軽自動車未使用車専門店レディバグ!
埼玉東部地域最大級の在庫台数!最短3日で納車可能!

営業時間と休日のご案内

営業時間
10:00 - 18:00 (木曜日は17:00まで)
店舗定休日:第1・第3火曜日・毎週水曜日(祝祭日は営業)
※2023年4月1日より定休日が変更になりました。
カスタマーサポート
0120-782-588 納車・車検・整備・保険等について
受付時間:10:00 - 18:00 年中無休(年末年始を除く)

営業日カレンダー

2月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

3月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

…定休日 …整備工場のみ休業日

タントがマイナーチェンジ!新型モデル紹介と注意ポイント

新タント

ダイハツは、2022年8月にタントのマイナーチェンジと新しいモデルとしてタントファンクロスを追加ラインナップすることを発表し、10月3日に発売しました。

マイナーチェンジということで、ファミリーカーとして親しまれてきたタントがどの様に変わったのか、新しいモデルはどのようなクルマなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではマイナーチェンジの変更内容や新しいモデルについて、基本情報や外装内装の魅力を紹介します。

この記事を読んでわかること

  • 基本情報と内装外装安全性能の魅力
  • 購入前に注意しておきたい走行性とシートベルト位置
  • マイナーチェンジ後の改良点と新しいモデル「タントファンクロス」の魅力
  • タントの購入が向いている人

タントとは

タントは2003年に発売され、背の高くて広い、ハイトワゴンタイプの先駆け的存在です。

タントの代名詞といえる助手席側の柱(ピラー)をなくしたことにより実現した大開口のミラクルオープンドアは、お子さんやお年寄りが乗り降りしやすく、荷物の積み下ろしも楽にできると好評になっています。

2022年10月にタントとタントカスタムのマイナーチェンジが入りました。
新型タントには既存の2つのモデルに追加してタントファンクロスというモデルが登場。
タントファンクロスは力強さやタフさを強調したフロントデザインや撥水シートを採用するなど、アクティブに使えるクルマとして注目されています。

タント、タントカスタム、タントファンクロスの3つのモデルは、それぞれ個性が異なる仕様になっています。
詳しい違いなどは後述します。

タントの基本情報

2023年4月より、アイドリングストップレス仕様(eco IDLE非装着車)のグレードが追加されます。
世界的な半導体不足やコロナ感染拡大等の複合的な要因に伴う部品供給不足で納期が遅れていることから、1日でも早く納車をするために新グレードとして設けられます。

【タント】

グレード本体価格駆動車高燃費
L
eco IDLE非装着車
1,353,000円
1,479,500円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
20.1km/L
19.6km/L
L1,386,000円
1,512,500円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
22.7km/L
21.4km/L
X
eco IDLE非装着車
1,507,000円
1,628,000円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
20.1km/L
19.6km/L
X1,540,000円
1,661,000円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
22.7km/L
21.4km/L
Xターボ
eco IDLE非装着車
1,617,000円
1,738,000円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
18.2km/L
18.7km/L
Xターボ1,650,000円
1,771,000円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
21.2km/L
19.6km/L

【タントカスタム】

グレード本体価格駆動車高燃費
カスタムX
eco IDLE非装着車
1,749,000円
1,870,000円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
20.1km/L
19.6km/L
カスタムX1,782,000円
1,903,000円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
21.9km/L
21.4km/L
カスタムRS
eco IDLE非装着車
1,837,000円
1,958,000円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
18.7km/L
18.2km/L
カスタムRS1,870,000円
1,991,000円
2WD
4WD
1,755mm
1,775mm
21.2km/L
19.6km/L

【タントファンクロス】

グレード本体価格駆動車高燃費
ファンクロス
eco IDLE非装着車
1,688,500円
1,809,500円
2WD
4WD
1,785mm
1,805mm
20.1km/L
19.6km/L
ファンクロス1,721,500円
1,842,500円
2WD
4WD
1,785mm
1,805mm
21.9km/L
21.4km/L
ファンクロスターボ
eco IDLE非装着車
1,776,500円
1,897,500円
2WD
4WD
1,785mm
1,805mm
18.7km/L
18.2km/L
ファンクロスターボ1,809,500円
1,930,500円
2WD
4WD
1,785mm
1,805mm
20.6km/L
19.6km/L

新型タントは全てのモデルでターボグレードの設定があります
もし、頻繁に高速道路を利用する方や力強い走りを希望する方はターボがおすすめです。

アウトドア向きのタントファンクロスの新登場で、もともとファミリー層に支持されていたタントが、より幅広いユーザーに向けたクルマになりました。

内装の魅力

雰囲気の異なる内装デザイン

【新型タント】
ライトグレーでまとまっており、明るくすっきりとした印象でレジスターやインパネ加飾に深みのあるブルーが使われています。

シートもライトグレーなので、全体的に明るくまとまった車内空間になっています。
タントインパネ
出典:ダイハツ工業株式会社

【新型タントカスタム】
ブラックを基調とした内装はシャープな印象
レジスターやインパネ加飾に深みのあるブルーが使われており、大人なアクセントになっています。

シートはレザーの面積が増え、より上質になっており、ブルーの表皮が使われることでインパネ周りとの一体感も感じられます。
タントカスタムインパネ
出典:ダイハツ工業株式会社

【タントファンクロス】
インパネはブラックを基調にオレンジがアクセントで入っており、アクティブさを感じさせます。

シートはレジャーでの使用を想定したデジタルモザイク柄になっており、シート自体は撥水加工が、リヤシート背面には防水加工が施されています
タントファンクロス内装
出典:ダイハツ工業株式会社

使い勝手の良い収納と装備

新型タントの収納はドリンクホルダーやインパネボックスなど実用的で使い勝手の良いものになっています。

新型タントのLグレード以外にはシートバックテーブル、リアの格納式サンシェードなど特にお子さんがいる方にとって便利な嬉しい装備が多いのも特徴。

シートバックテーブルは格納式で、500㎖の紙パックを入れられるドリンクホルダーや小物を置けるスペースがあります。
駐車中の休憩でお子さんがドリンクや食べ物を食べる際に便利に使うことができます。

リアの格納式サンシェードは日差しを気にせずに車内で過ごすことが可能で、お子さんが眠ってしまったときなどにも活躍してくれます。

テーブル

リアシートの使い勝手

今回のマイナーチェンジで、タントには上下2段調節式デッキボードが標準装備され、荷室からのリアシートスライドが可能になりました。
デッキボードはちょっとした作業が行えるため、机としても利用可能。

また、タントファンクロス専用装備として荷室とリアシート背面の防水加工やラゲッジルームランプ、USBソケットが装備されています。

タントファンクロス荷室
出典:ダイハツ工業株式会社

外装の魅力

個性溢れる3つのモデル

【新型タント】
タントは角の取れた丸みを帯びたデザインが特徴。

特にフェイスデザインが象徴的で、全世代に愛される、親しみやすいデザインになっています。
タント

【新型タントカスタム】
洗練された上質なスタイル

立体感を強調した造形が特徴で、シャープなヘッドライトやフロント部分のメッキが洗練された印象を際立たせています。
タントカスタム

【タントファンクロス】
遊び心や道具感を感じさせるアクティブなデザイン

ヘッドランプは四角く力強いデザイン、フロントグリルはタフさを強調しています。
また、ルーフレールが付いておりレジャーに必要な道具を載せることが可能です。
タントファンクロス

モデルに合わせたボディカラー

【新型タント】
モノトーン9色2トーン2色の計11色です。
モノトーンのサンドベージュメタリック、2トーンのホワイト×アイスグリーン、ホワイト×サンドベージュメタリックが新たに設定されたカラーです。
全体的にライトなカラーで親しみやすさを感じます

タント ボディカラー

【新型タントカスタム】
モノトーン7色2トーン2色の計9色です。
モノトーンのクロムグレーメタリック、クールバイオレットクリスタルシャインが新たに設定されたカラーです。
2トーンもルーフはブラックになっており、全体的にダークで上質な印象です。

タントカスタム ボディカラー

【タントファンクロス】
モノトーン8色2トーン5色の計13色です。
モノトーンのサンドベージュメタリック、コンパーノレッド、レイクブルーメタリック、クロムグレーメタリック、フォレストカーキメタリック、2トーンのブラック×サンドベージュメタリック、ブラック×コンパーノレッド、ブラック×レイクブルーメタリック、ブラック×フォレストカーキメタリックが新たに設定されたカラーです。
タントに新たに設定されたカラーも多く、全体的にアクティブな印象です。

ファンクロス ボディカラー

ミラクルオープンドア

ミラクルオープンドアは全車標準装備です。
2007年に発売された2代目タントで軽自動車に初めて起用されたタントの代名詞的機能です。

助手席側のドア間にある柱(ピラー)をスライドドアに内蔵したことで、助手席側のドアとスライドドアを全開し、1,490㎜の開口幅が実現。
これにより楽に乗り降りできるスペースが確保できています。

開放感のある開口口で、大きな荷物の積み込みの際も、わざわざバックドアに回り込む必要はありません。

ミラクルオープンドア

新型タントの安全性能

タントにはダイハツの予防安全機能である、スマートアシストが搭載されています。

衝突回避支援

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前後)
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制制御機能
・ふらつき警報
・路側逸脱警報機能

衝突警報機能・衝突回避支援ブレーキ機能

対車両(二輪車、自転車を含む)、対歩行者に対応。
衝突の回避や、衝突時の被害軽減に役立ちます。
システムが衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起し、危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速します。

車線逸脱警報機能・車線逸脱抑制制御機能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、走行中の車線から逸脱しそうになると、ブザー音が鳴ります。

さらにクルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内表示で知らせてくれ、車線内に戻すようハンドル操作をアシストします。

認識支援

・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・AHB(オートハイビーム)
・ADB(アダプティブドライビングビーム)
・サイドビューランプ

標識認識機能はタントLのみメーカーオプションです。
AHB(オートハイビーム)は新型タント、タントファンクロスに標準装備、ADB(アダプティブドライビングビーム)は新型タントカスタムに標準装備です。

標識認識機能

進入禁止、最高速度、一時停止の標識をステレオカメラが検知し、メーター内に表示。
道が入り組んだ住宅街や高速道路での運転時などに役立ちます。

サイドビューランプ

夜間運転時の安全性はトップクラスで、ハンドルを切った方向やターンランプを出した方向を明るく照らしてくれるサイドビューランプはダイハツ独自の機能です。
暗い交差点で歩行者の見落としを減らす効果があります。

運転負荷軽減

・全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)
・LKC(レーンキープコントロール)

メーカーオプションで装備することが可能ですが、タントLのみ装備不可です。

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)

クルーズコントロールとは、高速道路などで前を走るクルマに対して加速・減速し、適切な車間距離をキープしてくれる機能です。
先行車に合わせて停止したときはブレーキをかけ続けるなど、わずらわしいアクセルとブレーキの操作を支援。
長距離運転中のドライバーの負担を軽減し、渋滞なども快適に運転できます。

LKC(レーンキープコントロール)

約60km/h以上で走行中、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)作動時に、クルマが車線内を走行できるよう、ハンドル操作をアシストします。

駐車支援

・スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)
・パノラマモニター
・コーナーセンサー(フロント2個/リヤ4個)

スマートパノラマパーキングアシストとパノラマモニターはメーカーオプションで装備することが可能ですが、タントLのみ装備不可です。

スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)

駐車時に駐車スペースの白線を検知し、音声、モニターガイド、ハンドル操作アシストをしてくれる機能です。
駐車枠を検知し、自動でハンドルが動きます
ドライバーは音声に従い、シフトレバー、アクセル、ブレーキを操作すればOKです。

パノラマモニター

車両の前後左右に4つのカメラを搭載しており、クルマを真上から見ているような映像を表示
ドライバーが確認しにくい車両周囲の状況を把握でき、路地から出る場合や駐車する際などに危険をモニターで確認できます。

注意したいポイント

風の煽りを受けやすい

タントは1,755mm〜1,805mmと車高が高いため、コーナリングや高速走行時の取り回しには注意が必要です。
広さを重視している分、風の煽りを受けやすい(空気抵抗が大きい)デザインとなっています。

ハイトワゴンタイプを選ぶ際はどの車種もふらつく可能性があるので、ふらつきが余りにも心配な場合はワゴンタイプやSUVタイプなど車高が1,700mm以下のタイプを検討してみてください。

助手席のシートベルト位置

タントは以前から助手席側のピラーが無い構造のため、通常であればピラーについているシートベルトが助手席の背もたれの横部分から伸びる形となります。

慣れると違和感なく過ごすことができますが、タント以外のクルマから乗換をした際には、違和感を感じる可能性があります。
また、体型によっては肩や首にシートベルトが出ている部分が当たり、痛いと感じる方もいるようですので、一度、座って確かめてみることをおすすめします。

良くある質問

質問

マイナーチェンジでどこが変わったのか

マイナーチェンジの内容は以下の通りです。

【新型タント】
・内装が明るいグレーでまとまり、すっきりとした印象
プッシュボタンスタートが標準装備
オートエアコンが標準装備

【新型タントカスタム】
ヘッドランプの薄型化やメッキ加飾でより洗練されたスタイルに
・内装はブルーの加飾が入り、シートはレザーの面積が増えて質感が向上

【新型タント・新型タントカスタム共通】
上下2段調節式デッキボード/荷室からのリアシートスライド
・ショッピングフック/ユーティリティフックの新設
ボディカラーの変更

また、新たにタントファンクロスが登場しました。
今までにない、アクティブな外装デザインと内装の仕様でアウトドア向きのクルマです。

タントと比較される車種

タントはハイトワゴンタイプのクルマで、特にファミリー層に人気があります。
同じタイプでは、スズキスペーシアホンダN-BOXニッサンルークスなどがあげられます。
同じハイトワゴンタイプ/スライドドアですが、特徴が異なるため自分の求めているものと車種を良く比較してみることをおすすめします。

それぞれの車種の詳細はこちらの記事をご覧ください。

タントをおすすめしたい人

・人が乗り降りしやすいスライドドアのクルマが欲しい
・たくさんのモデルから好みに合ったものを選びたい
・最新のアクティブな軽SUVモデルに乗りたい

タントは長年、ファミリーカーとして愛されてきました。
今回のマイナーチェンジ、新モデルの登場でより幅広いユーザーに支持されるクルマになりそうです。

気になった方は是非実物を見てみてください。

とりあえず相談する
とりあえず予約する