軽自動車未使用車専門店レディバグ!
埼玉東部地域最大級の在庫台数!最短3日で納車可能!

営業時間と休日のご案内

営業時間
10:00 - 18:00 (木曜日は17:00まで)
店舗定休日:第1・第3火曜日・毎週水曜日(祝祭日は営業)
※2023年4月1日より定休日が変更になりました。
カスタマーサポート
0120-782-588 納車・車検・整備・保険等について
受付時間:10:00 - 18:00 年中無休(年末年始を除く)

営業日カレンダー

5月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

…定休日 …整備工場のみ休業日

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムを比較! 2023年にフルモデルチェンジした2車種は何が違う?

スペーシアカスタムとN-BOXカスタム

スズキから発売されているスペーシアカスタムとホンダから発売されているN-BOX カスタムは、どちらも家族層をターゲットにしたスーパーハイトワゴンであるスペーシア、N-BOXのカスタムモデルです。
2車種は2023年、フルモデルチェンジを経て登場。
実用性の高さに加え軽自動車であることを感じさせない高級感、存在感が魅力です。

今回は、スペーシアカスタムとN-BOXカスタムの最新モデルの基本情報や内装、外装、安全性能などをもとに2車種を比較、ご紹介します。

この記事を読んでわかること

  • 基本情報と価格、内装外装安全性能の比較
  • 車内の大きさとシートアレンジの比較
  • スペーシアカスタムとN-BOXカスタムのおすすめしたいポイント
在庫検索

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムとはどんなクルマか

スズキ スペーシアカスタムとは

スペーシアカスタムの正面画像

出典:スズキ株式会社

2023年11月にフルモデルチェンジし、新型となったスペーシアカスタムはスペーシアのカスタムモデルで、スペーシアの広い車内空間と燃費性能の高さはそのまま継承され、よりワイルドでスポーティにカスタマイズされたクルマです。

スライドドアが装備された広い室内空間やスズキ車ならではの収納の多さ、マイルドハイブリッド搭載で走行性能や燃費性能に優れている点が特徴です。

上質なインテリアや大型のメッキグリルが特徴のエクステリアは、カスタム車らしい存在感と高級感を演出しています。

ホンダ N-BOXカスタムとは

N-BOXカスタムの正面画像

出典: 本田技研工業株式会社

2023年10月にフルモデルチェンジした新型N-BOXカスタムは、N-BOXのカスタムモデルであり、NBOXシリーズとして常に販売台数ランキングのトップを走り続けている軽自動車です。

先進の安全運転支援システムであるHonda SENSING(ホンダセンシング)が搭載されており、デザイン面だけでなく、走行性能、安全装備も充実

ブラックを基調としたスタイリッシュなインテリアや立体感のあるフロントグリルが特徴のエクステリアにより、カスタムらしい品格と存在感を感じられます。

諸元表情報

諸元表

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムの基本情報を表にまとめました。※福祉車両は除く

車種スペーシアカスタムN-BOXカスタム
価格1,801,800円~2,115,300円1,849,100円~2,362,800円
燃費WLTCモード19.8km/L~23.9km/L18.4km/L~21.5km/L
車高1.785mm1.790mm~1.815mm
最小回転半径4.4m~4.6m4.5m~4.8m
車両重量890kg~960kg920kg~1000kg
ミッションCVTCVT
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒水冷直列3気筒横置
エンジン種類
(ターボ車)
水冷4サイクル直列3気筒
インタークーラーターボ
水冷直列3気筒横置

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムの違い

諸元表を比較して、スペーシアカスタムとN-BOXカスタムにはどのような違いがあるのかを見ていきます。

価格

価格はグレードによって、どちらが抑えられるか異なります。
ベースグレードはスペーシアカスタムの方が安くなり、N-BOXカスタムとの価格差は47,300円です。
ターボグレードではスペーシアカスタムが2,073,500円〜に対してN-BOXカスタムは2,049,300円〜となっており、N-BOXカスタムの方が24,200円安くなります。

燃費

モーターで低燃費をアシストするマイルドハイブリッドにより、スペーシアカスタムの方が低燃費です。

車高

車高は2車種ともほとんど変わりありませんが、N-BOXカスタムは4DW車になると車高が若干高くなります。

最小回転半径

最小回転半径はスペーシアカスタムの方が若干小さく、小回りが利きます。

車両重量

車両重量はN-BOXカスタムの方が重いです。
重いクルマの方が走行中の振動が抑えられるため、乗り心地は良くなりますが、燃費や加速は悪くなります。
加速が気になる方はターボエンジンがおすすめです。

スペーシアカスタムは車両重量が軽く、これは前述した低燃費の1つの要因となっています。

在庫検索

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムの内装の比較

デザインの比較

スペーシアカスタムの立体感のあるインテリアはデザインコンセプトである丈夫な「コンテナ」を連想させます。

カラーはブラックを基調にインパネのボルドーがアクセントになった華やかな仕様です。
「HYBRID XS」「HYBRID XSターボ」のシートは一部、パイピングを施したレザー調となっており、より上質な空間を楽しむことができます。

スペーシアカスタムのインテリアの画像

※写真はHYBRID XS
出典:スズキ株式会社

N-BOXカスタムはブラックを基調としたインテリアとインナードアハンドルやエアコン周りのクロームメッキ加飾が上質さを演出します。

N-BOXカスタムには、コーディネートスタイルというワンランク上のスタイルが用意されており、こちらには汚れやシワに強い機能性が魅力的なフルプライムスムースシートを採用しています。

N-BOXカスタムのインテリア

※写真はN-BOXカスタム
出典: 本田技研工業株式会社

基本収納の比較

基本収納を場所別にまとめました。
収納有は○、無は×で表示しています。

車種スペーシアカスタムN-BOXカスタム
ドリンクホルダー
運転席インパネ収納
助手席インパネ収納
後席収納(テーブル含む)

収納はスペーシアカスタム、N-BOXカスタム共に充実しています。
それぞれの代表的な収納をご紹介します。

スペーシアカスタムの収納は、隠す収納です。
助手席側のビッグオープントレー下には、グローブボックスだけでなく、BOXティッシュを収納できるインパネボックスが装備されます。

ビッグオープントレーとインパネボックスの画像

出典:スズキ株式会社

また、助手席のシート下にはシートアンダーBOXが装備されます。
取り外しと丸洗いが可能なため、汚れてしまった靴や洋服なども入れることができます。

N-BOXカスタムは小物を置ける収納が充実しています。
前席にはセンターロアーボックスやドライバーズロアーポケット、後席にはドリンクホルダー付のサイドポケットが左右のリアドアに装備されます。

N-BOXカスタムの小物を置ける収納

出典: 本田技研工業株式会社

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムの外装の比較

デザインの比較

スペーシアカスタムのデザインは、使いやすく丈夫で道具感を感じる「コンテナ」をモチーフにしています。
大型のメッキグリルが横に通っており、シンプルながら存在感のあるデザインが魅力です。
薄型のヘッドライトはカスタムらしい精悍さを演出しています。

新型スペーシアカスタムのエクステリアデザイン

出典:スズキ株式会社

N-BOXカスタムのエクステリアは立体感のあるフロントグリルや一文字ライト、ホンダで初めて採用となるダイレクトプロジェクション式LEDヘッドライトが特徴です。

専用のエアロやクリアレンズ仕様のリアコンビネーションランプなどカスタムらしい品格と存在感のあるデザインです。

N-BOXカスタムのエクステリア

出典: 本田技研工業株式会社

ボディカラーの比較

スペーシアカスタムのボディカラーはモノトーン7色、2トーン4色の全11色の設定です。
2トーンはHYBRID XSとHYBRID XSターボに設定されています。

2023年11月のフルモデルチェンジで、クールカーキパールメタリックが追加され、カスタムの精悍さを引き立てるボディカラーが揃っています。

スペーシアカスタムのボディカラー

出典:スズキ株式会社

N-BOXカスタムのボディカラーはモノトーンが6色、コーディネートスタイルはモノトーン3色、2トーン3色の計6色の設定です。

N-BOXカスタムにはデザインに合う、深みのあるグレーやブルーが用意されています。
コーディネートスタイルにはレッドが設定され、2トーンと合わせて個性的なカラーが特徴です。

【N-BOXカスタム】

N-BOXカスタムのボディカラー

出典: 本田技研工業株式会社

【N-BOXカスタム コーディネートスタイル】

N-BOXカスタム  コーディネートスタイルのボディカラー

出典: 本田技研工業株式会社

在庫検索

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムの大きさの比較

室内寸法の比較

車種スペーシアカスタムN-BOXカスタム
室内長2,170mm2,125mm
室内幅1,345mm1,350mm
室内高1,415mm1,400mm

室内寸法に大きな差はありません。
スペーシアカスタムもN-BOXカスタムも前席、後席ともにゆったりと乗ることができます

スペーシアカスタムのリアシートには、マルチユースフラップがスズキで初めて採用されました。(スペーシア カスタム HYBRID GSを除く)
フラップは位置や角度を調整することで様々な使い方ができるようになっており、オットマンや荷物ストッパーとして使用できます。

マルチユースフラップを使用している画像

出典:スズキ株式会社

N-BOXカスタムは2.0Lミニバン並みの前後シート間隔を確保しており、大柄の人もゆったり過ごせる広々としたスペースが魅力です。

N-BOXカスタムの広々とした室内空間画像

※画像はN-BOX
出典: 本田技研工業株式会社

荷室の比較

荷室はスペーシアカスタム、N-BOXカスタムともに27インチ自転車が載せられるだけのスペースが確保されています。
後席は独立しており、スライドとリクライニングが可能です。

スペーシアカスタムは助手席も前に倒すことが可能なため、段差を抑えて長物の荷物を載せることが可能です。

新型スペーシアのシートアレンジイメージ画像

※画像はスペーシア
出典:スズキ株式会社

N-BOXカスタムの後席はチップアップと言われる跳ね上げできる仕様になっており、後席シートを跳ね上げることで荷室としてだけでなく、お子さんの着替えスペースとしても活用できます。

N-BOXの室内で過ごす子供の画像

※画像はN-BOX
出典: 本田技研工業株式会社

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムの安全性能の比較

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムの安全性能

スペーシアカスタムには「スズキ セーフティーサポート」が搭載されています。
「スズキ セーフティーサポート」の機能は以下の14個です。

  • ・デュアルセンサーブレーキサポートⅡ
  • ・アダプティブクルーズコントロール(ACC)全車速追従機能・停止保持機能付
  • ・車線維持支援機能
  • ・低速時ブレーキサポート(前進・後退)
  • ・発進お知らせ機能(先行車・信号切り替わり)
  • ・誤発進抑制機能
  • ・後方誤発進抑制機能
  • ・車線逸脱抑制機能
  • ・車線逸脱警報機能
  • ・ふらつき警報機能
  • ・標識認識機能
  • ・ハイビームアシスト
  • ・全方位モニター用カメラ(メーカーオプション)
  • ・ヘッドアップディスプレイ(スペーシア カスタム HYBRID XS ターボ、HYBRID XS)

N-BOXカスタムには「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が搭載されています。
「Honda SENSING(ホンダセンシング)」の機能は以下の13個です。

  • ・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • ・先行車発進お知らせ機能
  • ・歩行者事故低減ステアリング
  • ・路外逸脱抑制機能
  • ・標識認識機能
  • ・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • ・車線維持支援システム(LKAS)
  • ・オートハイビーム
  • ・誤発進抑制機能
  • ・後方誤発進抑制機能
  • ・パーキングセンサーシステム
  • ・急アクセル抑制機能(ディーラーにてセットアップ必要)
  • ・近距離衝突軽減ブレーキ

安全性能の違い

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムはどちらも2023年にフルモデルチェンジをした最新モデルであるため、優れた安全装備が備わっています
機能の種類に違いがあるため、購入前にご自身に必要な機能が装備されているかの確認をお願いいたします。

安全装備に関する、それぞれの特徴的な機能をご紹介します。

スペーシアカスタムに搭載されている「スズキセーフティーサポート」はミリ波レーダー、単眼カメラ、超音波センサーを組み合わせた安全装備です。
ミリ波レーダーにより、広範囲を検知することができます。

最高速度や一時停止の標識だけでなく、赤信号を認識できるため、発進お知らせ機能では先行車発進だけでなく信号の切り替わりも判断してくれます。

認識可能な標識

出典:スズキ株式会社

また、スペーシア カスタム HYBRID XS ターボ、HYBRID XSに標準装備されるヘッドアップディスプレイは運転席前方のダッシュボード上に、車速やシフト位置、警告などの情報をカラーで表示します。
ドライバーの目の前に必要な情報が出てくることで、運転負荷を軽減し安全運転に貢献します。

ヘッドアップディスプレイのイメージ画像

出典:スズキ株式会社

N-BOXカスタムに搭載されている「Honda SENSING(ホンダセンシング)」は、フロントワイドビューカメラと前後8つのソナーセンサーで前後の障害物を検知することにより、ドライバーだけでなく歩行者などの安全性を守るための機能です。

ホンダセンシングのカメラとソナーイメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

歩行者事故低減ステアリングは、歩行者と車線を検知・予測することで、衝突回避を支援する機能です。
ガードレールのない道や子供が多く通行する通学路を走行する際に役立ちます。
歩行者と衝突の危険があると検知した場合に音とディスプレー表示で警告し、車道方向へのステアリング操作支援をします。

歩行者事故低減ステアリングのイメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

急アクセル抑制機能は、ブレーキとアクセルペダルの踏み間違いによる急加速を抑制する機能です。
停止中や約30km/h以下の一定の速度で走行中に、踏み間違いとシステムが判断するような急なアクセル操作があった場合に作動します。

急アクセル抑制機能のイメージ画像

出典: 本田技研工業株式会社

スペーシアカスタムとN-BOXカスタムのおすすめポイント

クルマを提案する営業マンのイメージ画像

2023年にフルモデルチェンジしたスペーシアカスタムとN-BOXカスタムを比較してきましたが、最後に2車種のおすすめポイントを紹介します。

スペーシアカスタムのおすすめポイント

  • ・マイルドハイブリッドを搭載したことによって23.9km/Lという低燃費を実現
  • ・隠せる収納や後席のマルチユースフラップ、豊富なシートアレンジなどとにかく普段使いしやすい車内
  • ・全11色の豊富なボディカラー(HYBRID GSはモノトーン7色)

スペーシアカスタムはカスタムらしい上質なインテリアやエクステリアに加え、燃費の良さや豊富なシートアレンジ、収納などふだん使いがしやすい点が魅力です。
ボディカラーはモノトーンだけでも7色あるため、自分好みのカラーに出会えるはずです。
※スペーシアカスタムはグレードにより、マルチユースフラップの有無やカラー設定、安全装備の内容が異なるため、購入前にご確認ください。

スペーシアカスタムについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

N-BOXカスタムのおすすめポイント

  • ・ダイレクトプロジェクション式LEDヘッドライトと一文字ライトでカスタムらしい品格あるフロントマスクを実現
  • ・後席の跳ね上げが可能なので、後席と荷室部分の使い勝手が良い
  • ・カスタムモデルの中にワンランク上の「コーディネートスタイル」が設定されている

N-BOXカスタムはカスタムモデルらしい上質さに加え、荷室部分の使い勝手の良さやグレードの選択肢の多さが魅力です。
安全装備であるHonda SENSING(ホンダセンシング)の機能も、全グレード標準装備なので安心してご自身の使い勝手に合うグレードを選ぶことができます。

N-BOXカスタムについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

今回は、スズキ スペーシアカスタムとホンダ N-BOXカスタム、それぞれの魅力や使いやすいシチュエーションについて紹介してきました。
記事では紹介し切れない乗り心地の違いなどは、ぜひ試乗してご確認ください。

とりあえず相談する
とりあえず予約する