軽自動車未使用車専門店レディバグ!
埼玉東部地域最大級の在庫台数!最短3日で納車可能!

営業時間と休日のご案内

営業時間
10:00 - 18:00 (木曜日は17:00まで)
店舗定休日:第1・第3火曜日・毎週水曜日(祝祭日は営業)
※2023年4月1日より定休日が変更になりました。
カスタマーサポート
0120-782-588 納車・車検・整備・保険等について
受付時間:10:00 - 18:00 年中無休(年末年始を除く)

営業日カレンダー

5月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

…定休日 …整備工場のみ休業日

スペーシアの全モデルとグレードの特徴をまとめてご紹介!

spacia 4モデル

スズキ スペーシアは、軽自動車とは思えない広い室内が魅力の軽ハイトワゴンです。
その快適な居住性と燃費性能の良さから、多くの人に選ばれています。

しかし、数多くのモデルやグレードが存在するため、それぞれの装備の違いは何か、どれを選べば自分の求める装備や充実したカーライフが過ごせるのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、スズキ スペーシアのモデルごとに、それぞれのグレードや装備の特徴について紹介します。

この記事を読んでわかること

  • スペーシアの商品コンセプトと車両特徴
  • 全グレードの特徴と基本情報紹介
  • モデル、グレード別スペーシアの購入が向いている人

スペーシアとは

スペーシア

スペーシアとは、スズキから発売されている軽ハイトワゴンに分類される軽自動車です。

広い室内とスライドドアが特徴のスペーシアは、いつも通りの運転をするだけで、いつのまにか電気が貯まり、ガソリン消費も抑えてくれるマイルドハイブリッド機能を搭載した賢いクルマで、子育て世代のファミリーカーとして人気を集めています。

2021年にスペーシア、スペーシアカスタム、スペーシアギアがマイナーチェンジを行い、同年12月にスペーシアギアの特別仕様車スペーシアギアマイスタイルが追加されました。

2022年8月に新型軽商用車としてスペーシアベースが登場し、現在、個性が異なる4モデルがラインナップされています。

スペーシアのグレード紹介

スペーシアには「HYBRID X」「HYBRID G」の2グレード、スペーシアカスタムは「HYBRID GS」「HYBRID XS」「HYBRID XS TURBO」の3グレード、スペーシアギアは「HYBRID XZ」「HYBRID XZ TURBO」に特別仕様車の「スペーシアギア マイスタイル(MY STYLE)」加えた3グレード、スペーシアベースは「GF」「XF」の2グレードが展開されています。

全てのグレードに2WD/4WDがあり、スペーシアのHYBRID Gのみ、スズキ セーフティ サポート非装着車の設定があります

【スズキ セーフティ サポートとは】

スズキ セーフティ サポートは、スズキの予防安全技術の名称。
事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」でドライバーの安全運転をさまざまな技術でサポートしています。

スズキセーフティサポートは危険と判断したら、まず積極的に警告するというものですが、HYBRID Gのみ非装着車も選択できるようになっています。

スズキ セーフティ サポート非装着車は装着車より価格も安くなっています。

出典:スズキ セーフティ サポート

モデルグレード
スペーシアHYBRID G
HYBRID X
スペーシアカスタムHYBRID GS
HYBRID XS
HYBRID XS TURBO
スペーシアギアHYBRID XZ
HYBRID XZ TURBO
特別仕様車
スペーシアギア マイスタイル(MY STYLE)
スペーシアベースGF
XF

スペーシア

「ザ・かぞくの乗りもの」をコンセプトに、スーツケースをモチーフした遊びゴコロいっぱいのデザインが特徴です。

パレットの後継モデルとして2013年に発売されました。

広くて使いやすい空間や、スムーズで低燃費な走りに加えて先進の安全装備で子育て世代のファミリーカーとして多くの人に選ばれています。

スペーシア

※写真は左から、XHYBRID G・HYBRID X(2トーン)です。

出典:スズキ株式会社

グレード価格駆動車高燃費
WLTCモード
HYBRID G
スズキ セーフティ サポート非装着車
1,312,300円
1,435,500円
2WD
4WD
1,785mm
1,785mm
22.2km/L
20.2km/L
HYBRID G1,394,800円
1,518,000円
2WD
4WD
1,785mm
1,785mm
22.2km/L
20.2km/L
HYBRID X1,533,400円
1,656,600円
2WD
4WD
1,785mm
1,785mm
21.2km/L
20.2km/L

HYBRID G

HYBRID G
出典:スズキ株式会社

「HYBRID G」は、スペーシアのエントリーグレードです。
ボディカラーはモノトーンの8色から選択できます。

エントリーグレードながらエアコンルーバー、フルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステムが装備されているので、ドア(フロントドア、バックドア)の開閉やエンジン始動時にカギを出す必要がありません。

4WD車には運転席にシートヒーターも装備されおり快適装備も充実しています。

ただし、「HYBRID G」は、後席両側ともスライドドアですが、パワースライド機能はなく、オプションでも追加できないので注意が必要です。

HYBRID X

HYBRID X
出典:スズキ株式会社

「HYBRID X」は、HYBRID Gより利便性を高めたグレードです。
ボディカラーは、モノトーンの8色に2トーンカラーの4色を加えた12色から選択できます。

後席両側のパワースライドドアが標準装備になり、ドアを自動で全閉してくれる「スライドドアクローザー」、ドアロックを予約できる「パワースライドドア予約ドアロック機能」、好きな位置でパワースライドドアをストップできる一時停止機能など、ドアの開閉操作が楽に行なえます。

さらに、「スリムサーキュレーター」を搭載しており、室内の空気を循環させることによって車内全体を適温に保つように工夫されています。

スペーシアカスタム

スペーシアの遊びココロある可愛いデザインから一転して、スペーシアカスタムのコンセプトはラグジュアリーでゴージャスな空間の追求です。

大型のフロントメッキグリルやLEDヘッドランプなどにより、存在感光る精悍で洗練されたスタイルは、全世代に支持されています。

スペーシアカスタム

※写真は左から、XHYBRID G・HYBRID X(2トーン)です。

出典:スズキ株式会社

グレード価格駆動車高燃費
WLTCモード
HYBRID GS1,663,200円
1,786,400円
2WD
4WD
1,785 mm
1,785 mm
21.2 km/L
20.2 km/L
HYBRID XS1,811,700円
1,934,900円
2WD
4WD
1,785 mm
1,785 mm
21.2 km/L
20.2 km/L
HYBRID XS
TURBO
1,883,200円
2,006,400円
2WD
4WD
1,785 mm
1,785 mm
19.8 km/L
19.2 km/L

HYBRID GS

HYBRID GS
出典:スズキ株式会社

「HYBRID GS」は、スペーシアカスタムの中で最も低価格ですが、新車価格はベースとなっているスペーシアの最上級グレードより高額です。

ボディカラーはモノトーンの6色から選択できます。

後席片側にパワースライドドアが標準装備されていますが、後席に送風を行うためのスリムサーキュレーターと呼ばれる装備など、GSにはオプションとしても装着が行えない装備があるので注意が必要です。

全グレード共通でスズキの予防安全技術「スズキ セーフティーサポート」や、側面からの衝撃にも耐えられるSRSカーテンエアバッグも完備され、安全面のサポートも充実しています。

HYBRID XS

HYBRID XS
出典:スズキ株式会社

「HYBRID XS」は、利便性を大幅に高め、そのコストパフォーマンスのよさから最も人気の高いグレードです。

ボディカラーは、モノトーンの6色に2トーンカラー4色を加えた全10色から選択できます。

後席両側のパワースライドドアが標準装備になり、室内の空気を循環させるサーキュレーター、パーソナルテーブルなどが標準装備され、利便性が大幅に向上しています。

さらに、「スリムサーキュレーター」を搭載しており、室内の空気を循環させることによって車内全体を適温に保つように工夫されています。

HYBRID XS TURBO

HYBRID XS TURBO
出典:スズキ株式会社

「HYBRID XS TURBO」は、スペーシアシリーズでも最も上級なグレードです。

ボディカラー、装備内容は「HYBRID XS」とほぼ変わりありませんが、スペーシアカスタムで唯一最高出力64psを発揮するターボエンジンが搭載される「HYBRID XS TURBO」は7速マニュアルモードに切替え可能なパドルシフトを搭載しており、マニュアル感覚のスポーティーな走りが楽しめます

スペーシアギア

「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトにSUVらしいタフでアクティブな中にも遊び心が感じられる空間を演出したデザインが特徴です。

2021年12月に特別仕様車「スペーシアギア マイスタイル(MY STYLE)」が追加設定されました。

スペーシアからのSUVモデルとして、もっとアクティブに使いたいと考えるユーザーから注目を集めています

スペーシアギア

※写真は左から、XHYBRID XZ・スペーシアギア マイスタイル(MY STYLE)です。

出典:スズキ株式会社

グレード価格駆動車高燃費
WLTCモード
HYBRID XZ1,725,900円
1,845,800円
2WD
4WD
1,800mm
1,800mm
21.2km/L
20.2km/L
HYBRID XZ
ガンメタリック2トーンルーフ仕様車
1,769,900円
1,889,800円
2WD
4WD
1,800mm
1,800mm
21.2km/L
20.2km/L
HYBRID XZ TURBO1,802,900円
1,922,800円
2WD
4WD
1,800mm
1,800mm
19.8km/L
19.2km/L
HYBRID XZ TURBO
ガンメタリック2トーンルーフ仕様車
1,846,900円
1,966,800円
2WD
4WD
1,800mm
1,800mm
19.8km/L
19.2km/L
スペーシアギア マイスタイル(MY STYLE)1,793,000円
1,912,900円
2WD
4WD
1,800mm
1,800mm
21.2km/L
20.2km/L

HYBRID XZ

HYBRID XZ
出典:スズキ株式会社

「HYBRID XZ」「HYBRID XZ TURBO」は共通グレードであり、ボディカラーは、モノトーンの4色に、ガンメタリック2トーンルーフ仕様車5色を加えた全9色から選択できます。

搭載されるエンジン以外の装備内容の差はほとんどなく、NAエンジン搭載車が「HYBRID XZ」となります。

両側スライドドアには、ボタンひとつで開閉できるパワースライド機能の他、ドアが完全に閉まりきる前にドアロックを予約できる機能、一時的に好きな位置でドアの開閉をストップできるパワースライドドア一時停止機能がついおり、荷物を持ったままでも楽に乗り降りできます。

また、キーレスプッシュスタートシステムやエアフィルター付きのフルオートエアコン、室内の空気を循環させてどの席でも快適に過ごせる「スリムサーキュレーター」、運転席・助手席のシートヒーター、ロールサンシェードなど、快適にドライブを楽しめる充実した装備が魅力です。

HYBRID XZ TURBO

HYBRID XZ TURBO
出典:スズキ株式会社

「HYBRID XZ」に、ターボエンジンを搭載したグレードが「HYBRID XZ TURBO」です。
ボディカラーもHYBRID XZと同じく、モノトーンの4色に、ガンメタリック2トーンルーフ仕様車5色を加えた全9色から選択できます。

装備内容もHYBRID XZとほとんど変わりありませんが、ターボエンジンが搭載される「HYBRID XZ TURBO」は7速マニュアルモードに切替え可能なパドルシフトを搭載しており、マニュアル感覚のスポーティーな走りが楽しめます

特別仕様車 MY STYLE

特別仕様車「MY STYLE」
出典:スズキ株式会社

「MY STYLE」は、通常のスペーシアギアほどSUVの押し出しが強くなく、ナチュラルな雰囲気をまとった特別仕様車です。

専用のホワイト2トーンルーフの全4色から選択できます。
内外装のデザインが異なりますが、機能性はベース車である「HYBRID XZ」と同様です。

スペーシアベース

スペーシアベースは、スペーシアをベースにした商用バンタイプのモデルです。

「遊びに仕事に空間自由自在。 新しい使い方を実現する軽商用バン」をコンセプトに掲げるスペーシアベースは、 “趣味や仕事の基地”になる“BASE=ベース”の意味が込められています。

シンプルでスペース重視の作りになっており、荷室の使い勝手と運転のしやすさから、車中泊やソロキャンプなど、趣味のクルマを求める人に選ばれています

スペーシアベース

※写真は左から、GF・XFです。

出典:スズキ株式会社

グレード価格駆動車高燃費
WLTCモード
GF1,394,800円
1,518,000円
2WD
4WD
1,785mm
1,785mm
21.2km/L
19.9km/
XF1,547,700円
1,667,600円
2WD
4WD
1,800mm
1,800mm
21.2km/L
19.9km/L

GF

GF
出典:スズキ株式会社

「GF」は、スペーシアベースのエントリーグレードです。
ボディカラーはモノトーンの5色から選択できます。

基本的な安全装備や、荷室アレンジ用のマルチボード、LEDヘッドランプは標準装備されています。
スペーシアベースのグレードによる大きな装備差はなく、ユーザーの好きなようにカスタムアップできるオプションが多く用意されているのも特徴です。

XF

XF

出典:スズキ株式会社

「XF」は、スペーシアベースXFより快適性を高めたグレードです。
ボディカラーはGFと同じくモノトーンの5色から選択できます。

GFの装備に加え、アダプティブクルーズコントロールや両側スライドドアの電動開閉機能、ステアリングホイールと運転席の上下調節機能、ルーフレールなどが標準装備されています。

スペーシアをおすすめしたい人

今回の記事ではスペーシアのグレードの種類やその特徴についてご紹介しました。

グレードごとに、おすすめしたい人をご紹介します。

スペーシアをおすすめしたい人

  • 「HYBRID G」・・・コストパフォーマンスを重視したい人
  • 「HYBRID X」・・・より高い利便性や、快適性を求めたい人

スペーシアについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

スペーシアカスタムをおすすめしたい人

  • 「HYBRID GS」・・・充実した機能性と高級感を求める人
  • 「HYBRID XS」・・・洗練された見た目に加え、コストパフォーマンスよい装備と利便性を望む人
  • 「HYBRID XS TURBO」・・・洗練された見た目に加え、高い加速性能とスポーティーな走りを求めている人

スペーシアカスタムについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

スペーシアギアをおすすめしたい人

  • 「HYBRID XZ」・・・SUVらしいアクティブな雰囲気でドライブやレジャーを楽しみたい人
  • 「HYBRID XZ TURBO」・・・SUVらしいアクティブな雰囲気と、マニュアル感覚のスポーティーな走りを楽しみたい人
  • 「MY STYLE」・・・SUVをナチュラルな雰囲気で楽しみたい人

スペーシアギアについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

スペーシアベースをおすすめしたい人

  • 「GF」・・・荷物運搬だけでなく、アウトドアやワーケーションにも使いたい
  • 「XF」・・・商用車に、より高い利便性や快適性を求めたい人

スペーシアギアについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

まとめ

今回の記事では、ファミリー層を中心に人気の高いスペーシアの特徴をモデル別、グレードごとに紹介し、最後におすすめしたい人をご紹介しました。

モデルごと、グレードごとに異なる特徴があるため、ぜひ気になるものは実物を見ながら、ご自身の好みや必要な装備に合わせて検討してみてください。

とりあえず相談する
とりあえず予約する