子育て世代が考える車選びの6つのポイントとおすすめ車種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイキャッチ

お子様がいるご家庭の場合、ご家族でのお出かけ、日々のお買い物、通勤や通学などでクルマを利用される方も多いのではないでしょうか。
最近のクルマは広さや燃費だけでなく、様々な工夫が施されています。

そこで、子育てに奮闘する弊社社員数名に対して、クルマを購入する際に求める条件や機能・装備のアンケートを取り、その結果を基にそれぞれの項目でおすすめの車種をご紹介いたします。
絶対に譲れないポイントや、あったら便利なものもご紹介しますので、子育て世代でクルマ探しをしている方のご参考になればと思います。

子育て世代が欲しいクルマの機能・装備とは

質問

維持費の安さ

クルマは購入した後も税金やメンテナンスなどで様々な費用がかかります。
何かと出費の多い子育て世代にとって、維持費の安さは重要なポイントです。

軽自動車は普通自動車と比較してコンパクトな分、維持費が安く、経済的である事が一番のメリットです。

乗り降りのしやすさ

スライドドアの車種は低床設計になっており、クルマに乗るときのステップが低いため、乗り降りしやすいことがメリットです。

また、ヒンジドアに比べ子供がドアを開いたときに横のクルマにぶつけるリスクが低くなり、安心してお子さんが乗り降りできます。

スライドドアは手動と電動があり、予算や使い方によって選択することになります。

足元の広さ

後席の足元が広いことで、お子さんの着替えがしやすくなったり多くなりがちな荷物を乗せることができたりして助かります。

また、長距離運転のときもゆったりと過ごすことができ、余裕をもってお子さんと過ごすことが可能です。

個性的な収納

軽自動車はもともと収納が豊富な車種が多くラインナップされています。

特に、隠せる収納や取り外し可能な収納BOXが装備されていると、お子さんにいたずらされる心配もありませんし、汚れたものを入れてそのまま車内から持ち運ぶことができます。

水が切れる傘立てや飲み物を温かいまま入れておくことができるドリンクホルダーなども登場しており、収納にも個性があります。

使い勝手の良さ

子育て世代にとって、お子さんと一緒にクルマに乗った時にあったら助かる、という装備が備わっていることは重要なポイントです。

例えば、お子さんが飲み物をこぼしてしまったときには撥水シートだと掃除が楽に。
窓にサンシェードがあれば日よけや目隠しになりますし、格納式のテーブルが装備されていると休憩中に食べ物飲み物を置くことができます。

欲張るときりがないですが、あったら間違いなく便利で欲しくなる装備が備わっている軽自動車も人気があります。

安全性能

安全性能はクルマを選ぶうえで必要不可欠な要素になってきました。

特に、運転に慣れていないママさんの運転や大切なお子さんを乗せているとなると、安全性能が高い方が良いという声はかなり多いです。

クルマを販売しているメーカーや車種によって安全性能の内容も異なるため、購入を検討する際には自分の求めている安全性能が装備されているか確認してください。

維持費の安さ

維持費の安いクルマの種類

普通車でも燃費が良く、コンパクトなクルマが数多く登場していますが、税金やメンテナンス費用などトータルで見ると、軽自動車は維持費を安く抑えることのできるクルマです。

維持費の安さを理由に、軽自動車を選ぶ方も多くいます。

軽自動車と普通車の維持費の比較

クルマの維持費の中でも代表的な、税金と車検を含めたメンテナンス費用を軽自動車と普通車で比較します。

税金

軽自動車の自動車税は金額が決まっており、普通車の自動車税は総排気量によって異なります。
自動車税は毎年かかる税金なので、自動車税の安さを理由に軽自動車を選ぶ方も多くいます。

種類自動車税
軽自動車(自家用)10,800円
普通自動車(自家用)25,000円~110,000円
また、車検時の自動車重量税は車検証に記載された車両重量が重量として規定され、優れた燃費・排出ガス区分で適用される「エコカー減税」や、経過年数などの要素によっても税額が変動しますが軽自動車の方が自動車重量税を安く抑えることができます。

車検を含むメンテナンス

車検代はクルマの状態によって異なりますが、軽自動車と普通自動車で大きな差がでます。

軽自動車の平均的な車検費用はおおよそ50000円ですが、普通自動車の場合はおおよそ100,000円程度。
また、オイル交換などのメンテナンス費用は軽自動車と普通自動車でそこまで差はありませんが、タイヤ交換や鈑金修理などは普通自動車の方が部品が大きいため費用が掛かります。

自動車にかかる税金や車検、部品など軽自動車は普通自動車と比較して維持費を抑えることが可能です。

乗り降りのしやすさで選ぶおすすめの車種

ダイハツ タント

タント 赤

  • 新車価格:1,243,000円~1,787,500円
  • カタログ燃費:18.8km/L~21.0km/L

タントとは

タントは2003年に発売され、背の高くて広い、ハイトワゴンタイプの先駆け的存在でファミリーカーとして人気があります。

タントの代名詞といえる助手席側の柱(ピラー)をなくしたことにより実現した「ミラクルオープンドア」は唯一無二の機能で、大きな荷物の積み下ろしや人の乗り降りがスムーズにできます。

乗り降りのしやすさ

タントならではの大開口のドアが乗り降りのしやすさのポイント。
左側の柱はドアに内蔵されているため、助手席ドアと左のリアドアを開けると、開口幅は1,490mmにもなります。
助手席を前にスライドさせると、お子さんと並んで乗車することも可能で、ゆったりと余裕をもって乗り降りができます。

ミラクルオープンドア

タントについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

スズキ スペーシア

スペーシア

  • 新車価格:1,312,300円~1,656,600円
  • カタログ燃費:20.2km/L~22.2km/L

スペーシアとは

スペーシアは「ザ かぞくの乗りもの」のキャッチコピーの通り、広くて使いやすい空間、スムーズで低燃費な走りに加えて、先進の安全装備の充実と家族に嬉しいポイントが多くあるクルマです。

ノーマルなスペーシアの他に、カスタム車であるスペーシアカスタム、SUVライクなデザインのスペーシア ギア、2021年12月に登場したスペーシア ギア MY STYLEがあります。

乗り降りのしやすさ

スペーシアは高さを抑えたリヤステップにより、乗り降りしやすい低床フロア設計が魅力。
リヤステップ地上高は345mmと軽ハイトワゴンの中で最も低く、小さなお子さんでも楽に乗り降り可能です。

また、リアドアを開けるとアシストグリップがついているため、お子さんの乗り降りをサポートしてくれる点も嬉しいポイントです。

ステップ
出典:スズキ株式会社

スペーシアについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

足元の広さで選ぶおすすめの車種

ホンダ N-BOX

NBOX 白

  • 新車価格:1,448,700円~2,068,000円
  • カタログ燃費:19.0km/L~21.2km/L

N-BOXとは

N‐BOXは「ニュー ネクストニッポン ノリモノ」をキャッチコピーとして2011年に初代が発売されて以来、常に販売台数ランキングのトップを走り続けています。
まさに、日本の自動車業界に衝撃を与えたクルマです。

全グレードにホンダセンシング(衝突被害軽減ブレーキ)が搭載され、インテリア、デザイン面だけでなく、走行性能、安全装備も充実。

足元の広さ

N-BOXは大人4人が乗ってもしっかりとくつろげる、ゆとりのある空間が魅力です。

2.0Lミニバン並みの前後のシート間隔を実現しており、後席にも足元・ヒザまわりに余裕のある開放的な空間が広がります。

また、リアシートは跳ね上げることができ、お子さんの着替える場所として広く使うことが可能です。

NBOX シートアレンジ
出典:本田技研工業株式会社

N-BOXについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

ニッサン ルークス

ルークス 赤

  • 新車価格:1,415,700円~1,680,800円
  • カタログ燃費:18.2km/L~20.8km/L

ルークスとは

ルークスの名前は、英語のRoomとMaxを融合させた造語となっています。
名前の由来から、軽自動車でありながらゆとりのある空間を感じることができるクルマであることが分かります。

グレード別でプロパイロットやハンズフリースライドドアが装備されており、その他先進技術や便利な機能を多数搭載。

足元の広さ

ルークスは車名の通り車内が広々としており、後席も足もとスペースが広く、大人が座っても快適にロングドライブを楽しめます。
また、後席でもお子さまのケアが楽に行えます。

後席の室内高は139cmで、小さなお子さんであれば立って着替えが可能です。
ルークス
出典:日産自動車株式会社

ルークスについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

個性的な収納で選ぶおすすめの車種

スズキ ワゴンR

ワゴンRピンク

  • 新車価格:1,217,700円~1,509,200円
  • カタログ燃費:23.0km/L~25.2km/L

ワゴンRとは

ワゴンRは1993年に発売され、軽自動車人気の先駆けであり「軽ワゴン」の言葉を作り上げたクルマです。

それまでは、荷物を置くスペースを確保している程度の軽自動車が主流でしたが、機能の充実と改善を図り、快適な4人乗りの軽自動車として進化し人気を集めました。
使いやすい・安全・低燃費を実現した、長年愛され続けているクルマです。

個性的な収納

リヤドア両側にはアンブレラホルダーがあります。
アンブレラホルダーは全長約90cmまでの傘が収納可能で、滴る水も車外に排出されるように作られているのでフロアマットも汚さず綺麗にクルマを使うことができます。

後部座席には傘のホルダー

また、助手席下にはシートアンダーボックスがあり、取り外しと丸洗いが可能。
お子さんの汚れてしまった靴や洋服なども入れることができます。

助手席の下の収納

ワゴンRについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

ダイハツ ムーヴキャンバス

キャンバス

  • 新車価格:1,496,000円~1,919,500円
  • カタログ燃費:20.9km/L~22.9km/L

ムーヴキャンバスとは

ムーヴキャンバスは2016年に誕生したダイハツが販売している人気の軽自動車です。

かわいい+スライドドアという軽自動車は今までなく、発売当初から注目度の高いクルマでした。
ムーヴキャンバスは丸く可愛らしいデザインと豊富なボディーカラーが魅力で、女性に非常に人気があります。

個性的な収納

後席シート下の置きラクボックスは、ついたてを上げて高さのある荷物を固定できるバスケットモードの機能があります。
片手でセッティング可能で、お子さんの荷物や買い物したものを入れておくことが可能。

また、飲み物の温かさをキープする軽初のホッとカップホルダーが装備されています。

置きラクボックス
出典:ダイハツ工業株式会社
ムーヴキャンバスについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

使い勝手の良さで選ぶおすすめの車種

スズキ スペーシアギア

スペーシアギア

  • 新車価格:1,725,900円~1,966,800円
  • カタログ燃費:19.2km/L~21.2km/L

スペーシアギアとは

スペーシアギアは、2018年にスペーシアの2代目モデルにSUVライクなデザインを盛り込み、アクティブに毎日を楽しみたい方に向けてつくられたSUVな軽ハイトワゴンです。

ギアは、アウトドアで使う道具全般を意味します。
軽ハイトワゴンと言えば、ファミリーカーというイメージが強いですが、名前の通り趣味やアウトドアに使えそうな今までにないデザインや機能が充実。

使い勝手の良さ

代表的な使い勝手の良い機能は以下の通りです。

・撥水シート
・ロールサンシェード
・シートバックテーブル(後席右側)
・サーキュレーター

スリムサーキュレーターを搭載しており、室内の空気を効率よく循環させてくれます。
前席と後席の温度の偏りを解消してくれるため、お子さんが後席に乗っている場合でも快適に過ごすことができます。

スペーシアギアについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

ダイハツ タントファンクロス

タントファンクロス

  • 新車価格:情報未公開
  • カタログ燃費:情報未公開

タントファンクロスとは

タントファンクロスとは2022年秋に新しく登場するタントの派生モデルで、日常を越えて、楽しい時間を過ごせるアクティブなクルマとして誕生しました。

車内空間の広さや、タントの代名詞であるミラクルオープンドアなどの使い勝手の良さはそのまま、タフさを表現したSUVライクな外装デザインや撥水加工が施されたシートなどアクティブさを前面に押し出しています。

使い勝手の良さ

代表的な使い勝手の良い機能は以下の通りです。

・防水加工シートバック
・ミラクルオープンドア
・シートバックテーブル(後席両側)
・上下2段調節式デッキボード

荷室は防水加工が施されており、お子さんとのお出かけで汚れてしまった荷物を載せても安心。
また、上下2段調節式デッキボードを使用すると2段積も可能で、デッキボートは机としても使用することができます。

安全性能の選ぶおすすめの車種

ニッサン デイズ

デイズ白

  • 新車価格:1,332,100円~1,585,100円
  • カタログ燃費:21.0km/L~23.2km/L

デイズとは

デイズは2013年に発売され、街で走らせやすいボディサイズ、広い室内、大人でもスタイリッシュに乗りこなせる軽ワゴンとして人気のモデルに成長しました。

都会的なデザインだけではなく安全性能にも定評があるデイズは、軽自動車初のプロパイロットを搭載したクルマで、誰もが安心して乗ることができます。

安全性能

デイズは「新総合評価(自動車安全性能2020)」において、軽自動車として初めて、唯一の最高評価「ファイブスター賞」を獲得。

全車に安全装備が標準装備で、軽自動車初の2台前を走る車両を検知し注意を喚起してくれる前方衝突予測警報など他の車種にはない機能を搭載しています。

また、白線や車両を空から見下ろしたような映像で表示してくれる、アラウンドビューモニターも人気の機能です。
様々な機能が搭載されており、安心安全に運転するための装備が充実しています。

デイズについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

ホンダ N-WGN

エヌワゴン

  • 新車価格:1,298,000円~1,702,800円
  • カタログ燃費:21.2km/L~23.2km/L

N-WGNとは

N-WGNは2013年に新しいベーシックを目指し、発売されました。
2019年にフルモデルチェンジをし、2022年には一部改良が発表され進化し続けているクルマです。

ゆったりできる室内空間や、高性能エンジンとCVTによる高い走行性能と優れた燃費性能が大きな特徴。

安全性能

N-WGNは、2019年度自動車アセスメントにおいて最高評価である衝突安全性能評価ファイブスター賞を受賞、予防安全性能評価においても最高ランクを獲得しました。

全グレードに「Honda SENSING」と呼ばれる安全装備が標準装備されており、その中にはクルーズコントロールや車線の中央を走行するように支援してくれる機能、歩行者との衝突回避を支援する歩行者事故低減ステアリングが含まれています。

また、2022年の改良で、ブレーキとアクセルの踏み間違いに備えた急アクセル抑制機能をHonda⾞として初めて採用しました。

まとめ

今回の記事では、クルマを選ぶ際に子育て世代が欲しい機能・装備のポイントと、ポイントに合う車種を紹介しました。

軽自動車の規格は決まっていますが、その中で広さや収納の使い勝手はかなり工夫されています。
また、安全性能も向上しているため、安心安全にお子さんとのお出かけを楽しむことができます。

是非、この記事を参考に、ご自身の欲しい機能・装備のポイントに合う車種を検討してみてください。