new chattel or loan business investment in the future concept.

購入は未使用車専門店がオススメ

未使用車を購入する場合はお近くの在庫保有台数の多い(在庫保有台数500台以上)未使用車専門店がオススメです。

未使用車とは実は決まった定義がなく、お店によって定義している条件が異なります。

在庫保有台数の少ない店舗になればなるほど、仕入元が不明になり、どんな背景で生まれてきた車か分からない為、購入後のリスクが高くなると言えます。

在庫保有台数の多い未使用車店は、仕入れが安定しており正規ディーラーから直接仕入れが出来ていると言えます。

レディバグならお気に入りの1台が見つかります!

レディバグでは、未使用車の条件として「新車にナンバー登録されただけであり、一般公道も出ていない、走行距離は20km未満のお車」と定めており、厳選されたお車を取り揃えております。

また、オールメーカー・オールジャンルの軽未使用車を取り扱っております。

年間2000台の販売実績があり、常時500台以上の在庫車を保有しているため、お客様のピッタリのお車が未使用車で見つかります!

安価で安心して購入出来る未使用車を検討している場合は、是非レディバグに足を運んでみてください!

また、場所が遠くて行けない、足を運ぶ時間がない、という方もオンライン商談を実施しておりますので、是非ご興味がある方はお気軽にご相談頂けたらと思います!

レディバグONLINE

 

まとめ

マイカー

今回の記事では、新車と中古車、結局どっちがお得なのか?について「購入時」「維持費」「手放す時」の3段階に分けて説明しました。

最後にご紹介した「未使用車」はクルマ選びの幅を広げ、よりお得で自分に合うクルマを見つける為の新たな選択肢としてご検討ください。

レディバグでは、未使用車に限らず新車にするか中古車にするか悩んでいる、決まっていないという方でもアドバイザーが丁寧にサポート致しますのでお気軽にご相談くださいね。

皆さまの楽しいクルマ選びのお役に立てれば幸いです。